ジープ

アーバンパーク

●平成から令和になって、なんだかんだボンヤリしているうちに、もう半月近く経ってしまった。

考えてみれば、平成という元号も馴染んだのか馴染まなかったのかよく判らないうちに過ぎ去ってしまった感じ(もちろん、あくまで個人的に)。

なお、元号というのはある種の文化・伝統として残っているのはいいが、使用を強制されるのは御免被りたい。しばらく前に市役所で、何かの申請書類で年の欄に西暦で書き込んだら、「こういう正式な申請書類には元号を使って書くのが常識でしょう!」と窓口のおばちゃんに頭ごなしに言われて非常にむっとした。その時は特段言い返しもせずに書き直したのだが、今でも何だかモヤモヤする。

そのタイミングのテレビがやたら能天気な祝賀ムード一辺倒だったのも何だかモヤモヤする。

●抱えている仕事が一息ついたこともあって、薄らボンヤリとGWを過ごす。休みの最初に息子一家が泊りで遊びに来て、5月に入って3日は川崎の実家に行き、兄とドイツ人Pと大いに飲む。令和最初の飲み会。

翌4日、久しぶりにガッツリ歩きたいと思い、初めて葉山の風早橋から、いわゆる「三浦アルプス」を通って三浦半島横断をしようと思ったのだが、出発した時はいい天気だったのに、仙元山を過ぎ、その先のピークを1,2越えたあたりで突然の雷雨。しばらく木の下で雨宿りして(さすがにピークでは雷が怖いのでちょっと下った尾根で。しかし結構濡れた)、小降りになったところで、早々に脇道にそれて下山(結局また葉山側に)。降りた頃にはやんでいたが、逗子駅前まで戻ったあたりでまた激しく降られた。

20190505_2300165日の晩、自室にオオゲジが出る。我が家では、ムカデ(トビズムカデ)は毎年必ず数回は侵入するが、オオゲジはちょっと久しぶりで、何しろ存在感が大きいのでぎょっとした。ムカデと違って積極的に咬むこともしないが、好んで同居したいども(決して)思えないので窓から退去していただいた。写真は外に追い出した後、サッシのガラス戸と網戸の間にいるオオゲジ。その数日後だったと思うが、自宅近くの夜道で、トビズムカデの、これまた久しぶりに十センチ超えクラスの大物を見かけた。家に入ってこないことを切に願う。

6日には久しぶりに千葉の野田のかみさんの実家に行き、義母に会う。なお、その際に久々に乗ったが、「東武野田線」が、いつの間にか「東武アーバンパークライン」という、オシャレハズカシイ(というより若干痛々しい)名前に変わっていた。先ほど調べたら、この名前が付いたのはもう5年も前だった。ずいぶん長いこと、野田に行ってなかったんだなあ……。なお正確には、野田線の名前がなくなったわけではなく、「アーバンパークライン」は野田線の愛称という位置付けだそうだ。とはいえ、乗換駅での案内などは全て「アーバンパークライン」になっている。

東武本線(東武伊勢崎線)の浅草/押上から東武動物公園までの区間も「東武スカイツリーライン」になっているようだが(2012年からだそうなので、もっと古い)、そちらは実際にスカイツリーの根元を走っているので(個人的に)許容範囲。しかし「アーバンパークライン」のほうは、どこがどうして「アーバン」で「パーク」なのか謎。少なくとも「船橋がアーバンで大宮がパーク」とかではない気がする(大宮には埼玉県営の大宮公園というそれなりに大きな公園があるそうだが)。

●母の介護保険の更新に伴う担当者の訪問があったので、12日-13日と泊りがけで実家。ちょうど兄がシフト明けだったので、12日の晩は兄が料理を作ってくれて2人でビールを飲む(このスケジュールなら担当者の訪問も兄に任せても良かったのだが、一応、更新の申請なども私がやったのでそのついでで)。

朝、散歩に出たら、向丘南原近くの道路沿いの中古車屋?の駐車場に、大戦型のジープが置いてあるのに気付いた。柵越しなので、限られた方向から一部しか撮れなかったのだが、それでも何かの足しになるかもしれないので、写真を上げておきたい。なお、何年も前に、池袋・東武百貨店のタミヤ・モデラーズギャラリーで撮ったフォードGPWの写真はこちら

20190513_082711 20190513_082943 20190513_082753 20190513_082824 20190513_082806 20190513_082813 20190513_083008 20190513_083012 20190513_083035 20190513_083024

20190513_083047 20190513_082834 20190513_083059 20190513_082957

後面パネルのロゴは確認できないので、ウィリスMBなのか、フォードGPWなのか、はたまたオチキスM201なのかよくわからない……と思ったのだが(どこかに埋まっている資料「JEEP JEEP JEEP」を見れば少しは判るが)、3者の識別に関して、検索したらそのものズバリのページが見つかった。フロントグリル直後に見える最前部クロスメンバー上面が平たいこと、ボンネットの蝶番の噛み合わせが11のように見えることから、(キメラでないとしたら)フォードGPWのようだ。それぞれ該当部分の拡大も添えておく。

20190513_082753b 20190513_082943b

破損か変形を補修したらしい斜め支柱付きのフロントウィンドウ下部、何か装備を追加した跡らしいバンパー前面の複数の小穴、フェンダー上に追加されたバックミラー、フロントウィンドウを倒した際の固定フックの欠如など、ちょこちょこと改造の跡もある。

●令和最初のキットの買い物は、たぶん、先日横浜のVOLKSで予約したズベズダのT-28になるんだろうなあ……と思っていたのだが、それが入荷する前に、(今日帰りに寄った横浜VOLKSで)IBG(THE WORLD AT WAR)1:72 II号戦車b型を買ってしまった。キットレビューについてはまた改めて。

| | コメント (6)

フォードGPW

●一昨年の、池袋東武での「タミヤ・モデラーズギャラリー」で展示されていた、フォードGPW、1942年型。写真を多少撮ったのにそのまま放置してあったので、唐突ではあるけれど、腐らせておくよりはと載せることにした。

実際に模型を作っていると、資料を前に「ここの細部写真が欲しいんだよ! なんで誰もこんな大事なところを撮ろうと考えなかったんだよ!」と歯噛みする(←変なヤツ)ことも多いのだけれど、実際に自分が実車を前にすると、どこを撮ったらいいかオタオタしてしまい、結局、割と中途半端な写真ばかりある気がする。

●フォードGPWは、大戦中、ウィリスMBと同一仕様で生産されたいわゆる“ジープ”。専門家ではないので、この実車のオリジナル度はよくわからないし、1942年型と言われれば「ほほう」と言うしかないのだが、その年式が正しければ、1942年はフォードでGPWの生産が始まった年なので、GPWとしては初期型ということになる(もっとも「1942年型」と呼ばれる仕様が何年間か続けて作られていたということもありえるわけだが)。

なお、パーツはGPWとMBの間で互換性があるため、現場では使い込まれるほどに、修理によってどんどん両社製の特徴が入り混じって行ったはずである。

●と、ウルサイ前置きはそれくらいにして写真。

F1032187 F1032186 F1032203 F1032190b F1032191b

まずは若干引いた写真と、左側面の工具など。

F1032210 F1032209 F1032207 F1032188b

フロントグリル、バンパー裏など。グリルの直後、ラジエータとの間の最前部クロスメンバーの断面が角ばっている(つまり、グリルとラジエータの間に見えている上面が平たい)のはフォードGPWの特徴で、ウィリスMBだとこれが丸い。バンパーのフレームへの取り付け部前面に小穴がある(左写真の、バンパーの文字[4-]と[X]の間、[H]と[Q]の間)のもGPWの特徴であるらしい。グリル中央下の小ボルトのためのふくらみは、タミヤのキットの箱絵にはあるがパーツにはない。しかし実車でも写真によってはないように見えるものもあり、年式・メーカーによりあったりなかったりするものなのかどうか、個人的に今後のリサーチ対象(HJ別冊の「JEEP JEEP JEEP」がパッと出て来ない)。

F1032208 F1032206b

フロントライトの穴が単純な丸ではなく、微妙にオムスビ形なのは比較的有名。タミヤの「SASジープ」は、初版「ウィリス・ジープ」の単純なバリエーションではなく、基本形も細かく修正されており、このオムスビ形もSASジープで初めて再現され、大塚先生が「JEEP JEEP JEEP」で大いに褒めていたような記憶が。右写真ではライトコードもチラ見えしている。ライトの直上でグリルプレートがくぼんでいるのは、ライトをひっくり返してエンジンルームを照らす際のためだろうか?

F1032193 F1032195 F1032194 F1032196b

左のブラックアウトライト、ボンネット留め具、フロントウィンドウなど。BOライトのコードはフェンダー上で下に引き込まれる。ボンネット後部から出て可倒式フロントウィンドウ支柱に這わせたコードはワイパー用なのが、4枚目写真で判る。適度に省略され作りやすい一方でスタイルが良いタミヤのウィリスMBのキット(2代目)は傑作だと思うが、いくら細かい部品とはいえ、結構目立つボンネット前側の碇型留め具がないのは省略しすぎな気がする。この留め具のうち、上側の寝ているヤツは、ウィンドウを倒した時の固定用(タミヤの箱絵に、その状態がきっちり描かれている)。というわけで、ウィンドウを倒した状態で作る際には、これを引っ掛けた状態にするとポイントが高い(誰的に?)。

F1032192 F1032189 F1032204 F1032205 F1032201

前輪周り。フェンダー下、右側のバルジ(1、2枚目)、左側のエアスクープ(3枚目)、左前輪のステア機構やショックアブソーバなど。ハブ中央形状は前輪と後輪とでちょっと違う。

F1032202b F1032200b

荷台と後輪。仕様としてはラジオ・ジープ(無線車)になっていて、荷台右側にはアンテナ・ポストが増設してある。

F1032199 F1032197b F1032198

リア。ジェリカンラックとナンバープレートに隠れて見えないが、1942年式フォードGPWということなら、この陰にお馴染みの書体で「Ford」のロゴがプレスされているはず(Script Ford)。

| | コメント (12) | トラックバック (0)