古レール

長野行き

●所用あり、11月30日、12月1日と2日連続で長野県往復。

1日目は飯田、2日目は佐久平。片や新宿から高速バスで中央道、片や東京駅から北陸新幹線。出発する方向からしてだいぶ違うところに、「長野県でけぇ」と思う。

●1日目、飯田。2年ほど前に伊那谷を転々と南下する仕事があり、その最南端が飯田市の元善光寺だったので、ほんの少し馴染みがある(その時には別に飯田市内をうろついたりはしなかったが)。12時半にJR飯田駅前で待ち合わせのために夜明けに家を出る。バスの乗車時間4時間少々。遠いよお。

仕事が終わって帰りのバスまで間があったので、NHKの人形劇で有名な川本喜八郎の人形美術館(が、市内にあるのだ)を見に行こうと思ったら水曜休館だった。げしょ。

鄙びた駅のお約束的建造物、古レール柱の跨線橋。

Cimg1851m

駅前の彫像、りんごを持つ少女。市街中心にりんご並木がある。

Cimg1854m

マンホールのフタもりんご(大中)。仕事に行った先で、りんご並木で収穫したりんごで作ったジャムを貰った。

Cimg1860m Cimg1861m

なにを以て日本一なのかよくわからないが、妙に迫力のある店。

Cimg1862m

●2日目、佐久平。新幹線の佐久平駅前で12時待ち合わせだったが、家を8時ちょっと前に出て11時過ぎ着。前日に比べると楽々。

行きは東京駅の駅弁屋「祭」で「ひっぱりだこ飯」を買って車内で食べた。タコが柔らかく美味。いやまあ、北陸新幹線で長野に行くのに明石の弁当ってのも変ですが。

Cimg1867m

ちなみに新幹線の佐久平駅は橋上の改札を出て北側が浅間口、南側が蓼科口。北に浅間山、南に蓼科山があるからだが、それぞれまでの距離を考えると、逗子駅に「横浜口」と「江の島口」を設けるくらいのスケール感。

仕事が終わって、当たり前なら新幹線で真っ直ぐ東京まで戻るところ、在来交通機関を乗り継いで帰ってみようか、などとよからぬことを考えてみる。長野新幹線開通時に碓氷峠を越える信越本線は廃止になってしまっており、横川駅にたどり着くには軽井沢からバスに乗る必要がある。そんなわけで、小海線としなの鉄道線を乗り継いで軽井沢へ。

佐久平で小海線を待つ間に、仕事終わりの一杯。今年限定の味である由。独特の風味。アルコール度7%とちょっとキツめ。

F1013901

小海線は単線ディーゼル。佐久平駅は新幹線をまたいで高架。

F1013896 F1013899

軽井沢にたどり着いてみたら、横川行きのバスまで1時間半も間があり、面倒になって高崎まで新幹線に乗ってしまう。横川で峠の釜めしを食おうと思ったのに!(もちろん、わざわざ横川に行かなくても軽井沢駅でも、東京駅の「祭」でも売っている)

代わりに、軽井沢駅は「駅そば発祥の地」と書いてあったのでそば(山菜そば)を食う。もっとも確証のある話ではなくて、他にも駅そば発祥の地と称する駅はいくつかあるそうだ。ちなみにここの駅そばは、峠の釜めしの「おぎのや」運営だった。

Cimg1871m

●これから2カ月くらいの間に、もう2度ほど長野に行く予定。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タウリン1000mg

●先月半ば。自宅パソコンのディスプレイは(この時代に)古いCRTを使っていたのだが、何となく基板が焼けるような不穏な臭いがしてきた。さらには時折ビリビリ画面が揺れるようになってしまい、いよいよ寿命だと覚悟。こりゃアカン、早くディスプレイだけでも何とかしなきゃ、と思ったのだが、対処する前にいきなり昇天してしまった。

まあ、ブツッと画面が真っ暗になっただけで、火を噴いたりはしなかったので、よしとしよう。

壊れたのは夕食後だったが、仕事の途中だったので、仕方なくその時間から神保町の事務所に出かけて泊りがけで作業。さらには、事務所で使っているマックブックを持って帰ってきて1日使ったが、翌日にヨドバシで新しいディスプレイを買ってきて接続した。

もともと、近日中にパソコンを新調するつもりだったのだが、そんなわけで一足先にディスプレイだけ新しくなった。

●なにしろ必要な写真資料などは自宅PCの中にあるので、これでI号戦車の製作はぱったり中断。

幸い、上記のように数日で環境は復旧したのだが、今度は五十肩が悪化。家にあった湿布薬を貼ってしのいでいたのだが、続けて貼りすぎたせいなのか、今度はその湿布薬でかぶれて、痒いのと痛いのと両方我慢する羽目になってしまった。

結局、模型製作も当「かばぶ」更新もしっかりご無沙汰となってしまった。SUMICONエントリー作として作ってきたI号戦車だが、組立さえ終了するのかどうか、という感じになってきた。いかんねどうも……。

●ご無沙汰の間の日常のあれこれ。

9月半ば。チビ助が数えで7歳なので、わざわざスタジオで七五三のオシャレな写真を撮るとか。ついでに外食をしようというので、久しぶりに横須賀に出かける。

F1013166右は、なにやらでっかいのがおる!と思って撮ったもの。艦番号「183」といえば、ウラル戦車工場!……ではなく、一般的な分類でいうとヘリ空母、自衛隊独自の呼称でいうとヘリコプター搭載護衛艦(DDH)の「いずも」。現在の自衛艦では最新(たぶん)・最大のもの。ヴェルニー公園から。

旧海軍の正規空母と比較すると、「蒼龍」「飛龍」よりは若干大きく、「赤城」や「翔鶴」型よりは少し小さい。いずれにせよ、かつての空母が停泊していたら、だいたいこんな感じに見えたわけだ。

F1013155もう1枚は、ヴェルニー公園のちょうど向かいの“黒なめくじ”さん。よく見ると後端の舵がX形なので、こちらも最新の「そうりゅう」型。見づらいが、左側にももう一隻いる。

●以前にみやまえさんに教えていただいたことなのだが、横須賀駅にはちょっとマニアックな駅員さんがいるのか、ホームの古レール柱の一部でペンキをマスキングし、残っている刻印を読みやすくしてある(普通に塗りつぶされている箇所もある)。

さらにそのうち2箇所には、きちんと案内板まで出ていて、「古レール・ウォッチャーへの誘い」的な感じに仕上がっている。

F1013124 F1013175 F1013178 F1013187 F1013127 F1013129 F1013173 F1013182

最初の3枚は同じレール柱。あとはそれぞれ別の、独ドルトムンター・ウニオン製、米カーネギー社製レール。

●横須賀線の駅の中でももっとも鄙びていると思うのが田浦駅で、せっかくなので帰りにちょっと寄り道をした。

駅ができたのは日露戦争中のことで、おそらく、海側に何か軍の施設ができたなどの用事があったのではないかと思う。ただし、横須賀市役所の案内には、「交通も不便で人家もほとんどなく、せまくてさびしいこの場所が選ばれたのは、路線の勾配の関係ともいわれている」とある。……「勾配の関係」だけで駅ができるものなのか?

何がいいって、両側を古びたトンネルに挟まれてしまっている「ちんまり感」が素敵。おかげで延長できず、11両編成だと開かないドアがある。両側のトンネルのレンガのポータル、たっぷり残った古レールのホーム屋根柱、古レールをふんだんに使った跨線橋など、「素敵要素」がいろいろある。タウリン(田浦成分)1000mg配合って感じ。

▼まずはホーム逗子方面側のトンネル(田浦トンネル)。1枚目、列車が頭をトンネルに突っ込んで停車している。こちら側は仲良く双子という感じのトンネルだが、実際には案内板にあるように、左右で25年ほどの差がある。

F1013120 F1013108 F1013117 F1013116 F1013110 F1013111

F1013107

▼ホーム逗子方面寄りの跨線橋と、その柱。刻印から、写真の古レールは戦後の国産、八幡製鉄製ということが判る。この跨線橋は比較的新しいもののようだ。

F1013105 F1013104 F1013099 F1013096

F1013101

▼ホーム屋根柱、ホームの中央部分は古レールではなく木造。垂木(というほどのものではなくて、下敷き程度?)がナナメになっているのがちょっとオシャレ?

F1013095 F1013093

▼ちょっと横須賀側に行くと、ホーム屋根柱が古レールに変わる。山手線各駅ほど凝った曲線ではないが、それなり。理由はよくわからないが、柱が中央に1本のY字型、2本のП字型、そしてまたY字型と切り替わっている。わずかに刻印が残っている場所もあるが、塗りこめられて「刻印がある」程度しか判らないところも。かろうじて、英バーロウ社製とわかるものもあった。

F1013091 F1013089 F1013088 F1013072

F1013086 F1013071

▼横須賀側のトンネル。名称は七釜(しっかま)トンネル。反対側の田浦トンネルのような案内板は立っていない。田浦トンネルの案内板によれば、七釜トンネルは「明治・大正・昭和と三代にわたって建設された」そうな。

パッと見には、右から明治・大正・昭和と判断してしまいそうだが、実際には右から大正・明治・昭和で、真ん中が古い。

F1013085 F1013082

F1013081

F1013217●9月中に2度実家に行く。実家近くの路上で、なぜか2匹も遭難状態のツマグロヒョウモンの幼虫を目撃した。

何も知らずに見ると毒々しい気がしてしまうが、実際には無毒で、しかも割と綺麗な蝶の幼虫とわかると、「なんだかゴスロリな感じのするヤツ」くらいに思えてくる。片方は拾って、とりあえず車に轢かれそうにない場所に移動。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

古レール探訪

●12日水曜日、神保町の事務所に行くついでに、山の手線内の古レール建築の中でも特に「名所」であるらしい、日暮里駅を見に行った。

F1012434

最も内側にある、11-12番線ホーム。大きな特徴は、屋根を支える古レール柱が線路の向こう側に立っていて、両側からホームの大屋根を支え、ホーム上に柱がまったくない構造になっていること。

F1012436 F1012442

(山手線を基準として)内側柱は、線路脇の法面から斜めに突き出している。ついでに、駅の中ほどを突っ切る跨線橋の脚部も古レールが使われている。

F1012439 F1012437

外側柱は線路と線路の間に立っている。内側柱も外側柱も、何だかヨーロッパの教会建築のような優美さがある。

F1012430

外側柱を上から見たところ。ご覧のように片側は切除されている。隣ホームもかつては同じ型式の、ホーム上に柱のない大屋根構造だったのが、改修によってホーム上に柱のある構造になっている。

F1012429

これはさらに隣のホーム。わずかにアーチ2つ分の古レール柱が残っている。ちなみに私は漫然と「綺麗だな~」と眺めていただけだが、同駅の古レール柱を時代ごとの変遷含め細かく考察しているサイトもある。興味を持たれた方は参照していただきたい。

●ついでの探訪。お隣、鶯谷駅。

F1012427 F1012426

駅の規模自体も違い、日暮里駅ほど凝ってはいないものの、ここも緩やかなカーブが連続してなかなか優美。

屋根柱がひとつ置きに線路を跨ぎ、架線駐を兼ねている。架線柱上部に補強用か、あるいは純粋に装飾なのか、3つのリングがはめ込まれているのは、田端駅も同様であるらしい。

●さらについでの上野駅。

F1012416 F1012417

ここは日暮里駅と似て、線路と線路の間に屋根柱が立てられているにもかかわらず……。

F1012422

なぜかホーム上にも柱が2本立つという、柱だらけ仕様になっている。強度的にはホーム上に立っている2本だけでも充分であるようで、上写真の一部を除き、多くの線路間のレール柱は取り除かれてしまった様子。

F1012420

そのため、ご覧のように屋根端に、ばっさり切り取られたレールの断面が見えている箇所が多数ある。

●話は前後するが、今月初め、逗子駅の1番線ホームでも、中途部分に一部、古レールが残っているのに気付いた。しかも刻印が残っている箇所もあった。

F1012373

F1012329 F1012330

例によって「古レールのページ」を頼りに読んでみると、米ベスレヘム・スチール社、スチールトン工場、1923年製であるらしい。鎌倉駅のキャンメル社やウニオン社のレールよりは新しいが、それでも、刻印が読めるというだけで貴重な気もする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

理科ハウス

●このところ右肩が慢性的にじんわり痛くて、これが噂に聞く五十肩ってやつだろうか、と思う。四十肩というのもあるが同じものだそうだ。ちなみにゴジュウカラシジュウカラは別物。

もっとも、腕が上がらないとか、動かすと激痛が、とかもない。スペースの都合で、キーボードの横でなく向こう側でマウスを操作するという、いささか無理のある姿勢が原因かも。

●そのキーボード。しばらく前に自室でカップ麺(確か「緑のたぬき」)を食べていて、盛大にツユをこぼし、お出汁の利いたキーボードになってしまった。作動上は今のところ問題なし。

●収納上どうにもならなくなってきて、若干の蔵書を処分(主に文庫本)。bookoffの出張買取に来てもらう。300数十冊で、〆て5000円少々。

旬を過ぎたベストセラー本の買い叩かれ度がすごくて、「のぼうの城」単行本が6円とか。逆に、「え? なんでこんな本が?」というマイナーな専門書に100円とか付く。

●そのより分け作業の間に、ずっと前に誰かに貸して行方不明になったと思っていた、早川文庫FT初期の名作、ロード・ダンセイニの「ぺガーナの神々」が見つかってちょっと嬉しい。

もっとも、誰かに一度貸して戻ってこなかったのは本当で、出てきた本は初版の25年後、読者アンコールフェアで再版された際に買い直したもの(フェアの帯が掛かっていて思いだした)。こんな感じで、現在持っている「北欧空戦記」も3冊目だったかも。

●donjiさんが仙台から来るのに合わせて、22日月曜日、久々の「生春巻き隊」会合。というわけで、古本の売上げがそのまま飲み代に。

かさぱのす氏幹事で、donji氏、ばお氏と私の4人。秋葉原にて、珍しく名前の通りに生春巻きを食べつつ飲む。

酒の肴に、「イタレリ作せり」CONで作ったPaK97/38(依然未塗装)を持って行く。

「やっぱり、塗らずにとっておく用(というより自慢用)と、塗る用の2つを作るべきだよ」

などと言われる。

かさぱのす氏はFLY HAWKのルノーFT、MBのオースチン装甲車(ともに72)の組み立て中のもの。どちらも非常にシャープなキットで、かなり欲しくなる出来。

その日のうちに新幹線で帰るdonji氏と東京駅で別れ帰宅。

●数日前、自宅を出たところのヤブガラシの花でコマルハナバチのオスを見たが、さすがにコマルハナバチの季節はそろそろ終わりで、代わって、あちこちで咲き始めたアガパンサスやアベリアで、トラマルハナバチを頻繁に見かけるようになった。

F1011431 F1011426 F1011401 F1011387

最初の2枚はハイランド、3枚目は池子、4枚目は逗子駅裏にて。すべて23日撮影。

●その他ムシ関係。

▼昆虫に関しては普通の人よりも結構好きだと思っているのだが、そんな私でもちょっと背筋がぞわぞわしてしまう系のムシを発見(ムシ耐性の低い方には失礼)。撮ったのは6月上旬なのでしばらく前なのだが、例によって、何かいないか道端の草をチェックしながら歩いていて、こんなものを見つけた。

F1011221 F1011220

センニンソウの葉の、表皮の下にもぐり込んで食害しているイモムシというかウジムシというか、しかも妙に綺麗な薄オレンジ色。たぶん、葉の上にいるだけならそこまで気持ち悪くないと思うのだが、この、表皮の下にいるというのが「ぞわぞわ感」を掻き立てる(少なくとも私的には)。

いわゆる「ハモグリムシ」はハモグリガ、ハモグリバエの幼虫であることが多いのだが、食草やこの色、形態から調べても該当種が見つからない。そもそもハモグリムシの場合は、お金持ちの子のプラレールのようにグニグニと細い食痕が線を描くのが普通で、こんなふうに面で食害するのは珍しい。

あれこれ探して、ようやく、オオアカマルノミハムシというハムシの幼虫であることが判った。6月7日撮影。

▼次は、我が家の斜め向かいのアカメガシワの花で、コマルハナバチのオスの写真を撮っている時に見つけた奇抜な格好の寄生バチ。長い産卵管、変な翅の畳み方に腹部の立て方、妙に長い首。オオコンボウヤセバチと判明。6月10日撮影。

F1011241 F1011258

▼どうせルリシジミかヤマトシジミだろうと思ってカメラ(というかケータイ)を近付けたのだが、ちょっと普段は見ない子だった。ツバメシジミ。6月11日。

F1011288 F1011286

▼6月15日撮影。朝、チビがムシがいる、ムシがいると呼ぶので見に行ったら、中型のカミキリムシだった。胸に赤い模様のある、ちょっと見慣れない種類のカミキリムシだなあ、と思ったのだが、そんな模様の種類にはなかなか行き当たらない。それもそのはずで、赤い模様に見えたのはびっしりたかったタカラダニだった。本体はセンノキカミキリ。

F1011361 F1011360

▼同日、そのすぐ後に、家のまん前の潅木で。ウンカ? ヨコバイ? と思って調べていて(実際にその近縁ではあるのだが)、意外にたどり着くのに手間が掛かった地味なトリコロールの小さな虫。コガシラアワフキ。

F1011351

●梅雨時はヤマユリの季節でもあり、怪しいキノコの季節でもある。前者はそろそろ盛りが過ぎた感じ? 後者は、ここ数年必ず見かけるシロオニタケもまた出てきそうだが、今のところ未見。

下の写真は両方とも名越の尾根道で。真っ白なキノコは傘裏にひだも見えないが管孔も見えず、形態的にも怪しい。しかもこの黄色い汁がとことん怪しげ。ひと舐めで卒倒するか、あるいはトリップするか、いずれにせよ、無事には済みそうにない。

F1011452 F1011455 F1011465

●池子に「理科ハウス」という、小さな私設科学館があるとかみさんに聞いて、23日、出掛けてみる。子どもらの幼稚園時代の同級生のお母さん2人が館長および学芸員。

F1011405 F1011406行ってみると、本当に小さな施設ではあるのだが、それなりに面白い本がある書架のコーナー、触って楽しめる器具や標本、飼っている小さな生き物など、もしも自分が小学生の頃にこんな場所があったら入り浸ってしまいそうな感じ。

アメリカのものらしい、ミールワームのスナック菓子(BBQ味)というのを食べさせられる。個人的に、昆虫食はバッタ系の佃煮までは大丈夫だが、ハチノコを含め幼虫は無理、と思っていたのだが、思い切って食べたら意外に平気だった。揚げてあるので汁気がなかったためかと思う。

あれこれ話し込んで、キュリー夫人関係の本を2冊借りて帰る。キュリー夫人ネタの仕事は一応終わっているが、もしも急に書き足す必要などが出てきた時のため。

●逗子駅裏の道の柵は古レール製だった。ざっと見てみたが、だいぶ表面は荒れていて、刻印などは確認できず。

F1011396

以下の写真は、総合車両製作所横浜事業所回送線。つまり、以前に載せた写真の続き。

F1011412 F1011411

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ずしのむし

●ここ2週間ほどで、それなりにきれいに撮れて嬉しかった虫の写真をいくつか。一部、タイトルと異なり隣の鎌倉市のものあり。

F1010658 F1010600

上左:このあたりでは初めて見たアカスジカメムシ。名越切通下の平場で(5/20)。
上右:あまり鮮明な写真ではないが、まるでナウシカに出てくるような面妖な虫。ラクダムシなんて初めて知りましたよ私……。鎌倉市浄明寺(5/20)。

F1010598 F1010564

上左:ベッコウハナアブ、だと思うのだが、胸が黒いのと、名前の通りベッコウ色なのと両方いるという理解でいいのだろうか? 鎌倉市浄明寺(5/20)。
上右:トンボはそこそこ綺麗に撮れると嬉しい。たぶんアサヒナカワトンボ。久木大池公園近く(5/20)。

F1010573 F1010808

上左:ヒゲナガハナバチのメス? もふもふの胸、脚に付けた花粉が、いかにも典型的ハナバチな感じ。久木大池公園近く(5/20)。
上右:なんだか水墨画調のシロジマエダシャク。小坪、亀団(5/27)。

F1011104 F1011078

上左:テングチョウ。小坪、亀団(6/1)。
上右:美しい種が多いゼフィルスだけど割と地味。希少な種が多いゼフィルスだけど割と普通。ミズイロオナガシジミ。この日2匹見た。大切岸にて(6/1)。

F1011065 F1011146

上左:しばらくはコイツの季節。ラミーカミキリ。大切岸にて(6/1)。
上右:ルリシジミ。ここ最近はヤマトシジミよりも普通にそのへんに多い。幅広い縁取りがあるのはメス。小坪・亀団(6/4)。

なお、6/1の散歩途中、大切岸の上で初めてウラナミアカシジミを見つけて興奮したのだが、間近に止まっていたにもかかわらず、葉っぱが邪魔して上手く撮れそうもなく、ちょっと回り込もうとしたら飛び去ってしまって、結局撮れなかった。非常に残念。

F1010899F1010900●5月27日。公園の踏み固めた道にポツポツと穴が開いていて、小さなハチが多数、その上を超低空飛行しているのを見つけた(なにしろハチは高速で飛びまわっているので、右写真には写っていない)。

見ていると、時々、後脚に花粉を付けたハチが穴にもぐり込んで行く。周辺を超低空飛行しているハチには、花粉は付いていない。実は別種のハチで、超低空飛行しているほうは横取り狙い?……などと思ったがそうではなく、花粉を運んでいるほうはメス、超低空飛行はオスらしい。

F1010895F1010897ネット上で読んだウツギヒメハナバチの生態に似ているし、このところよく見たウツギヒメハナバチに大きさも姿も似ている(5/20付記事参照)。もっとも、小さなハナバチを形態できちんと区別できるほどの知識はないし、ウツギ自体の花のシーズンも終わりかけていたので、本当にそうかはよく判らない。

なおも観察を続けると、ハチの穴にもぐりこもうとしているようなゴミムシ?の類もいたりして、こちらこそ本当の横取り狙いかも。また、いきなりハチが数匹ダンゴになって格闘を始めたが、これはウツギヒメハナバチの解説によれば(前述のようにウツギヒメハナバチかどうかよく判らないが)、1匹のメスを数匹のオスで争っているらしい。

●またまたしつこく鎌倉駅の古レール。

見上げてみたら、屋根の梁の部分にも刻印が読めるものがいくつも残っていることに気付いた。

▼キャンメルでもウニオンでもない、第3のメーカー製のものがあった。英バロー社(BARROW STEEL)製。「古レールのページ」で調べてみると、続く数字(166?)は製造年の一部ではなく、鋼種コードのようで、製造年はこの後に入っているようだ。

F1010734

▼これは前回紹介したのと同じ、ドルトムンター・ウニオン製のもの。製造年は1886年だろうか?

F1010732

最初に見つけたのと同じ、英キャンメル社製。少なくとも鎌倉駅の古レール柱では、やはりこのメーカー製のものが最も多いようだ。ただし、刻印が比較的密に入っている(あまり距離を置かずに繰り返されたりしている)のも、多く発見できる要因になっているかもしれない。

F1010736 F1010737

▼オマケ。鎌倉・小町の妙隆寺は山門の修復中らしく、ジェンガみたいな妙な有様になっているが、よくみると、ここにも古レールが(刻印などは見当たらず)。もしかしたら、この積み上げている“ジェンガ”も、枕木か?

F1010856 F1010854

●別に声を大にして言うことではないが、たこ焼きが好き。

F1011130 ただし、基本的には関東人なので自宅にたこ焼き機はなく(別に関東人で持っていてもいいわけだが)、自宅でお好み焼はたまに食えても、たこ焼きは(レンジでチン以外は)食えないのが残念。

そんなわけで、ちょっと美味しそうなたこ焼きを見ると吸い寄せられ率が高い。4日、仕事で国分寺に行った帰り、渋谷の地下でつい買ってしまって、地下鉄の駅で食う。んむ。なかなか美味かった。

ちなみに都内でよく見る「銀だこ」は、何かちょっと別種の食い物のような気がして試したことがない。

●横浜のヨドバシに行ったら、リンドバーグで再生産された、旧インパクトの1:48、「アブロ複葉機」が売られていた。価格は2700円ちょっと(多分税別)。パッケージ絵のジグソーパズル付き(それはあまり要らない気がする)。

1960年代に発売された、しかし当時の水準を超えた佳作キットだが、比較的短命で絶版になってしまった。私は旧インパクト版、その後に出たパイロ版、ライフライク版を取り混ぜて、とりあえずシリーズ全6種を揃えているだが(それについては以前にも書いた)、再販が嬉しくて思わず買いそうになってしまった。

キットを抱えて、他の材料を物色しているうち、「いやしかし、一生のうちにアブロ複葉を2機は作らないよな……」と思い直して棚に戻したが、また見たらまた手を伸ばしてしまうかも……。

●「パンチライン」という(最初から観ていないので)よく判らないアニメをたまたま観たら、Q-May会という謎の組織が出てきた。これはあれですかね。年に2作、1:35の新作AFVを作らないと除名になるとかいう……。

●この期に及んで、今いくよ・くるよのどっちがいくよでどっちがくるよなのか曖昧。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

しつこく古レール建築

●この土日は静岡ホビーショーの一般公開日(およびモデラーズクラブ合同展)だったのだが、今年はもうハナから行ける気配なし。だんだん静岡が遠くなるなあ……。

もっとも、あっと驚く会場発表などもなかったようだ。

●日曜日夕、電器の量販店に行ってついでに外食をしようと言われ、大船で家人と待ち合わせ。往路は鎌倉経由にして、ついでに鎌倉駅ホームの古レール屋根柱を再チェック。ちなみに、鎌倉駅ホームの古レール柱は、中央階段逗子側から、ホーム事務室のあたりまで使われている。

改めてチェックしてみると、先日のものだけでなく、意外に多く刻印が確認できた。

F1010345 F1010344確認できた刻印は一部しか読めなかったり、そもそも「なんだか刻印が入っていることだけは判る」状態のものもあったりする。読みやすさという点では、先日のものが最も状態がよいようだ。

読めるものに関しては、先日のものと同じく英キャンメル社製のものが多いようだが、先日のもののように「CAMMELL S ~」と所在地が略号で入るのではなく、「CAMMEL SHEFFIELD ~」と略さず書かれているものもある。「古レールのページ」によれば、これは、略号で入るものよりもさらに古いものだそうだ。右写真の製造年はちょっと読みづらいが、「1883」と書いてあるようだ。また、末尾に「I.R.J.」と書かれているが、これは発注者名、「Imperial Railway of Japan」の略である由。

F1010351またこの他、レール国産化以前に英国製とともに輸入されていたドイツ製レールも確認できた。右写真の左側のれーるがそれで、最初の文字列、「UNION」が読める。

これは、ドイツ・ドルトムントの「Union, AG für Bergbau, Eisen- und Stahl-Industrie」社というメーカー製であるらしい。製造年までは確認できなかった。なお、右側の湾曲しているレールはやはり英キャンメル社製で、これも製造年は「1883」と読める。末尾に「I.R.J.」とあるのも、上写真と同じ。

何しろ日曜日でホーム上に人も多かったので、そうそう丹念にチェックもできなかった。そのうちまた調査したい。

F1010436F1010429●先月末、名越の尾根道で、木のうろにニホンミツバチが営巣しているのを発見した。なにしろ山道のすぐ脇の木からひっきりなしにハチが飛び立っているので、危険視されて駆除されたらかわいそうだと思っていたが、月曜日(18日)午前中再訪してみたら元気に活動中だった。

思い切って近付いて、ガラケーを数十センチくらいまで近付けて写真を撮ってみたが、特に警戒しているような行動も取られなかった。ミツバチ、鷹揚すぎる……。しかしこれなら、今後も駆除対象になどならずに済むかも。

F1010486●ハチつながり。

ウツギの花に、この時季、この花にだけやってくるウツギヒメハナバチが多数。コマルハナバチよりもさらに「年に一度の荒稼ぎ」だけで生きている連中。

羽音もよく聞き取れないほど小さい、スマートなハチだが、脚にたっぷり花粉をつけて忙しなく飛び交っているのは、なかなかサマになっている。ミツバチ等のように社会性のあるハチではなく、単独性。たくさん来ているのは、「たまたまみんなでその木をアテにしているから」であるらしい。

それほど行動範囲が広いハチではなく、ウツギの樹から数百メートルの範囲で、地面に穴を掘って巣作りするそうだが、今のところ私は見たことがない。

F1010397●名越の山道でカジイチゴを見つけてつまみ食い(ひとつだけモミジイチゴが混じっている)。

なかなか大粒だし、色だけみるととても美味しそうなのだが、いざ食べてみたら、あまり甘くも酸っぱくもなく、ちょっとマヌケな感じだった。残念。

F1010286●市内のスーパーで、これまで知らなかった巨大な乾パンを見つけて衝動買い。普通売られている乾パンはせいぜい3cmくらいだが、これは長辺が8cmもある。調べてみると、自衛隊にも卸しているらしい。

ゴマも入ってなかなか美味しい(こういうビスケット系の、しかも比較的堅めに焼きしめたものは結構好きなのだ)。

F1010287ついでにもうひとつ、別のスーパーでタバスコチョコなるものを見つけて、これも衝動買い。チョコレート自体はかなりダークで、それにタバスコが混ぜ込んであるらしい。後味はそこそこ辛いが、それなりに美味しい。

なんとなく、ショカコーラ的雰囲気があるなあと思ったのだが、調べてみると、ショカコーラによく似た丸い缶入り版もあるのだそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続々・古レール建築

●コマルハナバチの稼ぎ時にゅっと

コマルハナバチは我が家周辺で最もありふれたマルハナバチ。このコマルハナバチ、春の間だけ活動して、夏にはもういなくなってしまう。デカンショ節よりもさらに働く期間が短い。そんなんでやっていけるのか、と思わなくもないが、この時季は日本全国、都市部でも花が多いので、その期間に集中的に働いてあとは休眠するスタイルは、むしろ好都合なのだそうだ。

F1010078F1010074特に5月の初めは住宅地でも寺社でもツツジが一斉に咲くので、そんな場所に行くと「む゛~ん」と羽音が聞こえてくる。右写真は安養院のつつじ(5月5日)。数年前と比べると、ちょっと咲き方が今ひとつだったような気もする。

月半ばにはツツジの盛りは過ぎてしまうが、ミカンの花やラベンダーなどにやってくる。

近所のコンフリーの花もマルハナバチのお気に入りで、去年も今年も大盛況。しかし不思議なことに、去年人気だった近所のナニワイバラは、今年は一度もマルハナバチを見ないうちに花が終わってしまった。同じナニワイバラの花に去年は何匹も来ていたベニカミキリも未見。あれは近所で見かける虫のなかでもひときわ綺麗なので残念。

とにかく、そんなマルハナバチの写真をせっせと撮って、一昨年から調査員として登録している「マルハナバチ国勢調査」にメールで送っている。虫写真にご興味のある方は、ぜひご一緒に。月間投稿数がトップになるとご褒美ももらえます。

●ほか、最近のいきもの写真。

F1019975 F1010002

上左:トラマルハナバチ!……と思ったらアブだった。ベッコウハナアブ?
上右:コマルハナバチ!……と思ったらまたアブだった。アシボソミケハラブトハナアブ?

F1019986 F1010126

上左:日光でお腹がハチミツ色に透き通ったミツバチ。
上右:色自体は地味なのに模様が凝っていてイタリアン・ニットのようなイヌビワハマキモドキ。

F1010157

通称「ハゲ山」のヤマザクラ。

F1010060 F1010114 F1010160

上左:実家のミカンの花に来ていた、妙にスタイルのいいハナバチ。シロスジヒゲナガハナバチのメスか?
上中:おそらくサシゲチビタマムシ。模様がシック。
上右:ミカドトックリバチ(たぶん)。

F1019930●月初め、逗子・鎌倉の海に赤潮が発生。昼間見ると海に赤茶の帯が出来ていて汚らしいが、主原因は夜光虫で、数日、夜になると波打ち際が時折光って綺麗だったらしい。

写真は5月2日、披露山公園から見下ろした海。

この日の晩、新宿の浜まで夜光虫が光るのを見に行ったのだが、残念ながらタイミングが合わず、目の前で光るのは観察できなかった。ただし、浪子不動の磯で時折ちらちら青白く光るのがわずかに見えた。

F1019933 F1019943ついでに、これまでにも話題にしたことがある披露山公園の海軍高角砲(高射砲)陣地跡。

近景の花壇、中ほどの展望台、遠方のサルの檻が、円形のコンクリート製台座を利用して作られている。

F1019947もっとも、横須賀海軍警備隊「砲術科兵器目録」によれば、設置されていたのは12.7cm連装2基だったとのことで、もともと3基据えるつもりで作って余っていたのか、それともひとつは何か別のもの(測距儀とか)が置かれていたのかはよく判らない。

なお、浪子不動から披露山公園に上る道、山上からちょっと下のあたりには、弾薬庫なのか、それとも避難用なのか、小さな壕の跡がある。現在はコンクリートブロックで入口が塞がれている。

F1019877●軍事遺構繋がり。

名越の送水管隧道の逗子側出口については先月ちょっと書いたが、月初めに散歩した折、草刈りされていてさらによく見えた。

同じく先月載せた久木隧道。以前に書いたように、この一帯を接収して作られた工員宿舎と、逗子駅の間のショートカットとして戦時中に作られたもの。近くを通ったので、今度は夕方ではなく昼間に撮影。なお、隧道前を過ぎてもっと谷戸の奥、久木共同グラウンドのちょっと手前には、防空壕なのか、あるいは何か他の地下施設なのか、おそらく大戦中のものと思われる大きな壕がある(このあたりに多い中世の「やぐら」は、通常綺麗に四角く掘り抜いてあるので見分けが付き易い)。

F1019990 F1019994 F1019998

●ゴールデンウィーク最終日の5月6日、兄弟分のドイツ人Pが家族で遊びに来るというのに合わせ、前泊で川崎の実家に行く。P家の長女・三女とも久しぶりに会って、大いに喋って大いに飲む。昼から飲み始め、途中酒を買い足しにまで行って、Pと2人で缶ビール10本、日本酒2本(もちろん一升瓶ではなく700ml)。ほろ酔いで帰宅。

●5月14日、打ち合わせで外出時、鎌倉駅で古レール製のホーム屋根柱を見ていたら、珍しく刻印がちゃんと読める箇所があった。

F1010241 F1010248 F1010247 F1010246 F1010244

CAMMELL S TOUGHENEDSTEEL W 1888 (?) SEC 351と書いてあるらしい(一部不明)。

ここを参考に刻印の意味を読み解くと、

CAMMELL:英チャールズ・キャンメル(キャメル)社
S:シェフィールド(キャンメル社工場もしくは本社所在地)
TOUGHENEDSTEEL:強化鋼(商品名)
W:不明。
1888:1888年製
(?):金具などに隠れているが、位置的に発注者名略号が入っている可能性あり
SEC351:形状規格351番

1888年(明治21年)は、横須賀線の開業よりもなお1年古く、仮にこのレールが横須賀線に使われていたものだとすれば、開業時に敷かれた由緒あるレールの可能性がある(もちろん廃材なので別のところ(東海道線とか)から持ってきた可能性もある。

この時期、まだ日本の近代鉄鋼業は始まったばかりで国産のレールは作られていなかったようで、レールは主にイギリス、ドイツから輸入されていたらしい。

F1010238 F1010239なんだか、デパートの石壁にアンモナイトを見つけるような楽しみがある。

なお、刻印は長いレールに1、2カ所入っているかどうか、というものなのかと思っていたのだが、このレールは2mほど上にもう1カ所、刻印が入っていた。

またこれ以外にも刻印のあるレールを見つけたが、雨どいに隠れてよく見えなかった。

●うちのかみさんは、俳優の上川隆也について、「リュウ・マオシンを演った人」と表現するのだが、「大地の子」で陸一心(ルー・イーシン)を演じてはいても、史上最年少の特級厨師を演じたことはないと思うぞ。いやそれでも判るけど。

●最近、我が家近辺では、中国語の四声の練習をしているような特徴のある抑揚の大声の鳥がいて(しかもその声が異様に長々と途切れない)、いったいあれは何なのだろうと思っていたのだが、先日、姿を確認する機会があって、ようやく、絶賛勢力拡大中の外来種、ガビチョウだということが判った。ムクドリに近いくらいの中型の鳥で、メガネっ子。

以前から名前は知っていたが、間近にホンモノがいたとは知らなかった。

数日前からホトトギスが聞かれるようになった。昼夜の区別のないヤンキーなヤツで、今年初めての啼き声も夜中だった。それにしても、ウグイスといい、ホトトギスといい、コジュケイといい、新来のガビチョウといい、近所の鳥にはなんでこう大声のヤツが多いんだか。

なお、ここ数日、割と家の近くで、「ちゅぴー、ちゅぴー、ちゅぴー」という特徴ある声を聞かせてくれる鳥がいるのだが、声からの検索というのはなかなかうまく行かず、未だ正体不明。

●「てさぐれ!部活もの」という、ものすごくグダグダなアニメがある。

ここしばらく観たことがなかったのだが、たまたま現在放映中の第3期「てさぐれ!部活もの すぴんおふ プルプルんシャルムと遊ぼう」を観たら、OPでBT-7が疾走していた。しかも「なんだかBTっぽい」ではなく、きっちり「BT-7 1933年型 ハチマキアンテナ付き」の特徴を描き込んである。なんぞ……。

と思ったら、第一話の本編中でも、キャラの一人がBT-7に乗って登場してきた。実は中の人は「ガルパン」のノンナさんと一緒で、本人が熱心なBTファンであるらしい。私が言うのも何だが変な人だ……。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

続・古レール建築

F1018817●9日木曜日。仕事で都内に出る。久しぶりに新宿南口で降りたら、サザンテラス口がなんだかすごいことになっていた(相変わらずピンボケ写真)。

線路をまたいで「新宿交通結節点」ができ、東側には高層の「新宿駅新南口ビル(仮称)」が建つのだそうだ。

普段新宿に近付かないので全然知らんかったよ……。

先日の記事に、みやまえさんから「山手線でもまだレール柱の駅がありますね」というコメントを頂いたのだけれど、実際、改めて注意してみてみるとあちこちにあるもので、たまたま通りかかった代々木駅で少し写真を撮った。なかなかレールの曲げ方が優美。

F1018820 F1018821 F1018819 F1018822

●以下は御茶ノ水駅、聖橋口通路下など。こちらは組み方がスパルタンな感じ。1カ所だけ、柱に鋳造記号が入っているのを見つけたが、厚く塗りこめられた上に表面が荒れていて、きちんと読み取れない。

F1018813 F1018811 F1018812 F1018810 F1018808b F1018806 F1018809

●ちなみに逗子駅は、2、3番線島式ホームの、改札側跨線橋よりも横須賀側に少しだけ残っている。全部確認したわけではないが、何本かチェックした中には鋳造マークは見つけられなかった。

F1018804 F1018805

| | コメント (5) | トラックバック (0)

古レール建築

●日曜日(5日)晩、野田からの帰りに、久しぶりに東武野田線に乗った。

F1018793 F1018791

写真は、野田市駅の島式ホーム(2・3番線)の古レール製の屋根柱。2番線側(写真左側)は2本組で、内側が大きく湾曲して屋根全体を支え、3番線側は1本のみで補助支柱的な感じ。両側2本では贅沢すぎ、両側1本では強度的に不安があったのかもしれないが、そこはかとなくオシャレ(……なのか?)。

ちなみに現在、野田市駅は工事中で、1番線は使用停止、線路も位置換え中。調べてみると高架化されるらしく、この古レール柱もそろそろ見納めということになる。夜間のため綺麗に撮れず、比較的まともな写真は上の2枚だけなのだが、そんなことなら、もっと沢山撮っておくのだった。

●古レール利用のホーム屋根柱ほかの建造物は、比較的古めの駅にはよく見られるもので、横須賀線でもいくつかの駅にあるはず。しかし、おそらく今後は消えて行く一方のはずなので、気付いたら写真に残しておくのがいいかもしれない。

ググってみると、古レール建造物に興味を持ち、まとめたり考察したりしているサイトもある。そのうちいくつかを以下に。

また、「古レールの駅デザイン図鑑」という書籍も出ているらしい。

もっとも、それらにも書かれていることだが、こうした古レールの建造物は多数が現存しているにもかかわらず、あまりに当たり前に、しかしてんでんばらばらに作られているために、まとまった資料はなく、それを指す固有の名称というものもないらしい。

しかし、その建造物が作られたのがいつかは判らなくても、レールそのものの製造年は刻印で知ることができ、なかには日本の鉄道草創期のものが混じっていることもあるそうだ。

●話は前後するが、先月末、これまで写真を撮っていなかった、鎌倉・金沢街道方面の数基の丸ポストの写真を撮ってきた。

▼青砥橋近くにある、ポスト番号21。ポストマップの写真では隣に建物があるが、現在は撤去されて駐車場になっている。なんとなく電柱の陰で恥ずかしそうにしている感じ。3枚目だけ日が照っているのは撮影日が違うため。

F1018483 F1018469 F1018605 F1018476 F1018474 F1018475 F1018479

▼鎌倉宮入口にある、ポスト番号17。「顔面」にべったり貼り付けられた(しかも中途半端に剥がれた)ステッカーがちょっと無粋。銘は「昭27昭和」だろうか? しかし、材木座のポストの銘では「昭27昭和製」とあったのに、こちらは「製」がないように見えるのが謎。単に薄れて(塗りこめられて)見えにくくなっているだけ?

F1018465 F1018463 F1018462 F1018460 F1018459

▼清泉小学校近くの、ポスト番号16。夕方、薄暗くなってから撮ったのでまともな写真が少ない。

F1018451 F1018450 F1018448b F1018449

| | コメント (2) | トラックバック (0)