クブシュ

見慣れない虫

●我が家の向かいのヤブガラシが、スズメバチの一大宴会場と化している。やたらでかいのが10匹も20匹も集まってきていて(大きいのは4センチ近い)、物騒でしょうがない。

ところでよく見ると、そのスズメバチも1種類ではなく、数種が混じっているようだ。

F1016236 F1016380 F1016397

左は腹端が黒いのでヒメスズメバチ(縞模様で腹端が黒いのは、日本で一般に見られるスズメバチではこれだけ)。中は腹の縞がほぼ等間隔であること、胸の後部(小楯板)が黄色いことなどからオオスズメバチと判断。右は小型で細身なのでアシナガバチの一種かと思っていたのだが、該当する色模様が見当たらない。どうもホオナガスズメバチの仲間、キオビホオナガスズメバチのようだ。

名越の山道で夏季に出会うスズメバチはたいていはキイロスズメバチなのだが、こいつは来ていなかった。

(9/2追記。「こいつは来ていなかった」ではなく、どうもこの右端がキイロスズメバチらしい。山道で遭う時には一発で『あ、スズメバチだ』と思うのに、もっと大きいのが回りに沢山いると、なりが小さいだけにスズメバチっぽく見えなくなってしまうらしい)

なお、私は中学の頃だったか、一度スズメバチに刺されたことがあるので、アナフィラキシー・ショックがちょっと怖い。そんなわけで、身の回りをこいつらが飛び回る中で、そうそう落ち着いて写真を撮れるわけもない(ピンボケの言い訳)。

もっとも、巣の近くではないので、よほどのことがなければ襲ってきたりはしないはず。物騒ではあっても、こいつらがいるおかげで、身の回りがケムシだらけになったりしないわけだし、ヤブガラシには毎日いろいろなアゲハも来る。というわけで、夜中にこっそりヤブガラシの伐採などはしないことにする。

●こんなふうに、暇があると身の回りの虫のスナップを撮っているわけだが、結構しばしば、「見慣れない虫」に遭遇する。

その虫の正体が何なのかは、なかなか難しい。

日常、気を付けて虫を観察しているとは言っても、私は別に虫の専門家ではない。仮に昆虫の研究者であっても、昆虫の種類は多いから、研究対象にしている特定の目とか科とか以外はよく判らないかもしれない。

要するに、T-34なら生産工場の特定ができても、現代のAFVだと有名どころ以外、生産国もよく判らない、みたいなもの(通じる相手が非常に限定された喩え)。

つまり、その「見慣れない虫」が、本当にこの地域ではなかなか見られない珍しい種類なのか、あるいは実はよくいる虫なのだが(地味だとか小さいとか、生活環境的に目にしづらいとかの理由で)これまでたまたま目を引くことがなかっただけのか、そのへんが判らないのである。

もちろん、大型の蝶などで見たことがない色模様なら珍しい種類だということは判るが、これが蛾とか、アブとかハエの類だと、たまたま間近に止まって、ちょっと面白い形や色をしていても、珍しいのか珍しくないのかよくわからない。もちろん、自分で見た覚えがなければ、ありふれた種類であっても充分「珍しい」のだけれど。

●そのうちの一例。

31日日曜日。散歩に出て、今までに見たことがない、真っ黒なムシヒキアブに遭遇。何やらハエの一種を捕食中。現在、名前を調べ中なるも、まだ正体にたどり着けず。

F1016308

(9/2追記 ムシヒキアブの仲間で、トゲツヤイシアブという種類であるらしい)

●小さくて目立たないハチなので、なかなか目にする機会がない(気が付かない?)アオスジハナバチ。青色が珍しいといっても、ルリモンハナバチほど目を惹く美しさはなく、よく見ると「あ、筋が青い」という程度。それでも、ちんまり体型がなかなかかわいい。

F1016376

●見慣れない、というよりも、久しぶりの珍しい虫。何年ぶりかで、生きているナナフシを見た(去年か一昨年、道で轢死体は見たことがある)。

F1016283

これなどは、もしかしたらたまに接近遭遇しているのかもしれないが、相手が上手に隠れすぎていて気付いていないだけかも。木の幹などではなくちゃんと枝のほうにいれば気付かなかったかもしれない。

木の幹の、精一杯手を伸ばしてもそれよりもちょっと高いところにいて、ソフト的最大望遠、しかも日陰側という悪条件で、どうしてもピンボケしか撮れなかった。残念。

●話は前後するが、28日木曜日、神保町の事務所に行くついでに秋葉原に寄り、タミヤエナメルのフラットアルミと、瞬着(サラサラ)と、タミヤセメント・流し込みタイプを買う。フラットアルミは前回UPのソクウのシリンダヘッドカバーに塗ったもの。瞬着は今まで使っていたものがノズル内で固まってしまったため。タミヤセメントは今までのものが、もうほとんど筆が届かなくなったため。ソクウ製作のテコ入れ(なのか?)。

それとともに、秋葉原と御徒町の間くらいにある、以前YSにいたK氏が開いているヒストリカル・フィギュアの専門店に行って、THE BODIのハンガリアンCV33改造パーツ#1を購入(THE BODIがフィギュア主力のメーカーなので、義理で仕入れたらしい)。

●さて、結局ソクウと並行生産になってしまっている、RODEN 1:72のVOMAG自走砲(名前略しすぎ)。

まだなんとなく、射撃姿勢にしたい気もちょっとして決めかねているのだが、それはひとまずモラトリアムで、車体細部工作。

F1016399 まずは魅力的なお尻。リールが2基付いていて、安直に伸ばしランナーをくるくる巻いてそれらしく仕上げた。右リールが巻き方が汚い。ズボラな砲兵が巻いたもので、後でこっぴどく班長に怒られるという設定だということにしよう……。よく見ると、コードの太さもちょっと違う。わはは。

コンテナルームの前側は、キットではつんつるてんだが、どうも椅子の背もたれが付いているらしい。タイヤハウジングの上がたぶん椅子の座面なのだが、実際には、ここには折り畳みの補助椅子が重なっているのではと思う。ただ、形状や状態がよく判らなかったので、そちらは追加工作していない。

F1016401 ハンガリー(?)で写された、多色迷彩の放棄車輌の写真では、この背もたれの下の部分が3つに分かれて開いているように見えるのだが、別写真ではそうは見えず、切り欠き工作などはしないことにした。

ラックは、キットのバーツはあまりに太かったので、せっせと削り込んだが、それでもだいぶ太めな感じ。理想的には、もっと細い真鍮線などで作り替えればいいのだが、横棒と縦棒が同一面で重なっているようなので、面倒になってやめた。

また幌骨は、天井バーツにもとから一本モールドしてあり、別部品として4本入っているのだが、そのまま重ねると高さが付き過ぎること、幌骨の本数がたまたましっかり写っている写真で4本だったことから、天井にモールドされているものは削り取り、別パーツの方はこれまた少し細くヤスってから重ねて接着した。今後、留具を追加の予定。

F1016403 ヘッドライトは、キットのパーツは前面カバーがゆるく盛り上がり、中央に「-」字のスリットが開いているのだが、実車写真では、平らなカバーが掛けられている場合が多いようだったので、スリットを埋めた上で平らに削った。そのうえで、上半分にプラペーパーでひさしを追加した。

始動クランクの差込穴を埋めてあるのは、若干位置が上過ぎる気がして、開け直すことにしたため。

PMMS報。

なんと、Combat Armour Modelsという中国系新興メーカーから、第一弾キットとして、ビッカース水陸両用戦車が発売される由。びっくり。

(9/3追記。Riich Modelsの別ブランドで、国民党軍装備を中心に出していくらしい。楽しみ)

流石にこれはインジェクションで出るわけはないと思い込んでいて、何年か前に作り掛けたスクラッチの車体もできれば作りなおし、きっちり気合いを入れていつかものにしてやろうと、コレ用にカステンのユニバーサルキャリア用履帯もストックし、マスタークラブのリベットも買い込み、ミラージュのビッカース6tA型の銃塔も確かひとつ取り分けてあったはず。

しかし出れば出たで嬉しい。PMMSの報を見ても、第一弾キットとはいえ、エッチングなども付き、プラパーツの出来もシャープな、なかなか楽しみなキットのようだ。ただ一つ残念なのはデカール。銃塔側面のワクで囲んだ「龍」字マークなどは入っていないようだ。……なぜ?

(9/5追記。「龍」字マークが入った車体は、砲塔ハッチ形状などが異なるタイプ。そちらが「後期型」ということであるらしい。わざわざ「初期型」と銘打って出すからには、後期型も出すつもりなのだろうと思う。個人的には「龍」字入りを作りたいので、後期型が出るまで待ちかな?)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

MIRAGE HOBBY 1:35 Kubuś

F1015931 ●今日(7日)、仕事帰りに秋葉原に寄ったら、ミラージュの新製品、クブシュが入荷していた。VOLKSはミラージュを直接仕入れているので他の店より安く、2100円(税別)。今時の1:35キットの値段じゃないなあ。

待望のアイテムだったこともあり、早速購入したので、ざっと気になった点など書いてみることにする。

前回予告の、FIRST TO FIGHT 1:72のwz.34装甲車2種のレビューはまた今度。

●クブシュは、1944年夏のワルシャワ蜂起の際、蜂起軍の1部隊がありあわせの材料ででっちあげた1輌だけの装甲車(兵員輸送車)である。その製作の経緯や戦歴などは、ざっとwikipediaにも書いてあるので、そちらを参照していただきたい。また、現存する実車およびレプリカのディテール、写真資料などは、以前の記事を参照のこと。

ただひとつ触れておくと、(以前の記事でも触れたように)ベースとなった車輌には、従来説であるシボレー157説と、最近出てきたシボレー155説があり、どうやら今回のミラージュのキットはシボレー155説を採っているようだ(説明書解説文による)。

この155説というのは、ネットであれこれ見てみると、どうやらホイールベースの寸法が判断の根拠であるらしい。例えばこのページの図版等参照。

もっとも、157は通常形式のトラック、155はキャブオーバーで、見るからにトラックシャーシにありあわせの材料で装甲を被せただけのクブシュで、わざわざ面倒なハンドル位置の変更など行ったのかどうか、個人的には疑問も感じる。

また、現存するクブシュのオリジナル部分は基本、ドンガラのみで、シャーシは別物にすげ変わっているらしい。そんな状態で、「ホイールベースから考えて」という根拠が成り立つのかどうかもよくわからない。

もっとも、ミラージュの説明書には妙に詳しく製作過程等が書かれており、何か別の根拠(伝承とかメモとか写真とか)が残っていたのかもしれない。

●キットは大きく左右分割された装甲車体、操縦席前面、ボンネットハッチ、若干のスカート部などが別部品。

1:35キットとしてはだいぶプリミティブな感じはするが、シャーシとエンジン、駆動伝達系、サススプリング、操縦席などのパーツも入っている。

F1015929 装甲車体は。左右で溶接ラインが違っているのを表現していたり、頑張っている部分はあるのだが、その一方でエッジ部分の溶接ラインは表現されていなかったり、“生ぬるい”部分が多々ある。1:48のカラシュ軽爆撃機のキットあたりで見せた頑張りとこだわりはあまり見られず、総体的に言って「まあ安いキットだし、こんなもんなのかねえ」レベル。

キットがそんな調子なのに組立説明書は妙に頑張っている。A4版4ページ(つまりA3版の2つ折り)の組立説明図、A4版1枚、カラー印刷の実車解説と塗装説明図が入っているのだが、実車解説は(しっかり読み込んでいないが)改段落もなくびっしり長文だし(片面がほぼ文字で埋め尽くされている。ポーランド語、英語の対訳なので実質半ページ弱)、塗装説明の下にまた小さく5面図があるので何かと思ったら、実車の弾痕の位置が図示されていた。それだけこだわっているのに、図が小さすぎて非常に分かりづらいのがちぐはぐな感じ。

その他にも、説明図をよく読むと、「この部分は戦後に手を加えられたところで、戦時中は付いていない」とか、解説が細かい。それだけ、キットそのものもこだわってくれればねえ……。

F1015921 ●おそらくこのキットで最大の「情けないポイント」がタイヤ。なんと、wz.34装甲車キットとまったく同じものが入っている。

wz.34装甲車のキットは、初版のセルティ版ではこれとは違うゴムタイヤが入っていて、このタイヤはその後ミラージュ版になってからか、あるいはその途中のAGA版かアンコール版で変わったものだが、パターンもゴムタイヤから格段の向上があるわけではなく、ご覧のように1:35としてはお粗末。

またそもそも、クブシュ(というか、シボレーのトラック)と、もっとずっと小ぶりなwz.34装甲車が同サイズのタイヤを使っていたのかどうか。しかもミラージュのwz.34のキットは、実際には1:35よりも一回りスケールが小さい。

ちなみに、どれだけ正確かどうかはわからないが、Jan Tarczyński, "Pojazdy ARMII KRAJOWEJ w Powstaniu Warszawskim"(書名は「ワルシャワ蜂起における国内軍の車輌」というような意味。wkł, Warszawa 1994)に出ている簡単な4面図をキットの大きさに拡大した場合、タイヤ直径はキットより3mm強も大きくなった。

TOKO/RODENのGAZトラックのタイヤをホイールごと流用しようか検討中。

追記:

シボレー155もしくはシボレー157のタイヤサイズを探していて、以下のページに行き当たった。

oldtimery.com -- "Polski" Chevrolet 157

記事内容は、戦前のポーランドで、シボレー157が大量にノックダウン生産だかライセンス生産だかされた経緯が書かれたもの。とりあえずこの記事では従来説に則り、クブシュは157ベースで製作されたものと紹介されている。

さて、この記事の末尾に諸元の表が出ていて、もちろんポーランド語なのでよくわからないのだが、このなかの以下の項がどうもアヤシイと、文章を手打ちして、自動翻訳に掛けてみた。

koła/ogumienie : tarcze stalowe 20x5" (przód pojedyncze, tył bliźniacze), Ogumienie rozmiar 650x20

ホイール/タイヤ:スチールディスク20x5(フロントシングル、ツインリア)、タイヤサイズ650x20

あたり!

さて、この古いタイヤサイズの表示法がよく判らないのだが、別途調べると、GAZ-AAのタイヤは「6.50-20 inches」とある。どうやら同サイズと考えてよさそうだ(もとは同じアメリカの旧式トラックだし)。一応、155と157が同一サイズのタイヤを履いているという前提ではあるが、GAZのタイヤの流用でなんとかなりそう。ホイールも5つ穴で都合が良い。

●なにしろ実車がポリゴンで作ったCGのように多数の面の組み合わせで構成されているので、各面の向きだの大きさだの辺の構成する角度だの、細かい狂いはあれこれ生じている模様。

また、特に側面部分の大きな平面は1枚板の装甲板は調達できず、左右とも何枚かを接ぎ合わせて製作されているが、その溶接ラインにも、キットと実車では多少のズレがある。また、前述のように各エッジに入っているはずの溶接線は、キットではほとんど省略されているので、それは各自お好みで追加すべし。

F1015926b ▼まず右側面。

後ろの縦線は、本来、銃眼の後辺と接している。銃眼がもっと後ろにあるか、縦線が前にあるかのどちらか。

その前の面(中央の面)は、キットでは後ろ側の面よりも広いが、実車ではむしろ狭く、しかも下へ行くほどすぼまっている形状。前側の溶接線を後ろに下げ、ちょっとナナメにするとよい具合になりそう。

その前の面の上部に入る横方向の溶接線の位置はだいたい合っているが、心持ち下げるくらいがいいかも。その前の助手席横の面の最上部は三角に別材を足してあり、溶接線がある。

なお、車体横の銃眼と、助手席横のスリットは、キットではスリットのほうがやや下だが、実車では逆にスリットのほうがやや上(銃眼の上のラインと同じくらいのレベル?)。

F1015927b ▼左側面。

車体後部左右の三角面に斜めに入る溶接線は、キットでは左右が同じレベルにあるが、実際には左の線はもっと下にある。

側面の溶接ラインはおおむね正しい位置にあると思うが、助手席横の面に細かく入る溶接線が省略されている。

また、助手席横のクラッペ風に付いているスリット(溶接されているので開閉しない)は、キットでは板の上下辺と平行にスリットが入っているが、実車は斜めになっている。

クラッペ風に貼ってある小さな板材の後方に細かく2本入っている溶接線は、装甲板に直接開けたスリットの位置が悪くて埋めた痕か?

F1015917b ▼戦闘室前面。

ここだけの話ではないが装甲板の接ぎ合わせ工作は荒っぽく、現物合わせで適当にやっているらしい。前面最上部の左右の接ぎ合わせはきっちり合っておらず、別材でスキマを埋めているらしく、溶接線がV字に入っている。

また、助手席前の銃眼は、最初に穴を開けた位置がよくなかったらしく、一度ふさいでもっと右に開けなおしている。そのため、今ある銃眼のちょっと横に、埋めた痕がある。

F1015918 ▼ラジエーターグリル。

車体最前部のグリルは、ミニスケールキットか?と思うような階段状パーツ。

ここはまた、実車ではいかにもクブシュらしいところでもあり、このグリルの1枚1枚が微妙に長さや角度にズレがある。ちなみに、ワルシャワ蜂起博物館にあるレプリカのほうは、この部分が奇麗に揃って工作されている。

●塗料はファレホ推奨だそうで、まあそれはいいのだが、色指定が商品番号とは違う、たぶん色調を示す番号の下3桁で書かれていて、どうもサッパリわからない。

一応、主な色だけ対応表で調べてみた。

車外・迷彩色(淡色グレー)/指定番号870:ミディアムシーグレイ、FS36270相当

車外・迷彩色(濃色グレー)/869:グレイバイオレット(RLM75)、FS36132、36152相当

ホイール/895:ダークグリーン(RAF用、またはRLM71、RLM81)、FS34079、34097相当

車内(おそらく防錆塗料)/982:ダルレッド、FS30076、30109相当

シャーシ/861:黒

ただし、キットの指定でも、多くの塗装図でも、現在のレストア実車およびレプリカでも、明細塗装は明色の上に暗色の吹き付けになっているが、どうも戦時中の実車写真を見ると、暗色の上に明色を吹き付けている可能性があるように見える。

ちなみにキットの塗装図は、明色と暗色の配置それ自体は、だいぶ頑張って再現しているように思う。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

クブシュ!

●昨日の記事へのコメントで、セータ☆さんから驚くべき情報が。

なんと、MIRAGE HOBBYから、ポーランド国内軍/ワルシャワ蜂起の即製装甲車、クブシュ(Kubuś)のキットが、1:35インジェクションで出るのだそうだ。個人的には、タミヤのマークIV発売のニュースが一気に霞んでしまう級(「クブシュってどんなもの?」という方はこちらをどうぞ)。

なにしろMIRAGE HOBBYの動向は、なぜかPMMSでは一切扱っていないし、ミラージュ本体のHPも更新が滞っていて、掲載されているPDFのカタログは2012年版という具合。細々とハルバーシュタットやPZLカラシュのバリエーションキットは出ているようなので、一応活動はしているようだけれど、みたいな状態なので、このニュースは驚き。

それにしても、ポーランド人の誇りというか、意地というか、あるいは意固地というか、恐るべし。こんなものまでインジェクションキットにしてしまうとは。

ちなみにセータ☆さんのニュースはARMORAMAのもの。もう箱絵も出来ているということは、発売は間近なのだろうか。しかし相変わらず、ミラージュのAFVキットは箱絵がショボイなあ……。

●仕事が滞ってヤバイ状況に陥りつつある折なのだが、ついついクブシュに現実逃避してしまう気持ちを落ち着けるためにも、ガス抜き的に若干のおさらいを。

クブシュは1944年の夏、ワルシャワ市内で民生用トラック(シボレー157説とシボレー155説があるようだ)のシャーシにありあわせの材料で装甲を施したたった1輌の車輌なのだが、幸運にもその実物が現在も残っており、ワルシャワのポーランド軍事博物館(ポーランド陸軍博物館と訳されることもあり。Muzeum Wojska Polskiego w Warszawie)に展示されている。

さらには、自走可能なレプリカも製作され、こちらはワルシャワ蜂起博物館(Muzeum Powstania Warszawskiego)が所蔵、記念パレードなどで走らせているようだ。

ここまで聞くと、いやあ、こんなポンコツのくせに(失礼)愛されてますなあ、という話なのだけれど、モデラー的に悩ましいのは、このレプリカの出来が非常によく、写真によっては「これはどっち?」という場合が多々あり、模型製作上の参考にする時に混乱する、ということである。しかもそれぞれを所蔵する博物館の略号(頭文字)も、前者がMWP、後者がMPWと似通っているので、写真のファイル名やキャプションに添えてあっても、これまたややこしい。

●ポーランド軍事博物館所蔵の実車のwalkaround写真に関しては、以下の2ヶ所が豊富。

(1).Kubuś - Powstańczy Samochód Pancerny - MWP / Czholg.Blox.Pl

(2).‘Kubuś’ Armoured Car / Modelling Market in Poland

後者に関してはどうも元のページはなくなってしまい、リンク先はウェブ上のアーカイブのようだ。用のある方は、早めに写真の保存等しておいたほうが良いかも。

●その他の写真を見る場合の、実車か、レプリカかの判別に関するメモ。

・現存実車は濃淡2色のグレーによる迷彩、レプリカはグレー地に茶色の迷彩。ただし色は時期により塗り直されて違っている可能性もあるので注意(実際、MWPの実車は最近塗り替えられたようで、少し以前の写真と迷彩パターンが異なっている)。肝心のワルシャワ蜂起の時の実車の塗装がどうだったのかは不明。当時の写真から2色迷彩らしいことは判るが、色調の記録まで残っているのかどうか。Antoni Ekner著の薄い一冊本、“Samochód pancerny "Kubuś" 1944”には、塗装の考察も書かれているらしい。もっとも、掲載されたカラー図では、どうもグレー地に茶色の迷彩になっているようなのだが、ワルシャワ蜂起当時の写真では、暗色のベースに明色で迷彩を施しているようにも見える。

・レプリカは車体左側面下部に、クブシュのレプリカである旨の真鍮の銘板(ポーランド語・英語併記)が取り付けられている。

・車体前面下端のスカート部分は、レプリカは左右の板が真ん中で綺麗に継ぎ合わされているが、実車は中央にアングル材のようなものが縦に入り、さらに上部にエンジン始動クランクを差し込むためと思われる穴がある。レプリカにはこの穴もない。

・全体にレプリカのほうが仕上げが綺麗。実車は溶接ラインも雑、装甲板の切断面も全体的に汚い。

・車体前面、ラジエーター前のルーバーも、レプリカは寸法が綺麗に整っているが、実車は左右のラインもルーバーそれぞれの角度もガタガタ。ラジエーター用ルーバー最上部のラインが、レプリカは装甲板の継ぎ目と一致。実車は左右で継ぎ目よりも下にある。ルーバーの数自体も異なり、実車は9段、レプリカは10段。

・助手席前の銃眼は、実車は一度開けた穴を溶接でふさぎ、もう一度位置をずらして開け直した跡がある。

・実車の各部銃眼は単に穴が開いているだけだが、レプリカでは全てフタが付いている。

・操縦手席前のバイザーフラップ上に、レプリカは雨避けの庇。

・実車は各部に銃弾の痕が残るが(特に車体右側、前向きの面)、レプリカの表面は綺麗。

・自走している写真はレプリカと考えがちだが、どうやら実車も自走可能状態までレストアされているらしい。たとえばachtungpanzerのページ一番下の写真は、キャプションにはレプリカとあるが、各部の特徴から実車と思われる。……気合いの入ったマニアがレプリカをさらに実車そっくりにディテールアップしていたりすると困るなあ(別のサイトに別角度の写真があるが、それによれば写真は2005年の独立記念日パレードのもので、クブシュはMWPのものと書かれている。MWP所蔵のものは前述の通り実車)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)