いきもの

RWBY

●先日も書いたが、アメリカ製の3Dアニメ「RWBY」の吹き替え版がテレビで放映されている(リンクはテレビ版公式サイト)。

第2回の放映は、原作(というのも何か変だが、とにかくオリジナル版)の6~8話。元が5分~15分程度と細切れなので、3話分とはいえ、この回はほとんど省略がなくてよかった。そもそも、8話は前半の山場ともいえる戦闘シーンなので、これが大幅につままれてしまうとかなり寂しい。

……で、この調子でやってくれるのかと思ったら。数日前の第3回放映では、9話から14話が、まるっと無視されて、いきなり15話まで飛んでいた。次回放映はもう2章だ……。まあ、通常のアニメ枠で、1章~3章までやってしまおうというのだから(1章:16話、2章:12話、3章:12話)、これくらい切り詰めないと無理なのだろうけれど。

●そんなこんなで、むしろ見る前より欲求不満が募ってしまって、webで「つままれていない」第1~3章を見直したり、知らない間に始まって終わっていた(昨年10月~今年2月)第4章をじっくり見たり。

もともと「RWBY」はweb上で公開されているアニメで、製作会社、ROOSTER TEETHのサイトで全話試聴することができる。

……もちろんこれらは全編英語で、それを「わかるような、わからんような」状態で見ていたのだが(ほか、ニコニコ動画に自主制作字幕版が上がっていたりしたこともある)、もっとお勧めはYoutube。

迂闊にも今頃になって気付いたのだが、Youtubeにも制作会社ROOSTER TEETH公式で全話upされており、しかもこちらはYoutubeの機能で、日本語字幕付きで視聴できる。まとめページはこちら。字幕を付けるには、画面右下の「字幕」アイコンをクリック、その隣の「設定」アイコンで「日本語」を選択する。

●もともと「ジャパニメーション」リスペクトの非常に高い作品で(最初見た時には「あ、ベルカ式カートリッジシステム……」と思った)、第1章あたりはそれをちりばめたアメリカ風学園コメディっぽい感じだったのが、章が進むごとに、だんだんと世界観もディテールが深まり、話も込み入って来る。初期はひたすら能天気な感じだが、3章半ばくらいからどんどん深刻さが増す。

もっとも、もともと原作・脚本・監督だったモンティ・オウム氏は2章まで作ったところで急逝、その後別の人が製作を引き継いでいるので、3章以降の進行がどれだけ当初の予定に沿ったものなのかどうかは判らない。ちなみに、4章まで来ると、初期と登場人物の顔つきも少々変わってきた感じ。

第5章は今年10月スタート予定。楽しみ。

●ついでに番外編の2等身ショートコメディ、「RWBYチビ」も見始めてしまったら、現時点で30話以上もあった……。

●22日土曜日、小学校の下駄箱のペンキ塗りに駆り出される。それなりに人数もいて、1時間ほどで終わってしまう仕事だったが、かがんで一つ一つの下駄箱の奥や天井まで塗るのは意外に重労働で、汗だくに。最後は目まいがしてひっくり返りそうになった。……ひ弱だなあ。

ペンキ塗りを終えて帰り、小学校傍の生垣にアカボシゴマダラがいた。どうやら羽化したてのようで、翅の色模様も鮮やか、スマホを触角に触れそうなくらい近づけても逃げず。せっかくの機会なので、顔の接写もしてみた(だからどうしたって感じだが)。

20170722_102135 20170722_102245

●スダジイの樹は、春に花が咲いて、そのまま季節を一巡り越して、翌年の秋にどんぐりを付ける。しかも、実を付ける年、付けない年がある。昨年は我が家のすぐ近くのスダジイも、目星を付けていたほかの場所の樹もほとんど実を付けずにがっかりだったが、今年は、(去年の春の花が結実して)現時点でこんな感じ(左右は別の場所の別の樹)。今年の秋はシイの実をおやつ代わりにできそう。

20170711_113149 20170720_171642

●先週後半から、右下奥歯が痛い。詰め物の下で虫歯が進行していたらしい。最初はじんわり「痛いかな?」程度だったのが、週末は食事に不自由するくらいになってしまった。

金曜日に電話して歯医者の予約を月曜夕方に取ったのだが(その時点ではだいぶ余裕があった)、その後どんどん痛くなって、週明けなどと悠長なことを言わず、即日で割り込ませてもらうんだったと後悔した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たこ焼き食いてえ

●19日水曜日。仕事で小金井の情報通信研究機構(NICT)に行く。

往路、ちょうど昼頃渋谷を通ることになるので、東急東横店地下の「道頓堀・くくる」で是非ともたこ焼きを買って食おう!と心に決めて出掛ける。

というのも、先週末の逗子の鎮守、亀岡八幡のお祭でたこ焼き屋台を見て以来、無性に食いたくなっていたため。

以前に書いたように現在はカロリー制限中であり、たこ焼きを食うとなると、一食分をそれに充てるくらいの覚悟が必要。しかも相手は「粉もん」(=炭水化物)なので、カロリー制限内に収めていてもそう頻繁に食っていいものでもない。

それだけの貴重な機会を消費して、味がいまいちだとガッカリ感が半端ないので、屋台のたこ焼きは諦め、折角なら(数日後に)「くくる」のものを食べよう、と思っていた次第。

――が、結構余裕をもって出掛けたつもりだったにもかかわらず、渋谷到着時点で、待ち合わせに遅れかねない時間になってしまい、たこ焼きは諦めざるを得ない状況に。くううううう。

たかがたこ焼きで、と言うなかれ。人間、好きなように物を食えないとなると、それだけ「食い物の恨み」も深くなるのだ。……もちろん、きちんと所要時間を計算せず、「まあ、こんなもんか」で余裕を持ったつもりになっていた自分が全面的に悪いわけだが。

●NICTのとある建物の屋上に、なぜかカブトムシ、クワガタムシのアタマ(頭部と胸部)だけがゴロゴロしている。聞くと、どうもカラスがこれらを獲って来て腹のほうだけ食うらしい。ホントかなあ。

いずれにせよ、周りにまだ武蔵野の森が残っているので、カブトムシやクワガタムシも豊富らしいことは判る。

20170719_151110 20170719_151539 20170719_152126 20170719_153054 20170719_153124 20170719_153136

●都内に出たついでに、大きく回り道して、四谷仙波堂に寄る。先日、hnさんから「MasterClubの0.6mm丸頭リベットが入荷してたよ」という話を聞いていたので、リベットの買い足しを兼ねて。

……が、0.6mmはさっさと売り切れてしまったらしく無し。wz.34装甲車に使った分、補充しようと思っていた0.7mmと0.5mmも、0.7mmが一袋あっただけだった。また近々入るかなあ。MS modelsに注文するかなあ。

というわけでその他の買い物。

20170721_024741「TRACKSTORY No.12 LES AUTOMITRAILLEUSES CITROËN KEGRESSE」

P.ダンジュー氏によるWW2フランス軍AFVのモノグラフ・シリーズ、トラックストーリーの最近の号(といっても、出たのはしばらく前らしい)。シュナイダーP16装甲ハーフトラックは昔から非常に気になっている車種で、「こんな号が出ていたのか!」と即買い。

もっとも、さすがにP16だけでは間がもたないと見えて、前史である最初のシトロエンのハーフトラックから綴っていて、P16に関しては分量的には半分くらい。

なお、シトロエン・ケグレスをベースとした装甲ハーフトラックの最初期のものにP4Tというのがあるが、これは、私が今作っているwz.34装甲車の原型であるwz.28装甲車にそっくり。それも当然で、ポーランドがシトロエン・ケグレス・ハーフトラックのシャーシを輸入し、P4Tを参考に装甲ボディを作って載せたのがwz.28装甲車だからで、wz.34装甲車にもそのまま引き継がれた六角キューポラはP4Tにもすでに載っている。

シュナイダーP16はP4Tの直系子孫のような車輌なので、wz.34装甲車とP16は「はとこ」くらいの関係になる。

P16はとにかく表面ディテールが半端なく入り組んでいて、さすがにこれをスクラッチで作る度胸はない。以前、DESで1:35のレジンキットが出ていたのだが、出来はどうだったのだろうか。

20170721_025452Passion Models 「Sd.Kfz.231/232(6rad)」用エッチングパーツセット

パッションの新作、ドイツ6輪装甲車用。

そもそもイタレリの6輪装甲車のキットは、「昔のイタラエレイの爪の垢を煎じて飲ませたい」くらいのどよ~んとしたキットで(それでもHiPMの簡易インジェクションよりはマシだと思うが)、そんな相手にディテールアップパーツを張り込むのは、負け続けのギャンブルでさらにレイズするようなもの、という気もする。

実際、四谷仙波堂のサイトでこのセットの紹介を見た時も、「これはなるべく我慢する方向で……」と思っていたのだが、現物を見ると、「いやいや、それでもイタレリの6輪は持っているんだし。好きな車両だし」と、つい衝動買い。

中身は、「とにかくこの車輌を好きな人が凝り性炸裂で作った」感がヒシヒシ。一昔前のありがちなエッチング・セットのように、「とりあえず金属に置き換えただけかよ!」的なパーツはない。……が、その一方で、工作の難易度は「これ、オレ、作るの? 作れるの?」と不安になるレベル。

曲面上に付く雨どいや、凸部のあるクラッペは、冶具が付属していて自分でプレスして形状を作れという指示。各部のヒンジは、土台部分だけあって、軸部は伸ばしランナーで、リベットはどこかから削り取って流用するか、伸ばしランナーの輪切りで作ることになっている。いやまあ、アベールのように軸部を巻いて作れというのも、それはそれで困っちゃうけれども。ちなみにそのリベットは頭の径が0.45mmと0.3mmという指定。うーん、MasterClubにもないサイズだな……。

とにかく、これで2000円という値段は内容を考えれば割安感があり、設計者の熱意に押し切られて買ってしまった感じもあるが……。うーん。これ、作る日来るかな……。

理性的に考えれば(ぶっちゃけた話)、イタレリのキットにこのセットを奢るよりも、ブロンコあたりから6輪装甲車の新作が出るのを気長に待った方がいいような気もする。もちろん、こういうちょっとマニアックなアイテムのエッチングセットを今後も出してくれることを願って、それなりに売れて欲しいな、とは思うけれど。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

人工衛星

●人工衛星のルービックキューブを貰った。

……なぜルービックキューブ?

20170703_210501

なお、一度絵を崩したら、私自身はもう復旧できない(2、3面くらいなら揃えられるが)。

●合わせて、人工衛星の扇子も貰った。

……なぜ扇子?

20170703_200437

もっとも季節的にはちょっと有り難いかも。うちわも常備しているけれど。

香木の香り付き(本物はかなり高いものだそうなので、当然人工的に付けたもの。消えたらそれっきりらしい)。

20170703_232114 ●その昔、東神奈川にあった「模型ラッキー」の特売品で買ったスティックタイプのヤスリが妙に使い勝手がよく、「ヤスリ掛けといえばとりあえずコレ」的に愛用してきたのだが、さすがにくたびれてきた。右の上になっているのがそれ。

いつ買ったのかよく覚えていないが、東神奈川の模型ラッキーは2006年?に閉店しているので、少なくとも10年以上は使っていることになる。

ヤスリ面がボロボロになるまで使い続けるというのも、諦めが悪いというかビンボ臭いというか、我ながら呆れるが、もともと粗目(200~300番くらい?)と中目(400番くらい?)だったヤスリ面の粒子がいい具合にヘタレてきて、割と細かいパーツの粗削りと仕上げとに都合よく使えたのだ。芯材は固めのウレタンフォーム(?)の中心に硬質ゴムが挟んであり、適度な厚みと固さが良い。

もっともここまで剥げてしまうとさすがに問題なので、まったく同じ時に買って10数年、引き出しの中で眠り続けていたもう一本を引っ張り出してきた。それが右の下側。……これも今後10年間使えるかな?

これまで使ってきたボロボロの1本は……。やたらに寺社がある鎌倉のこと、針供養のように、どこか一軒くらい、ヤスリ供養とかしてないかしらん。針供養は豆腐に針を刺すそうだが、ヤスリ供養は豆腐の角を削るのか?(むしろ難易度が高そう)

なお、似たようなヤスリスティックはネイリストの娘から一束(10本くらい?)貰ったりしてだいぶ在庫があるのだが(左の2本)、どれも先のものより番目が粗すぎて汎用性が低い。ただ、一番左のライトグレーの1本は粗削り専用としてしばしば使っている。やたらにゴリゴリよく削れるので、削り過ぎに注意する必要がある。

20170703_232202 ●ヤスリに関してもうひとつ。SUMICON掲示板で、hnさんに教えて貰った「神ヤス!」を2種買ってきた。布裏地のペーパーにちょっと固めのスポンジのベースが付いたもの。上記のスティックタイプは基本、曲げることはできないが、こちらはベース付きの使いよさをある程度持ちつつ、曲面にして使うことができる。

番手が5種類、スポンジのベースの厚みが3種類あるなかで、とりあえず、2mmの240番、3mmの600番を買ってきた。

●夏アニメ。なんと「RWBY」の日本語吹き替え版がテレビ放映されるそうだ! うぉう!

あとは、原作を読んだ「異世界食堂」は観るかなあ。

●4日火曜日。家の前の坂道を降りていたら、道の脇の草むらの葉の上に、ムラサキシジミが止まっていた。

逗子近辺でも時々見かける蝶なのだが――見かけるといっても、年に1、2度見るかどうか。しかも、翅裏は(蝶にはよくあることだが)ひどく地味な、ちょっと斑のある茶色で、せっかく目撃しても、止まった状態では翅を畳んでその翅裏しか見せてくれないことも多い。

ところが今回は翅を広げて止まっていて、焦げ茶の縁取りに、深い青紫の構造色の美しい模様を見せていて、思わずゾクゾクした。もちろん、さっそく写真を撮ろうとしたのだが……。そんなに近付いてもいないうち、スマホを向けただけで飛び去ってしまった。まったくもって残念無念。

せっかくスマホをカメラモードにしたので、近くの葉上にいたハエを写した(ヤドリバエ科?)。何この落差(泣)。

20170704_135205

ちなみに、何年か前に鎌倉で撮ったムラサキシジミはこんな感じ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やまなみルート

●17日土曜日。2か月前にも歩いたばかりだが、池子弾薬庫跡地の北辺の尾根を辿る「やまなみルート」を再び歩く。

出発点は久木大池。東岸から階段状になった急斜面を登る。はっきり言って、全行程中でここが一番きつい。逗子・鎌倉近辺の尾根上のハイキングコースはたいていそうだが、登ってしまえばあとはそれほど起伏は多くない。

20170617_140749

時季的にヤマユリが咲いているだろうと思ったのだが、尾根上に上ってしばらくは見当たらず。期待外れかと思いかけたが、そのうち、こんな場所が。なんとも豪華。そういえば昔は、披露山入口バス停付近の急斜面の上でこれでもかというくらいヤマユリが咲いていた記憶があるのだが、今ではすっかりコンクリートで塗り込められてしまった。

20170617_145059 20170617_145215

前回は十二所果樹園で朝夷奈切通の鎌倉側入口へ降りたが、今回はその先へ。下はヤマユリ同様にこの時期が旬のオカトラノオ(左)と、十二所果樹園奥で見つけた面白い色模様の葉(右)。

このような種類の植物なのかとも思ったが、実際には、葉脈黄化ウイルスに侵されたヒヨドリバナ、であるらしい。それなりにしばしば見られるもので、「キモンヒヨドリバナ」の別称で呼ばれることもあるとか。この模様のヒヨドリバナの葉についての記述は万葉集にもあるのだそうで、植物のウイルス病害について記された世界最古の例だそうだ。

その記述とは孝謙天皇の歌で、行幸の際に色づいた「さはあららぎ」を見て、これを摘み詠んだものとされ、その「さはあららぎ」はヒヨドリバナ属を指すのであるとか。

この里は 継ぎて霜や置く 夏の野に 我が見し草は もみちたりけり

20170617_155522 20170617_155313

当初は、切通の金沢側入口脇の熊野神社へ降りるつもりでいたのだが、手前で分岐があり、もっと先まで尾根を辿れることが判明。さらに三信住宅へ降りる分岐も越えて歩く。大池から十二所果樹園までの間には、軍事遺構的なものとしては、前回写真を載せたコンクリート壁があるが、果樹園を超えて六浦方面への尾根道の途中でこんなものを見つけた。

左は池子弾薬庫跡地境界の鉄線柵の向こうに、唐突に立っているコンクリート門柱の残骸。門柱左右には塀などは残っていない。それにしても、何もない山の尾根上に、何の用事でこんな「裏口」が構えられていたのかどうにも謎。

右は正体不明の標石。文字も風化して不鮮明だが、「軍校」もしくは「重校」と読めなくもない。

20170617_155725 20170617_160626

ネットで調べてたどり着いたこのブログでは「重校」であるとし、横須賀にあった陸軍重砲兵学校(うちの親父の母校!?)関連のものではないかと推察している。実際、横須賀・大津にあったという重砲兵学校校長邸跡に、よく似た「重校」と書かれた標石が立っているそうだ。

さらに六浦方面に歩くと、海軍標石があった。私が確認できたのは3基(と、もしかしたら海軍標石であったかもしれない破損した根元だけのもの)。十二所側から六浦側への順番で写真を並べておく。

20170617_161609 20170617_161519 20170617_161948 20170617_162340

水道路沿いの海軍標石とは違うのはもちろん、同じ池子弾薬庫跡地外周でも、逗子市山の根の裏山尾根の標石とも字体・作りが少々異なっている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キイチゴ

●このところ連日妙に暑い。

●アケビの芽も時季を過ぎて、春の山菜類は打ち止め。

それに代わって夏前のこの時季、楽しみなのがキイチゴ類。

▼ご近所のモミジイチゴ。同じ種類でも生えている場所や時季で味が違ったりするが、ここのものは毎年甘くて美味しい。何株かあってたくさん成るのだが、急斜面に張り出して生えているので、枝垂れた先の手が届く範囲についている実しか収穫できない。

20170518_140124 20170518_140147 20170518_135701

▼鎌倉の佐助で見つけたモミジイチゴ。崖のギリギリ手の届かない場所に生えていて採れなかった。ちょっと悔しい。

20170520_160455

▼カジイチゴ。甘みはモミジイチゴよりわずかに少な目? 後味に少し苦みがあるが、これはこれで美味しい。枝にトゲがないので気軽に枝を掴んで引っ張れるのもポイント。

20170529_155313 20170529_155514

▼キイチゴではないけれどオマケ。同じように甘酸っぱいクワの実。

20170602_153738 20170602_153550 20170602_153949

これらが過ぎると、あとは秋まで、まともに食えるものは近所の野山にはあまりない気がする。残念。

●散歩の途中、ハイランドの鎌倉市(浄明寺)側の公園のヒメジョオンの花の上に、チラリと青く光る、小さな虫がいた。

翅の重なり具合から、最初はハナバエか何かかと思ったが、どうも違う。帰って調べたら、お初(少なくとも写真を撮るのは)のセイボウだった。

腹の赤いセイボウの仲間は何種かいるようだが、ちょっと丸っこい印象からみて、ハラアカマルセイボウという種類らしい。

20170602_155253 20170602_155308 20170602_155335

本当はもっとキラキラして綺麗だったのだが、全てがオートのスマホのため、ヒメジョオンの花びらとのコントラストで暗く写っている。

●その他最近の虫たち。

▼久木川にかかる橋の脇のオオキンケイギクに何匹も来ていたムナカタハキリバチのメス。スミゾメハキリバチの別名通り真っ黒。ハキリバチの仲間共通の特徴で、平べったい腹の下側にたっぷり花粉を塗り込んでいて、「邪魔すんじゃないわよ」という示威行動なのか、3枚目の写真はやたらにエビ反って見せている。

4枚目はムナカタハキリバチのオス(たぶん)。もふもふの前足を抱えるように畳んだ格好、先端がしゃもじのようになった独特の触角はムナカタハキリバチのオスの特徴であるらしい。

20170528_155928 20170528_155919 20170528_155913 20170528_155841

▼散歩途中のカミキリムシたち。

1枚目は今年初目撃のラミーカミキリ。2枚目はトガリシロオビサビカミキリ。とりあえず特徴を羅列しました的な、やっつけ仕事感満載な和名。まあ、ちょっとマイナーな種の昆虫にはありがち。3枚目は今のところまだ名前がよく判らない小型のカミキリムシ。いずれも名越切通とその付近で。

20170603_154133 20170603_160220 20170603_154231

▼その他甲虫。

1枚目。ベニホタル。名越切通脇の平場で、赤い羽根の虫が飛んでいて、止まってくれないかと待っていたら、運よく近くの葉の上に。

2枚目はホホジロアシナガゾウムシ。脚が長いかどうかよりも、妙に握るとグリップ力が高そうな翅のディンプルが気になる。体型もなんだか変だけれど。

3枚目はイタドリの葉の上にたくさんいたハムシ。サルハムシの仲間ではないかと思う。妙にすばしこかった。

20170603_155702 20170602_145236 20170603_155018

▼若干ピンボケだが、ミズイロオナガシジミ以外で初めて撮れたゼフィルス(樹上性シジミチョウ)、アカシジミ。報国寺奥の谷戸で。小川の対岸から精一杯腕を伸ばして最大ズームでようやくこの大きさ。ほかにちらりとウラナミアカシジミは大切岸で見たことがある。

20170602_162600

| | コメント (3) | トラックバック (0)

洞窟寺院

20170511_135654 ●かみさんから、「大船の観音様の向こうに、洞窟があるらしい」という、何やらえらくざっくりした話を聞く。

防空壕の跡でもあるのかと思ったのだが、ネットで調べてみるとそうではなく、お寺にある洞窟で、しかも結構有名な存在であるらしい。

ちょうど仕事が途切れて暇なので(←営業しろよ!)、11日木曜日、その通称「田谷の洞窟」を見物に行く。

なお、湘南方面の方にはまったく見慣れた風景だろうが、冒頭の「大船の観音様」というのは右写真。JR大船駅のすぐ脇の山の上に、巨大な観音のバストアップが鎮座している。子供が小さい頃には、

「実はあの観音様は山の中に下半身が埋まっていて、一年に一度山が開いて、鎌倉の大仏と対決しに行くんだ」

とかいういい加減な話を考えたこともあるが、当然ながらまったく信用されなかった。

なお、比較的ご近所に20年以上暮らしているにも関わらず、私はまだ山に登って間近に見たことがない。

20170511_142658 ●「大船の観音様の向こう」といっても、その山の裏側とかではなく、大船駅西口からバスに乗る。大船駅は鎌倉市と横浜市の境にあるが、目的地は横浜市側。

目指す洞窟は定泉寺という真言宗の寺の境内にある。ほぼ寺の真ん前に「洞窟前」というバス停があり、しかも「田谷の洞窟」と大書された看板まで立っていて判りやすい。

洞窟の正式名称は田谷山瑜伽洞(ゆがどう)。なんとwikipediaにも出ていた。真言密教の修行場として人工的に掘られたもので、戦国時代に建てられた定泉寺よりむしろ古く、鎌倉時代初期にまで遡るという。

拝観料400円を払い、ろうそくを貰って洞窟に入る。残念ながら洞内は撮影禁止。

そんな、ろうそく一本持って洞窟に入って、途中で消えたらどうすんのよ!?……と思ったが、実際には洞内は点々と照明が下がっていて、ろうそくは気分演出アイテム的な感じ。歩く風圧で3,4回消えたので、本当にこれしか照明がなかったらヤバイところだった(洞内に何カ所か立っていたろうそくで再点火した)。

写真のように入口は小ぢんまりと素っ気ないが、江戸時代まで拡張が重ねられた洞内は想像以上に深い。現存部分で500m以上、すでに崩れた部分も合わせると総延長は1kmを超えるそうな。順路をゆっくり歩いて、出てくるまでに30分ほど掛かった(ちなみに洞内は息がなんとなく白くなる程度に冷やりとして、しかも平日とあって私一人しかいなかった)。

通路は、広いところは十分に立って歩けるが、ところによっては天井が低く、かがんで進む必要がある。所々に小部屋があり、壁面や天井に仏像や霊獣その他のレリーフがある。坂東三十三観音霊場、四国八十八霊場ほか、全国百八十八霊場が勧進されてそのご本尊が並んでおり、この洞窟をめぐると百八十八カ所を巡礼したことになるらしい。なんてお手軽な!……はっ、まさか逗子の巡礼古道の「奉納百八十八番」石碑は、ここで巡礼を済ませてないだろうな!?

そういえば、「横浜市内に現存する磨崖仏は、鼻缺地藏白山道奥磨崖仏の2つしかない」と聞いたが、この石窟内のレリーフは「磨崖仏」に勘定されないんだろうか? 文字通り崖にないとダメ?

鎌倉近辺のめぼしい寺社は行き尽したような気になっていたのだが、まだこんな見応えのある場所が残っていたとは思わなかった。寺マニアも洞窟マニアも見に行って吉なり。

●帰り、大船駅の東口側に渡ってBOOKOFFに寄り(何も買わず)、そのまま北鎌倉駅まで歩く。

20170511_165848 ●判る人には判るロケーション。常楽寺交差点北側の坂。

「タケシくんもやっぱり『どうでしょう』のペースつかんでいかないと。
いいですか。四六時中面白いわけじゃないんですよ『どうでしょう』は。
……
あせっちゃダメだよタケシくん。
どうしてもね、あせって面に寄っちゃったりするでしょ?
ダメダメ。そうそう出ないんだから。
釣りと一緒だよ。何回もバラすんだから。
でもね、どっかで『クッ』と掛かるから。」

ちなみに「つるおかはちまんぐう」じゃないですよ、「つるがおかはちまんぐう」ですよ藤村D。

20170511_171545 ●北鎌倉駅近くの踏切。権兵衛、who?

このサイトによれば、昔のこのあたりの大地主の名前だそうだ)

ちなみに北鎌倉駅下りホーム沿いの道の素掘りの洞門(通称:緑の洞門)を「崩す/崩すな」の問題はまだ決着しておらず、ロックアウトされたままになっている。釈迦堂切通もそうだが、素掘りの外観のまま固めて補強するといったような技術ってないんですかね?

●このところの散歩途中の花や虫など。

20170507_161307 20170511_130128_burst01 20170511_130123

近所のウツギ。咲き揃ってしばくすると、例年通りにウツギヒメハナバチが来始めた。小さな体を黄色く花粉まみれにする働き者。といっても、年間、この半月くらいしか働かんしな。コマルハナバチ以上の短期限定季節労働者。なお、今年は去年までよりマルハナバチを見かけることが少ない気がする……。実際に数を減らしていたりしないか、ちょっと心配。

20170509_140349 20170509_140336

大切岸、モミジイチゴやナワシロイチゴと一緒に藪を作っている、同じくバラ科っぽい小灌木がちまちました花を付けていた。調べてみると、コゴメウツギというらしい。(上の)本家ウツギはアジサイ科、こちらは枝葉の印象通りバラ科で、「小さな白い花がまとまって咲く」以上の共通点はないようだ。よく見ると花びらが大小交互になったような花の形が面白い。

20170509_140110

ホウチャクソウはほぼ終わりだが、山道のあちこちでタツナミソウが咲いている。確かに名前通り、北斎の神奈川沖の波頭のような。ご近所ではこれの白い園芸種もよく見かける。

20170428_154848 20170509_140254 20170509_151546

1枚目はちょっと前に新宿の路地の生垣で見つけた、やたら肩の角が立派なカメムシ。その立派な角と背中の白紋2つでウシカメムシと判断。闘牛の風格。2枚目は大切岸で撮ったツヤツヤメタリックなハムシ。割とたくさんいる。おそらくバラルリツツハムシ。3枚目はハイランドの端のツツジの生垣に何匹も飛来していたジャコウアゲハ。

20170507_160604 20170505_095145 20170505_095149

世話もしていないのに毎年よく咲く玄関先のラベンダーにやってくるミツバチ(おそらくニホンミツバチ)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

双体道祖神補遺

●先日、逗子市教育委員会編「路傍の石仏 その二」(昭和58年)を頼りに、小坪にある7基の双体道祖神を訪ねた話を書いたが、数日前、小坪漁港の端にある佛乗院の庚申塔脇にも、小さな双体道祖神があるのに気付いた。

20170325_160619 20170325_160624 20170325_160638

「路傍の石仏 その一 逗子市内の庚申塔」、「路傍の石仏 その二」、ともにこの双体道祖神には触れられていないし、造りも新しい感じなので、「その二」が出た昭和58年よりも後に置かれたものではないかと思う。

●駅近くのローソンの前を通りかかったら、入口に「ローソンのパスタが、すごいことに!」という垂れ幕が掛かっていた。

つい、どうすごいことになったのか(腹T青木氏ふうに)妄想してみる。

・夜中になると勝手にウネウネ動く。
・麺の太さが1センチくらいになった。
・お湯を掛けると約25倍に増量。
・歯が欠けるほどアルデンテ。
・合体のうえ三段階変形。
・宇宙戦に対応。

少なくとも、ちょっと美味しくなったような気がする程度では「すごいことに!」に値しない気がする(個人的に)。仮に味が良くなったというのであれば、海原雄山が「ぬう。商品開発担当者を呼べ!」と叫ぶくらいでないと。

●環境省の生物多様性センターが運営する生物情報収集・提供システム(ウェブサイト)「いきものログ」が2週間ほど(たぶん)不通だった(昨日あたりから復旧している)。

それ以前に「いきものログ」で何らかのアナウンスがあったような覚えはない。しばらく経って、それなら生物多様性センターのサイトで判るかと思って行ってみたら、そちらもダウンしていた。しかし、環境省のサイトに行っても、特にお知らせは出ていない。

あまりに長く繋がらないので、何か深刻なトラブルでも起こっているのかと、電話で「いきものログ」の運営事務局に問い合わせてみたら、多様性センターのサーバーのメンテナンスだとのことで、問い合わせた時点(先週中ごろ)で「明日には多様性センターのサイトは再開します。『いきものログ』はもう少し掛かります」と言われた。

それならそれで、環境省サイトで案内が出ていて然るべきなんじゃあ……と思ったのだが、「メンテナンスがある旨は、生物多様性センターのサイトでは3月初めにご案内していたんですが」って、いやそれ、事前に見た人はいいけど、閉まった時点で意味ないよね!?

もしかしたら、環境省の本省と生物多様性センターって仲悪いんですかね?

●義妹から、こんな謎の食物を貰った。

20170328_203247 20170328_203354

小さな袋の片側にはローマン・アルファベットでSHAHI MEVA(シャヒ・メヴァ)と書かれている。もう片側もそう書かれているのだろうが、当然ながら全然読めない。「英語面」のほうに材料表記はあるが、生産国表記はない。ただ、あれこれ調べてみると、どうもパキスタン製のようだ。「読めない面」の表記も、(パキスタン公用)ウルドゥー語のウルドゥー文字、であるらしい。

youtubeで「SHAHI MEVA」で検索すると、TV CMらしい動画も何本か出てきた。どうもインド料理屋のレジなどに置いてある「お口スッキリ・スパイス」的なものらしい。一気に口に入れてボリボリ噛むと、(ものによってコーティング付きなので)「お口スッキリ・スパイス」よりずっと甘いものの、口いっぱいに広がる「いんどのかおり」。うはー。何かスゴイ。

●山道を歩いていると、日当たりなのか単に株の勢いの問題なのか、場所によってはアケビの芽がすでにわっさわっさ伸びているところもあり、先週後半、割と本気に収穫。

20170324_134222 20170323_175259

ちなみに1枚目の写真は藪の奥の高いところなので収穫不能。「ちっ、あのアケビの芽は酸っぱいに違いない」と指をくわえて見ていただけ。

また、毎年採っている場所でひよひよとしか生えていないために半ばあきらめていたノビルだが、勢い良く生えている場所を別に見つけたので、こちらも収穫。

20170324_135103 20170324_143059

半分は昆布出汁醤油漬け、半分は塩漬けにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京湾要塞

●先日、披露山庭園住宅入口の庚申塔の話をしたが、同様に、ポケモンgoの「ポケストップ」に選定されている、なかなかマニアックな小ランドマークについて。

横須賀線に乗っていて、北鎌倉駅で、何気なくポケストップの表示を開いてみると、「東京湾要塞第二区地帯標」なる石柱が出てきた。

そんなわけで、数日前、散歩の足を延ばして亀が谷坂を越えて北鎌倉まで歩いてみた。目当ての石柱はまさに駅の目と鼻の先。駅前の信号を渡った向かいにある。

20170309_170424 20170309_170437 20170309_170458

花崗岩製の四角柱で、上端はごく浅いピラミッド型。

正面:東京湾要塞第二区地帯標
右面:第四五号
左面:昭和十六年七月二十日建設
裏面:海軍省

「東京湾要塞第*区」というのは、おそらくセキュリティ上のランク設定のための区域指定で、実際の(東京湾防衛のための)要塞設備からの距離により、第一区~第三区まで設定されたらしい。水道路の標石ほかでさんざん参考にさせていただいた「東京湾要塞」のサイトに詳しい。要塞地帯標そのもののページはこちら。それによれば、「第二区」は(昭和15年の最終改訂で)防衛設備から5000m以内だそうだ。ちなみに、北鎌倉駅前から横須賀方面に線を伸ばすと、軍港ではなく、池子弾薬庫跡地あたりでちょうど5kmとなる。もちろん、この標石の位置が動いていないとした場合だが。

改めて前記のページを見て思い出したのだが、しばらく前に、みやまえさんが同じシリーズの標石の写真を、御自分のところの掲示板にアップしていたのだった。teacupの掲示板のURLの振り方がどういうシステムになっているか判らないが、とりあえず現時点ではここ)。

みやまえさんの写真の標石は先のページで言うと7番で、横須賀市武にあるもの。半分埋まっているので見えないが、おそらく「第一区」、しかもおそらく続き番号で建てられている標石の「第一号」。そのうち見に行きたいような気も。

●先のページによれば、もっとご近所にもう一本「東京湾要塞第*区」の標石がある。その脇を普段から比較的よく通るにも関わらず気が付かなかった。というわけで、そちらも改めて訪ねてみた。

場所は、鎌倉・材木座のぎりぎり小坪寄り。光明寺前の道が、逗子マリーナ方面(小坪海岸トンネル)、姥子台方面に分岐する三角地の角の先にある。

植え込みの中にあるうえ、半ば埋まっていて、これはさすがに傍を通っても気付かないわけだが、実際に探し当てても、表面の文字は読み取りづらい。そもそも民家の敷地内にあるので根元を掻き分けるわけにも(増してや掘るわけにも)いかない。

20170312_161926 20170312_161945 20170312_161954 20170312_162106

先の「東京湾要塞地帯標」のページでは、北鎌倉駅前の標石と仕様が似ていることから、同じく昭和十六年七月二十日建設、区域指定も「東京湾要塞第二区地帯標」であろうと推定している。

ちなみにこの地点から5kmとなると、池子弾薬庫はすっかり通り越してしまう。横須賀軍港方面だと、沼間五霊神社あたりというひどく中途半端な位置。三浦半島東岸沿いに引っ張ると、ちょうど葉山御用邸が5km地点となる。謎。

●春の散歩の植物あれこれ。

アケビが芽吹き始め、花も咲き始めた。芽が食べ頃になるくらい伸びるのは、半月先くらいだろうか。

20170309_131156 20170311_141503

モミジイチゴ(9日、名越切通)、ショカツサイ(9日、鎌倉大町)、ヒメウズ(11日、大切岸)、イワタバコの芽生え(11日、大切岸)。イワタバコの芽は縮緬のよう。

20170309_131443 20170309_132823 20170311_142330 20170311_144931

つくし(9日、鎌倉扇が谷)、まだ開きかけのキブシの花(11日、大切岸)。キブシの花はおひたし・天ぷらなどで食べられると、とあるサイトに書いてあった。誰か食べたことがあるひといる?

20170309_163409 20170311_143133

つい先日、「日本のタンポポとセイヨウタンポポ」(小川潔著)という本を読んで、改めてタンポポに注目中(というより、興味があったからこそ本を読んだのだが)。というわけで身近なタンポポ。

最初は近所のシロバナタンポポ。

20170309_125245 20170309_125224

大切岸のタンポポ群。総苞外片の形状を見る限りでは在来種のカントウタンポポのようだが、交雑種も増えているそうなので「カントウタンポポの形質が濃い」くらいしか言えない。

20170311_143312 20170311_143602 20170311_143537

近所の野原で見たタンポポ。総苞外片の形状からはカントウタンポポっぽいが、花弁が黄色に白のメッシュ入りになっている。カントウタンポポとシロバナタンポポの交雑種の可能性はあるのか? 環境省「いきものログ」の種名調べ支援で問い合わせ中。

20170312_151237 20170312_151252 20170312_151304 20170312_151330

| | コメント (0) | トラックバック (0)

双体道祖神

●先日、図書館から借りてきた資料、逗子市教育委員会(昭和58年)発行「逗子市文化財資料集(II) 路傍の石仏その二」を読んでいたら、興味深い記述があった。曰く、

昭和五十六年三月に「神奈川県の道祖神調査報告書」が県の文化財保護課から刊行された。これを見る限りにおいても三浦半島には、双体道祖神の塔は一基もないと言えそうである。ところが小坪には七基この塔が残されていたのである。

なお、この記述だと「神奈川県の道祖神調査報告書」に小坪の道祖神が漏れているように読めてしまうが、小坪の道祖神で検索してみると、「神奈川県の道祖神調査報告書」を手掛かりに訪れている人もいるようなので、おそらく「小坪のほかには一基もない」ということなのだと思われる。

主に村の守り神として置かれる道祖神のなかでも、双体道祖神は男女2神が一組となったもの。wikipediaの記述によれば、双体道祖神は関東甲信越に多いが、「山間部において濃密に分布する一方で平野・海浜地域では希薄」だそうで、それがどうして小坪にだけ7基もあるのか、なかなか面白い(といったところで理由は判らなさそうだが)。

ちなみに、みうらじゅんが「ほぼ日刊イトイ新聞」で語っているところによれば、長野あたりには歓喜天のように抱き合った双体道祖神もあるのだそうだ。ちなみのちなみに、長野の地場の出版社、ほおずき書籍出版というところから、「信州双体道祖神めぐり」という本が出ているらしい。うわ。なんかちょっと欲しいかも。

そんなこんなでいろいろ興味を惹かれたので、上記資料をもとに、散歩がてら小坪漁港あたりを歩き回ってみた(7基とも漁港周辺の神社にある)。

▼子之神社(小坪5丁目6)

小坪港前交差点脇。鳥居脇の「子之神社」と大書された石碑のそのまた脇に、庚申塔などと一緒に立っている。子之神社そのものは昭和になるまで幾度か場所を移っているそうだ。

小坪に残った7基の双体道祖神の中では、おそらく最も保存状態がよく、根元部分に若干の欠けはあるものの、2体の道祖神の衣服のディテールや顔もしっかり残っている。

もっとも、左右よく似通っていて、どちらが男神でどちらが女神なのかちょっとはっきりしない。わずかに背が低い、向かって右が女神だろうか? ちなみに「双体道祖神」で画像検索してみると判るが、べつにどちらが左右か決まりがあるわけではなさそうだ。

20170303_162720 20170303_162526 20170303_162604

▼神明社(小坪5丁目7−29)

元々の地区名で言うと西町の鎮守で、食堂「めしやっちゃん」の脇を入って山の中腹にある。その神明社の石段脇の小石塔群のなかに、3基の双体道祖神がある。まずは全景。

20170303_153816 20170303_153714

個々の双体道祖神を階段上から順に。

20170303_153358 20170303_153747 20170303_153340

1基目は横一文字にひびが入っているものの、3基のうちでは最も保存が良い。

2基目はその気になって見ればうっすらと2体浮き上がってはいるものの、ぱっと見には正体不明の石板に近い。前述の資料「路傍の石仏その二」に掲載された写真だともうちょっとはっきり人の形をしているので、30年余りでさらに風化が進んでしまったものらしい。

3基目は双体道祖神であることははっきり判るものの、破損が激しく、だいぶ残念な状態。

▼八幡宮(小坪4丁目9)

旧地区名だと南町と伊勢町の境目くらい。小坪村総鎮守の天照大神社を下ったあたりにある。双体道祖神は、社殿脇の小さなコンクリートの祠の中に納められている。割と平板な浮彫調。

20170303_164045 20170303_164102

▼諏訪神社(小坪4丁目19)

八幡宮裏を過ぎて、ほとんどハイランドまで上り詰めたあたり(というよりほとんど大崎公園入り口脇)にある小さな神社。八幡宮同様、社殿脇の小さな祠に納められている。保存状態は比較的良好。

ちなみに諏訪神社は、もともと佛乗院裏の山の中腹にあったものが関東大震災の時に倒壊し、その後現在の場所に移ったとのこと。この道祖神も元の諏訪神社境内にあったものか。

20170303_165453 20170303_165428

▼一之宮神社(小坪4丁目3−9)

小坪郵便局裏手にある。前述の資料「路傍の石仏その二」には、「高さ41cm」「木の祠の中」とある。同神社社殿の周りには木の小さな祠がいくつかあるのだが、その中身で、双体道祖神の可能性のあるものは写真(左側)のものだけだが、表面は風化・摩耗してしまい、そもそも何か彫ってあったのかどうかさえよく判らない状態。祠正面の格子の合間から撮ったので、ますます何だかよく判らなくなっている。

前出資料の前巻にあたる「路傍の石仏その一 逗子市内の庚申塔」には、

社殿の左手に木造の祠があって、この中に双体道祖神の石塔と、丸みのある自然石に「猿田彦大神」と刻んだ、明治二十四年建立の塔が、いっしょに祀られている。

とある。実際、同じ祠に「猿田彦大神」があったので(写真右)、やはりこれが双体道祖神で間違いないようだ。なお、「路傍の石仏その二」には7基中6基の双体道祖神の写真が掲載されていて、なぜかこの一之宮神社のものだけは外されている。「路傍の石仏その二」編纂時に、すでにかなり摩耗していて「載せてもしょうがない」と判断されたのかもしれない。

20170303_163414 20170303_163428

Googleマイマップで位置を記入してみた。神明社に3つ集中しているので、ポイントとしては5カ所。

●道祖神巡りの途中で見かけたスミレ(おそらくタチツボスミレ)。

20170303_170839 20170303_170829

●以下、3月8日追記。

逗子市立図書館で、上記に名前が出ている資料、「神奈川県の道祖神調査報告書」(神奈川県教育庁文化財保護課発行)を読んでみた。

上で推察した通り、小坪の双体道祖神はしっかり(7基すべて)取り上げられていた。また、どうやら双体道祖神のみならず、道祖神それ自体、基本、逗子市内では小坪にしか存在しないらしい。例外として、桜山に一基、「道祖大神」と刻んだ石碑があるそうで、これは明治の末に個人が建てたものだそうだ。

さて、この「神奈川県の道祖神調査報告書」に、小坪の道祖神に関して興味深い解説が出ている。

まずその呼称なのだが、

小坪の道祖神は七基とも全部「ドウロクジン」と呼ばれている。文字ではどのように書くのか、よくわかっていない。「道陸神」なのか「道六神」と書くのか、集落の人々は知っていない。

もっとも今では「どう書くのか」以前に、「ドウロクジン」と呼んでいたことさえ知っている人は少ないかもしれない。(もともとここの出身ではない私はもちろん知らなかった。)

また、大正末期までは、「サイトウ」と呼ばれる火祭り(=左義長、いわゆるどんど焼き)のたび、「ドウロクジン」石塔を火の中に放り込んでいたらしい。いや、そりゃ割れたり傷んだりするわけだよ! そんなわけで、道祖神塔はたびたび造り替えていたのだそうだ(以上は簡単にだが最初に出した資料、「路傍の石仏その二」にも書いてある)。つまり、上写真の中でも状態のいいものは、比較的近い時代に新調されたものなのだろう。これについてのもう少し詳細な記述を引用しておく。

 大正のなかば頃までは、一月十四日の朝、六時頃、まだ船が出ないうちに各神社毎に「サイトウ」の火を焚いた。沖へ出る前に火にあたっていったのである。このときお宮から若いしが「ドウロクジン」塔を運んできて、火の中に入れて焼いた。集落によって多少のニュアンスの違いはあるが、この一年間病気とか、数々のわざわいが家々に起こった。それらの全部を「ドウロクジン」に背負っていってもらう。そして焼き払ってもらうという意味付けをしている。集落によっては塔を火の中に入れず火の傍に置いて、火が燃えている間、塔に「おみき」を振りかけ、禍いを払ってくれることをお願いするというところもある。
 ある老人は、道陸神は書き役で、村の辻に立って入ってくる禍いを細大もらさず記録している神様だから、「サイトウ」の時に禍いを書きとめた帳面を全部焼き捨ててもらうのだと話してくれた。
(中略)
 祭が終わってから、子供たちは、家々からお賽銭を集めて、菓子などを買ってたべていた。お金を集めるとき子供たちはモッコに入れた道陸神塔を天秤棒でかつぎ、次のような唱えごとを一斉に唱えながら、各戸をめぐり歩いた。「どうろくじんのかんけい(勧化ではないだとうかと一柳太郎氏は教えてくださった)ぜねくれねえとぶっこむぞ。」
 お賽銭をくれない家があると、その門口に塔を置いてきてしまったのだという。大正の終わり頃まではこのようなことが続いていたという。

道祖神が帳面に禍を書きつけているという話は、庚申の言い伝えの三尸の虫と何か混じっているような気もする。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

庚申塔

●本来なら先月にとっくに終わっていなければならない仕事を引きずり中。おかげで模型関係もほとんど進展なし。

●2月6日、仕事でNICT(情報通信研究機構)に行った際に、その近所で見かけた丸ポスト(小金井市)。都心にはほとんど残っていない丸ポストだが、小平市を中心に西東京にはだいぶ現存しているようだ(以前、調布に行った時も行き帰りで2基見かけたし)。

ちなみに情報通信研究機構は、(検索時に出てくるHPのリードをそのまま引用すれば)「産学官で連携した情報通信技術の開発を目的とする独立行政法人」。日本標準時も司っているため、時々実施される「うるう秒の追加」の際には、ここの本館正面のデジタル時計がニュースに映し出されることが多い(その時には、「**:**:60」という表示を見ることができる)。

20170206_170006 20170206_165235

●ポケモンgoは、妙にシブい小さなランドマークがポケストップとして設定されていることがある。ちなみに我が家に一番近いポケストップは児童公園だが、2番目は県道沿いにある石屋の店先においてあるハチ公の石造りのコピー。

先日、ちょっと散歩の足を延ばして披露山に登ったら、庭園住宅入口近くの庚申塔がポケストップに設定されていた。サイト「庚申塔探訪」の逗子の庚申塔のリストにも取り上げられておらず、道からも一段上がって奥まったところにあるので、ポケモンgoがなかったらずっと気付かなかったかもしれない。

20170208_152301 20170208_152316

20170208_152414 20170208_152344 20170208_152352

そんなこんなで再び庚申塔に興味を覚え、市立図書館に寄った際にレファレンスサービスで訊ねてみたら、こんな「そのものズバリ」な資料が出てきた。

20170211_170642

「その1」が庚申塔で、これによれば逗子市内には31カ所の庚申塔があることになっている(ちなみに上記「庚申塔探訪」では24カ所)。たぶんそのうち少なくとも10カ所以上はすでに見ていると思うのだが、いずれ機会があれば残りも回ってみたいような気もする。

●今年4度目のフキノトウ収穫(15日)。

20170215_160632 20170215_174950

ひと掴みほどお向かいさんにお裾分け。ちょうど夕食が揚げ物だったので、半分は天ぷらにして食べた(若干ご近所Mさん宅にこれまたお裾分け)。残り半分は茹でて、数個はオリーブオイル和えでつまみ食い。さらに残りはそのまま冷凍保存。

●タミヤからレンドリース版ソ連軍仕様のマチルダが発売されるそうだ。単純なデカール替えではなく、パーツを組み替えて、既存キットより後期の生産仕様になっている。

作るならソ連軍仕様かなあなどと思いながら、セータ☆さんのところの「ソレマチ(ソ連軍のマチルダ〉」考証記事なども横目で見つつも、タミヤのマチルダはついついきっかけがなくて買わずに来たのだが、そうこうするうちにタミヤ自体に追いつかれてしまった的な。

●ここ2週間ほど、模型製作はほとんど開店休業状態だが、わずかに、ミニスケールのクルセーダーの予備履帯ラックを作り替え、パイロ48(旧インパクト)のマーチン・ハンダサイドの逆立ち防止スキッド先端のディテールアップ工作を行った。これらに関してはまた改めて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧