製作記・レビュー

ソミュアのケグレス(9)――荷台・その2

●「週末模型親父」さんのところの「SUMICON 2021」参加作、DESのソミュアMCG5(DES kit, #35023, SOMUA MCG5 d'accompagnement 1939/40)の製作記。

なんだかそろそろ息切れしてきた感もあるような、ないような。でもまあ、リタイアはしないよう頑張りたい。

●とりあえず、現状の仮組写真。荷台に幌が付いて、おおよそ、全体形はこれで整った感じ?

20210323_171325 20210323_171259

●前回からの進捗は、主に幌の造形。

1mmプラバンで幌の基本形を「箱組み」したところまで前回書いたが、完成後(覗き込まないとほとんど見えないとはいえ)「いかにもプラバンをバタバタ貼り合わせました」的な内部が見えてしまうとちょっと情けないので、プラ材で「クリノリン」風の細かい幌骨を入れた。

20210314_012506 20210314_012611

ソミュールの実車の場合、前後方向の骨はすべて板材なのだが、当時の実車の幌写真を見ると、屋根部分はもうちょっと角が出ている感じがしたので、屋根は丸棒、側面だけ板材にした。当時の幌内部の写真は(少なくとも私の手元には)ないので、幌骨の密度などはソミュール実車を参考にした(これも正確ではなく適当)。

後面の巻き上げた幌は、エポパテで捏ね上げるか、実際にティッシュなどを丸めて作るかするのが一般的な気がするが、前者は不得意だし(そもそも我が家にパテの在庫がないし)後者は幌の他の部分とのテクスチャを合わせるのが面倒な気がしたので、これまたプラバン積層から削り出した。

20210314_204329

写真はまだ削っている途中の写真で、この後に左右を一度切り離したり、シワを彫り足したりした。

幌は荷台に若干かぶさる形に装着されるので、前面・側面は、基本形の上から0.3mmプラバンを貼り増した。前面が黄色のプラバン、側面がグレーのプラバンなのは特に深い意味は無し。ただ、前面はおおよそキャビンに隠れるので適当でいい一方、側面はそこそこ表情を付ける必要があり、グレーのプラバン(WAVEの方眼プラバン)は柔らかめなので、シワを掘るのが楽そうと思ったのも一因。

20210315_114618

何枚かを合わせてある幌布の段差を表現する必要もあったので、幌の上面には薄い(0.1mm?)のプラペーパーを貼り増しすることにし、その幌骨表現を付けるために、天井には伸ばしランナーを貼った。

幌布同士や、幌と荷台の止めベルトはプラペーパーで追加。荷台への接続は、荷台の枠に通したロッドにベルトを通す仕組み。ロッド自体は0.5mmの金属棒を使ったが、荷台の枠の穴開けは、ドリルの刃が両側2本までしか届かず、中央の枠はロッドの金属棒自体の先を少し研いで、ドリル代わりにグリグリして開けた。本物のドリルほどではないが、レジン程度の硬さ(しかもこの程度の厚み)なら、それほど苦労無く穴開けできる。

20210323_171421 20210323_155818

上面と側面の幌布は、ソミュールの現存実車(およびいくつかの実車写真)では、前面と側面同様に、相互の幌布をまたいだ形の止めベルトで繋がっているのだが、作例のお手本とした車輛(“L'AUTOMOBILE SOUS L'UNIFORM 1939-40”、p209)ではそうなっていない。クローズアップ写真などないので詳細が判らないのだが、とりあえず「なんとなくこんな形?」みたいなディテール工作を施した。いい加減だなあ。

「謎留め具」の先端は何かループのようなものが付いているようだったので、極細の金属線を(下地に穴を開けて通して)再現した。裏側にシッポがちょっと残っているが、どうせ出来上がってしまえばほとんど見えないので放置。

表面のシワはプラバンの上から少し彫り込んで表現した。実際にはもっと「引っ吊りシワ」などあったほうがそれらしいのだが、もともと割とピンと張って張られている幌で、それなりにシワを多く彫ると、今度はその下のフレームに張り付いた部分の表現も必要になってくる。あちこち留め具があるので、自然な「引っ張り方向」も難しい。これ以上シワをつけようがない上面とのバランスの問題もあるので、あまり深入りしない方が無難かも。

幌の前面と側面、側面下と荷台、それから後面の巻き上げた幌、それぞれの止めベルトにはバックルが付くが、それに関しては今後追加の予定。どんな方法で(できるだけ楽に)バックルを表現するか、なお考慮中(というか思い付いていないので手が止まり中)。

| | コメント (4)

ソミュアのケグレス(8)――キャビン周り・その4/荷台

●「週末模型親父」さんのところの「SUMICON 2021」参加作、DESのソミュアMCG5(DES kit, #35023, SOMUA MCG5 d'accompagnement 1939/40)の製作記。

●キャビン工作の続き。

キャビンはすっかり組み立ててしまうと足元部分がうまく塗れなくなってしまうので、どうしようかあれこれ考えた結果、前後左右の4面を組んで、床に着脱可能ですっぽりかぶせることができるようにした。ここで屋根も付けてしまいたいところだが、そうすると窓ガラスが入れづらくなるので、こちらも未接着。

20210305_140536 20210305_140617

▼一応キャビンの形がフィックスできたので、屋根の第二次切削工作。フロントガラスより前の「ひさし」部分を下方に追加するとともに、全体形も若干削り直した。

20210307_095902

キットの屋根パーツでは、ひさし部分の下端ラインは地面と平行になっているのだが、現存実車の写真を見ると、どうも前に向けて傾いている感じだったので、そのように工作。

平面形は、ややドアのラインとフィットしておらず、前方に向けてもう少し絞り込まないといけないようだ。もっとも、この後ドア上には細く雨どい(?)が付くので、あまり厳密に段差を解消する必要はない。

▼ドアに蝶番を追加。

エバーグリーンの0.65mm径(たぶん)の丸棒を(例によっていい加減な治具を作って)同じ長さに切って、左右3カ所ずつに接着。およびその段階での(恒例の)仮組写真。

20210310_221231 20210310_221401

実を言えば、実車の蝶番は軸部分が継ぎ目にぴったりくっついておらず、わずかに外側に飛び出た感じになっているのだが、そこまで細かく工作すると、6カ所の形と位置を揃えるのが面倒になってくるので、手を抜いた。というわけで、現状では「そこに蝶番がある」という記号的表現にとどまっている。タミヤのロレーヌのサス・スプリングを「記号的表現だ」と批判しておきながら、このザマ!

仮組写真は前回とほとんど変わりがないが、少なくともちょっと揺らしたらすぐにキャビンが崩壊するような、トランプタワー状態(もちろん元大統領所有のビルではなく)ではなくなった。

キャビン周りのディテールとしては、他に方向指示器や屋根上の牽引状態表示板などがあるが、その辺は追々。

●キャビンの基本形は山場を越した感じなので、荷台にも手を付け始める。

荷台に関しては、初回でも触れたように、ソミュールにある現存実車とキットでは基本形状そのものに違いがある。キットのような仕様(床中央が窪んだ逆凸型)とソミュールの実車の仕様(床面がフラット)の両方があったのか、キットが正しくソミュールのものは誤ったレストアなのか、あるいはキットが間違っているのか――そのへんをきちんと判断するには資料不足で、とりあえずはおとなしく、キットの仕様に従うことにする。

▼キットのパーツ構成に従えば、荷台の後部の床中央にはウインチ(たぶん)がある。こんな場所にウインチがあったら、人が乗るにも荷物を載せるにも邪魔臭くて仕方がないと思うのだが、それでいいのかフランス人。

といっても、前述のように積極的に存在を否定する材料もないので、その通りに組むことにする。ただし、キットのウインチ・ドラムのパーツは平面形が(型ズレで)きちんと丸くなっていないので、両端をヤスってから丸く切り抜いたプラバンを足して、とりあえずパッと見は丸く見えるよう修正した(ドラムの胴の部分はきちんと円筒になっていない)。またこれが本当にウインチであるなら、フック付きワイヤーとかが巻かれていて然るべきだとも思うが、その辺も資料不足でよく判らないので放置することにした。

20210303_222904 20210305_140758

ちなみに、キットのシャーシにはちゃんとこのウインチ・ドラムに接続する位置にギアがあり、駆動系が接続している。ソミュールの現存実車に、そのギアボックスはないが、ギアボックスに繋がるシャフトらしいものが中途まである。

▼キットには幌パーツは付属していないが、実際には、後部荷台の幌は掛かっているのが常態のようだ。手元にそれほど多数の当時の写真があるわけではないが、幌無し状態のものは、キャビン屋根の形が違うタイプで2枚しか見つけられなかった(うち1枚は、どうやら熱帯地での使用)。というわけで、「面倒くさいなー」などと思いつつも、珍しく幌など作ってみることにする。

悩ましいことに、写真に残っている幌の形にバラツキがあって、どれが標準の形状なのかがよくわからない。とりあえずは、キャビン/荷台の形状がキットと同じと思われる、“L'AUTOMOBILE SOUS L'UNIFORM 1939-40”、p209の車輛におおよそ従うことにする(同じ車輛の各方向からの写真があるわけではないので、あくまでおおよそ)。幌内部に関してはソミュールの実車を参考にするが、これは幌の形が微妙に違うので、あくまで参考程度。

ただし、前述のように幌の形にバラツキがあると言っても、全体の形状が、よくある「数本の横骨に帆布を掛けたもの」ではなく、縦方向にも多数の骨があって、ガッチリと形状を保持している――ガチガチの矯正下着入りというか、一言で言うと「クリノリン・スタイル」であることは共通している。さすが「おフランス」、オシャレざます(そうか?)。

そんなわけで、これまた「プラバン組み」で基本形状を作ることにする。

20210310_060841

基本材料は1mmプラバン。屋根部分は4mm幅に切ったものをスダレ状に並べて製作。おおよそ形状が出来上がったものは以下。

20210311_230437 20210311_230501 

後面は巻き上げた状態に作るつもりなので、現在は全開放状態。この後、若干の凹凸を付けるとか、上から薄いプラバンやプラペーパーを貼るなどして、ディテールを付けていく予定。

| | コメント (4)

ソミュアのケグレス(7)――エンジン・ボンネット

●「週末模型親父」さんのところの「SUMICON 2021」参加作、DESのソミュアMCG5(DES kit, #35023, SOMUA MCG5 d'accompagnement 1939/40)の製作記。

ドアの作成と並行して、エンジン・ボンネット周りもいじっていたので、そちらも続けてUPしてしまうことにする。なんだかアニメの「2話一挙放送」みたいな。

●キットのエンジン・ボンネットは、前面のラジエーターから上側面までゴロンと一体成型。モールドは、ラジエーター前面の筵(むしろ)のような表面が細かく再現されているのは高く評価すべき点で、もしここが縦線だけでのっぺりした表現だったりしたらと思うと、ちょっとコワイ。

が、それ以外に関して言うと側面のルーバーは不揃いだし、ディテールは大味だし、原型工作時の削りや接着の跡などもなんとなく見えて、ソフトスキンの繊細さには不足している感じ。というわけで、ちょこちょこと細部のディテールを追加し、少しは繊細さを"窺わせる"ことを目指してみる。具体的には、

・ボンネット上側面の「縁」は、板金を折り返し加工しているのか、チューブ状になっているので、伸ばしランナーを削ってカマボコ断面にして貼り付けた。

・ボンネット上面中央の蝶番は、両側に細くベロがあるようなので、プラペーパーの細切りを貼った。

・ラジエーターの枠部前面は、キットはのっぺり一つの面になっているが、実際には段差があるのでプラバンを貼ってからヤスって薄くして再現。それに対応して枠部側面にも筋彫りを入れた。

・ラジエーター枠部前面下部には左右三カ所ずつ、ワッシャー付きネジ頭があるようなのでこれを追加。ただし、大きさ的に都合がよく移植したのはタミヤのヴェスペの起動輪ハブキャップのワッシャー付きナットで、やや突出が目立ち過ぎだったので取り付け後に若干頭をヤスった。なお、接着時に瞬着で一発でズレなく、周りを汚さずに付ける自信はなかったので、事前に接着位置にドリルで穴を掘り、プラ棒を埋めて「のりしろ」とし、通常のスチレン樹脂用接着剤でネジ頭(のつもりのナット)を付けた。

20210225_150034

・ボンネット側面板下部4カ所にある留め具(フック)は、実車とだいぶ形(というより状態)が違う。上端にリングが付いているのは実車同様だが、実車では扁平なリングの端にあるツメをボンネット側面板にある金具に引っかけるようになっていて(形状は違うが、仕組みは米軍のジープのボンネットストッパーと同じ)、引っかけたときに、輪は側面板に対し垂直に立つ形になる。キットのように横にべったり寝てしまうことはあり得ない。

20210225_203258 20210225_203055

問題はそのリングをどう作るかだが、結局、0.5mmのアルミ線で一度リングを作ってから潰して扁平にした。形がやや不揃いだが、どうせこの大きさなら、付けてしまえば判らないって(適当)。

なお、このアルミ線は、以前にI号戦車A型を作った際、第一転輪のスプリングを作るのに買ったもの。加工するのに柔らかくて扱いやすく、しかし小さなもの向けなら十分な硬さもあるので、意外に重宝する(前回のドア内側のコの字の取っ手も、このアルミ線で作った)。

・ラジエーター前面には、「SOMUA」のロゴ・エンブレムが付く。当初は「取れちゃったことにしよう」などとも思っていたのだが、さすがにこれだけ自己主張が激しいエンブレムは、ないと点睛を欠く感は否めない。たぶん実物は真鍮製か何かだと思うので、真鍮エッチングで作れれば言うことなしなのだが、さすがにこれ一つだけのためにエッチングを製作するのは手間もコストも許容範囲を超えるので、プラバンから切り出すことにする。

20210226_171607 20210226_180907

ナイフ、エッチングソー、ヤスリなど駆使してなんとか彫り上げたが、特に「S」字の上の隙間は外周からアクセスできないので難しく、結局、Sの中心のナナメ棒が細くなってしまった。

●というような工作を経て、ボンネット周りのbefore/afterが以下。

20210223_2251562

ラジエーターとシャーシを結合する左右のディテールを除いては、この部分の追加工作は終了(のはず)。

●恒例、現状パーツによる仮組み。キャビン周りはなお若干のすり合わせが必要な感じで、一度マスキングテープなどで止めて、もっときちんと仮組みしてみるべきかも。

20210228_212330

| | コメント (4)

ソミュアのケグレス(6)――キャビン周り・その3

●「週末模型親父」さんのところの「SUMICON 2021」参加作、DESのソミュアMCG5(DES kit, #35023, SOMUA MCG5 d'accompagnement 1939/40)の製作記の続き。

●ドアを作る。

先述のように、キットのドアは真っ平らだが、実車のドアは緩やかに外側に向けて膨らんだ形状をしている。

どれくらいの膨らみ具合かは、先日削った屋根との現物合わせで決めたが(要するに適当)、端と中心との差がおおよそ1mm弱。つまり、1mm厚のプラバンを円弧断面に削れば、ほぼぴったり収まることになる。

窓をくり抜いてから削るか、削ってからくり抜くかは少々考えたが、くり抜いてから削ると窓枠部分と下部とで削り具合が不均等になりそうだったので、窓は後から開けることに。ただしゲージとして、あらかじめ窓部分を抜いた0.3mm方眼プラバンを裏に貼り合わせて(端部の厚みを保持する目的も兼ねて)、その後ゴリゴリと削る。下左写真は、右が削る前の下準備状態。左がおおよそ外形を削り終えた状態。

屋根と違って目安となる等高線などはないが、横から光を当てるなどしてカーブの具合を確認しつつ削り、おおよそ満足のいくカーブが仕上がったら、裏の方眼プラバンに従って窓を開ける。

20210224_004546 20210226_004604

その後、ディテールを追加、フェンダーに合わせた下部の切り欠きも加工した。

20210302_185140 20210302_192834

表側のレバーと裏側の窓ガラス上下用のハンドルはキットのドアパーツのモールドを移植。レバーの位置は、実車ではだいぶドアの端寄りのようなので、キットのモールド位置よりも外側に寄せて接着した。

裏側のレバーはキットにモールドがなく、コの字の取っ手は片方のドアにだけあったが(もう片方は成形不良で欠落)、そもそも形もよくなかったので、新たに製作した。新しく作った裏側のレバーは表側のレバーよりだいぶ低く、小さめになってしまったが、これは製作途中で仮組みしてみたら、表と同じ大きさで作ると椅子の背と干渉することが判明したため。実車はたぶん同じ形/同じ大きさだと思う。

また、実は取り付けてある高さも表より若干高くズレているのだが、これは帯状の凸部を深く考えずにキットパーツに合わせた幅で作ってしまったせいで(レバーはその凸部の下端近くにある)、本当は凸部をもうちょっと幅広に作るべきだった。実を言えば、窓ガラスの開閉ハンドルも、もう少し内側寄りが正しい。これもキットのモールドに無批判に従ってしまったせい。わざわざ鉛筆で十字に取り付け位置を記入してあるのがちょっと侘しい。

というわけで、ディテール的にはいい加減で、「まあ、内側にはそういうディテールがあるんですよ」という存在証明程度にしかなっていない。が、面倒なので作り直さない。はっはっは。私にそれほど高度かつ厳密な工作を求めてはいかんよ。

●もちろんドアを作ったら「はい、キャビンは終わり!」というわけにはいかず、各部をきちんとフィットさせる必要がある。そもそもキットのドアパーツは寸法がいい加減なので、新パーツは改めて前面・背面とすり合わせて寸法を出さないといけないのだが、その前面・背面と、位置決めの基準になる床面とのフィットが今一つキッチリしていない。当初、キットの背面パーツをそのまま床面に接着しようとしたら、前のめりに角度が付いた。

とりあえず、そのあたりは削り合わせて、床面と背面は一度は接着してあったのだが、ドアと、それを介しての前面とのフィッテイングを見ている間に、背面パーツの微妙な変形やパーツ端部の成形の粗さが嫌になってきて、結局、「細かな難点にひとつひとつ対処するよりは」と、床面から背面パーツをもぎ取って、新たにプラバンで作り直してしまった。

20210302_162137

椅子の背部分はキットパーツでは背面板と一体になっているため、これもプラバン+プラ棒でおおよその外形を作って削り出し。なんだか今回、プラ材からの削り出しばかりやっている気がする。荒目のスティックヤスリ、大活躍。

なお、新造した方の背面板で後部窓の上下にレール状のものがあるのは、実車の窓が横にスライドして開く構造になっているため。もちろん、それらしくプラバンの細切りを貼っているだけで、可動の再現は考えていない。

●キャビンに関しもうひとつ問題は、「全部組み上げてしまうと中が塗れない(特に椅子が塗り分けられない)」ということ。もちろん手間を惜しまない人なら、「塗りながら組めばいいじゃないか」ということになるのだが、塗装があまり好きではない私は、できれば後でまとめてやっつけたい。

これに関してはあれこれ手順を考えたが、上記のように背面板の椅子の背を別部品として作ったついでということもあって、塗装の便を考え、床部品から椅子の座面をノコギリでスライスして切り離した。その後、ハンドルやペダル、レバー類を接着。基本はキットのパーツを(若干の疑問はありつつも)そのまま指定の場所に取り付けたが、ハンドルの軸は、誘導輪軸に使ったのと同じ、ドラゴンのT-34の角型燃料タンクのランナーがぴったりの太さだったので使った。妙に今回、このランナーの活躍場所が多い。

20210302_161648

後々の取付の際にズレなく簡単に取り付けられるよう、我ながら「余計な努力を……」と思ったものの、椅子の土台と座面の接合面にはわざわざダボを新設した。部分的に白いのは、ノコギリを入れた跡がデコボコになったのを(プラバンと瞬着で)修復したため。

そんなこんなで、結局、キャビンの前後上下左右6面のうち、4面が自作になってしまった。レジンキットの作り方として、何か間違っている気がする……。

20210302_161801

| | コメント (0)

Wz.14/19 100mm榴弾砲 IBG 1:35

20210219_213319 ●IBGの新製品、Wz.14/19 100mm榴弾砲・機械化部隊型(Wz.14/19 100mm Howitzer Motorized Military、#35060)を購入したので、簡単にそのキット紹介など。

新製品とは言っても、実際にはすでに数年前(Scalematesによれば2014年)に出ているシュコダ100mm榴弾砲 vz.14/19に新パーツをいくつか追加したバリエーション・キットで、シリーズ5作目ということになる。一応、以前の4作のラインナップを記しておくと、

  • シュコダ100mm榴弾砲 vz.14/19(#35025):vz.14榴弾砲を第一次大戦後に改良・長砲身化したタイプ。
  • シュコダ100mm榴弾砲 vz.14(#35026):キット番号はこちらが後だが、砲自体はこちらが第一次大戦中にオーストリア・ハンガリー軍向けに生産され使われた最初のタイプ。
  • 10cm LeFH 14/19 (t)(#35027):車輛牽引用にゴムタイヤを付けたvz.14/19。LeFH 14/19 (t)は接収使用したドイツ軍呼称。
  • Obice da 100/17 Mod. 16(#35028):イタリア軍型。山砲タイプ?

●実際の砲は、上にも書いたように当時オーストリア・ハンガリー領だったチェコのシュコダ社が同国軍向けに開発した榴弾砲で、最初のvz.14(14年型、の意)、オーストリア・ハンガリー軍名称「10 cm M.14 Feldhaubitze」は、同軍で6500門近く、さらにその山砲型であるM.16は350門近くが使われたらしい。

大戦中の鹵獲、および戦後の賠償で同砲を大量に入手したイタリアでは、独自の改修なども加えつつ、第二次大戦まで使用している。

一方、戦後独立したチェコスロバキアでは、シュコダ社が長砲身化した改良型であるvz.14/19を開発。これはポーランド、ギリシャ、ユーゴスラビアなどに輸出された。特にポーランドでは、1920年のソ・ポ戦争当時に多数を購入しただけでなく、1928年~39年にライセンス生産も行われている。

また、ドイツは大戦初期にチェコ、ポーランド、ギリシャ、ユーゴの砲を接収・鹵獲、主に二線級部隊で使用している。

20210219_213427 ●というわけで、今回私が購入したのは、ポーランド生産型で、車輛牽引用のゴムタイヤ付きのもの。

あー。S Modelのポルスキ・フィアットのハーフトラックを買うときに、「どうせ牽引させる砲もないし」と、基本形のwz.34を買っちゃったけど、こんなことなら砲牽引車型のC4Pにしとくんだったー。

先行キットのシュコダ100mm榴弾砲 vz.14/19(#35025)、Obice da 100/17 Mod. 16(#35028)の2種に関しては、発売後間もないころに、hideさんが簡単なレビューを上げている。それにしても、hideさんは音沙汰なくなって久しいが、今頃どうしているやら。ちなみに、その時のレビューでhideさんは「da100/17は伊軍お馴染みガントラックの備砲になって(中略)ついでに出さないかなぁ、IBG」と書いている。出しましたよー。出ましたよー。(→コレ

さて、hideさんのレビューを読んで貰えれば、実はそれ以上あまり言うことない気もするが、それでは身も蓋もないので改めて紹介。中身は、プラパーツの枝が大小取り混ぜて6枚。金属製削り出し砲身が付属、デカールが1枚。エッチングは無し。

▼まずはプラパーツについて。基本パーツの以下の2枝はシリーズの先行キットと共通。

20210220_011308 20210219_213630

左がA枝。基本、砲架周りのパーツ。右がB枝で揺架に付く細部パーツや防盾関係。B枝のパーツでかなりの割合を占めるフェンダー付き防盾や、いかにも旧式野砲っぽい、防盾前に付く椅子などは、シュコダ製のオリジナルの3バリエーションに使うもので、今回のポーランド型の場合はごっそり不要パーツとなる。

残りの小さな枝群が以下。

20210219_214355

一番右のG枝は砲身(とその関連パーツ2つ)だが、前述のように砲身は金属挽き物が入っているので、こちらを使う人は少なそう。左のH枝2枚はポーランド型の車輪。もしかしたら、やはりIBGから最近出た75mm mle.1897のポーランド仕様にも使い回しできるのかもしれない。まん中のI枝はポーランド仕様の(フェンダーが付いていない)防盾ほか。なぜか組立説明書のパーツ展開図では、このパーツも「×2」(つまり2枚入り)と表記されている。「小パーツの中に2組必要になるものがあるのか? 欠品か?」と一瞬焦ったが、どうもそういうこともなく、単に説明書の表記ミスのようだ。

G枝(砲身)はシリーズ最初のキットにも入っていた枝で、残る3枝(H枝2枚とI枝)が今回のポーランド型用の新パーツということになる。

プラパーツ群は全体に「良くも悪くもIBG」な感じで、即座に「これはアカン」と断じるような部分はない(と思う)が、全体的にシャープさや細部ディテールは不足している。

「全体的にピリッとしないなあ」以外に、現時点で個人的にだいぶ気になっている点は以下の2つ。

・尾栓は開いた状態……なのかと思いきや、右写真のパーツを側面の窪みにはめ込むよう指示されている。するとどうなるかというと……尾栓の左右は「閉じた状態」を表しているにもかかわらず、肝心の中心部は筒抜け。「町京子ちゃんの首はどこにある?」状態。なんだそりゃ。

20210225_193822 20210225_210133

・ポーランド軍用の防盾は、私の入手したキットでは、やや中心が膨らんだような形状になっていた(下写真では、上縁部分の影の付き方でなんとなくわかるのではないかと思う)。ポーランド型の防盾は実は平らじゃない、なんてこともあり得るのか?とも思ったが、ランナーそのものがややねじれが出ていたので、やはり単純にパーツに反りが生じているようだ。

20210225_194023

実のところ、シュコダ100mm榴弾砲 vz.14/19の防盾についてhideさんが書いているように、このポーランド仕様の防盾もやや厚めで、できれば0.3mm板あたりで作り直したいところではあるが、そこそこ表面ディテールのモールドがあり、かつ、下部は緩やかに曲がっているので、自作はそこそこ面倒くさそう。悩ましい。

▼金属砲身について。

20210219_214441 20210219_214625

金属砲身付きなんて、なかなか贅沢だね!……というのは、まあ、その通りなのだが。これについては、hideさんがすでに言及している通り、

  • ライフリングがやや大げさ。
  • ライフリングの切削屑が、そのまま砲口奥に残っている。
  • 中途の"たが"のように太くなっている部分のプロポーションがややおかしい。

など、あれこれ問題がある。しかし、ライフリングが大げさだからと言って、逆にライフリングのないプラの砲身を使う(自分でライフリングを再現する?)という人はまずいないだろうし、切削屑については掻き出すとなると面倒くさそうだが、黒く塗ってしまえば処理しなくても構わないかもしれない。

プロポーションに関しては、プラ砲身のほうを使えば削って「たが」を作り直すことは可能かもしれないが、その場合、砲身の台座部分駐退復座レールに乗る部分も(たがに合わせて溝があるので)作り直す必要が出てくる。結局のところ、「これはこういうキットだから」と割り切って作るのがよさそうだ。いや、だって金属砲身もったいないでしょ(←貧乏性)。

▼デカールは4種類、とはいっても、防盾表側、向かって左上に記入される女性名が4バリエーションあるだけ。

20210219_214746

入っている名前は、MARYŚKA(マリシュカ、マリアの愛称?)、BAŚKA(バシュカ、バルバラの愛称)、URSZULA(ウルシュラ)、ZOŚKA(ゾシュカ、ゾフィアの愛称)の4つ。実は先に発売された同じくIBG製の、大戦後半、自由ポーランド軍で使われたアメリカ製75mm mle.1897のキットにも同様の女性名デカール(ゾシュカを除く3種)が入っていて、「そんなに大砲に同じ名前ばっかり付けてるのかよ、ポーランド人!」って感じ。アントン、ベルタ、ツェーザー、ドーラ……みたいにアルファベットに対応しているっぽくもないし。

も一つ問題は、箱絵はオリーブグリーン一色だが、説明書の塗装説明は1939年戦役時の第10機械化騎兵旅団所属の3色迷彩のみで、「名前は4つの中から自由に選んでね」状態。ナニソレ。

| | コメント (4)

ソミュアのケグレス(5)――キャビン周り・その2

●「週末模型親父」さんのところの「SUMICON 2021」参加作、DESのソミュアMCG5(DES kit, #35023, SOMUA MCG5 d'accompagnement 1939/40)の製作記の続き。

●おおよそ屋根は削り終わったが、キャビン側がきちんと形になっていないと、屋根の仕上げもできない。

本当はドアを削ろう……と思っていたのだが、窓をくりぬくのが面倒臭そうだったので後回しにし、まずはキャビン前面パーツをいじる。

このパーツで一番大きな問題は、前面がウネっていて、ボンネット部品と綺麗に合わさらないこと。おおよそ、真ん中が窪んでいる感じなので、人によってはポリパテを盛って削りそうだが、私自身はパテ工作が非常に苦手なので(というより、我が家にポリパテがないので)、とりあえず前面を粗く削り、プラバンを貼り増して削った。

側面にある小パネルのモールドと上部の燃料注入口のモールドは、当初は残しておくつもりだったのだが、このモールド自体もあまり綺麗でなく、またこの面自体も若干の凹凸があったので、ディテールは後で再生することにして、一緒に削り落としてしまった。

20210220_1231002

また、この突出部の前面には、周囲に薄い鉄板で縁取りがある。

全体が直線なら単純にプラバンやプラペーパーを帯状に切って貼ればいいのだが、曲線もあるとなると、均等な幅に切るのが非常に面倒になる。

どんな手順で工作するかあれこれ悩んだ末、0.3mmのプラバンを一度少量の瞬着で仮止めし、外周を綺麗に削って合わせた後に剥がして、外周だけを細く切った。……というより、割と粗く切り出したのちに、細く均等な幅の帯になるよう手作業で削り込んでいった。

薄くてすぐにグニャグニャするプラバンを細く削り込んでいくというのは厄介で、削り始めてすぐに「こんな手順でやろうとするなんて、バカ?」と思ったが、もう始めてしまったものは仕方がないので、そのまま削り上げた。

20210220_194548 20210220_212647

……型紙でも作って、まずは内側をくりぬいたプラバンを作って前面に貼り、そのあとで周囲を削り落とせばよかった。

その後周囲のモールドを再生。上面には、キットでは忘れられていた通風孔と思われるフラップを追加。また、垂直面と突出部の接合部(入隅部分)には、伸ばしランナーを接着した。

なお、レジンパーツとプラパーツを接着するには基本瞬着を使用するわけだが、側面のパネルと上部フラップについては、接着時に余裕をもって位置調整がしたかったので、ひと手間掛けて、レジンパーツの表面を浅く彫り込んでプラバン片を瞬着で接着。その後ツライチになるよう削り込んで接着面の「受け」とし、パーツを普通のプラ用接着剤で付けられるようにした。

まあ、こんなことしなくても、普通はゼリー状瞬着を使うか、プラ用接着剤で仮止めしてサラサラ瞬着を流し込むか、で済むんだけれども。

20210222_101907 20210222_160445

先述の、前面周囲の「フチ」に関してはヤスってかなり薄くし、その上に小リベットを並べた。小リベットは(側面パネルのものも含めて)タミヤの48マーダーIIIの転輪周囲のもの。

以上の作業を終えて、また例によってシャーシ上に上物主要パーツを並べてみたのが以下。

20210222_164509

まだ道のりは遠そう。

| | コメント (2)

ひぽぽたまんデカール

●すでに前世紀の話になってしまったのだが、nifty模型フォーラム時代からの友人、はるとまん氏と共同で35AFV用のデカールを自作して、コミケだの、模型店への委託だので少数売ったことがある(1999年~2000年)。

図案は私がお絵かきソフトで(ぶっちゃけて言うとwindowsのペイントで)制作し、それをはるとまん氏があれこれ調整して、氏の持っていたアルプスのプリンター(白が印刷できる!というので、デカールを自作したいモデラーの間で人気があった)で刷る、という共同作業で、私:かば◎と、はるとまん氏(模型仲間内での呼称はたまん、たまんちん、たまんさんetc.)の名前を掛け合わせて、レーベル名は「ひぽぽたまんデカール」。

20210218_233250 中身は私の趣味全開(言ってみれば私の趣味に無理矢理たまん氏を付き合わせた感じ)で、第1集が小国陸軍詰め合わせ(ハンガリーとブルガリアとスロバキアと中国)、第2集がフィンランド、第3集がルーマニアだった。

改めて見てみると、考証のミスがあったり、中間色のベタがうまく出ずに細かい縞模様が入ってしまっていたり、そもそもベタのクリアデカールのシートに印刷しているのでいちいち切り出す手間がかかったりと、いろいろ問題もある。が、何より最大の問題は、自分が欲しくて作った癖に、これを使った私自身の完成品が今なお一つもない、ということだろうと思う。

いやもう、デカール作ってから5分の1世紀過ぎちゃいましたよ。かろうじて、デカールまで貼った作りかけとしては、スロバキア陸軍のLT-38がある。……今年は完成させたいなあ。

なぜいきなりそんな昔話をしているかというと、現在進行中の「SUMICON 2021」でご一緒している「遼太郎」さんが、なんとこのひぽぽたまんデカールを使って作品を完成させたことがある!というのが判ったため。ご本人の許可を頂いて、作品写真を掲載させていただくことにした。

836 840

一瞬、「わ、すごい、TACAMだ!」と思ってしまったが、よく見るとIII突用のStuKを流用した即席マーダーIIIというレア車種(サイバー白箱でキットが出ている)。いやまあ、実際にTACAM(=対戦車自走砲)ではあるんだけれども。

デカール指定の車種でなく、いわゆる「IF仕様」だが、TACAM R-2用の塗装とマーキングがバッチリ合っていて、いかにも「ありそう」な雰囲気。ルーマニア軍の「カーキ色」がどんな色だったかはルーマニアのサイトの掲示板でもあーだこーだ論争になっていたくらいで、実際のところよく判らないのだが、遼太郎さんのこの作品の色は、私のイメージするルーマニアン・カーキ(ちょっと緑色に振れた感じのOD色)にもよく合っていて素敵。

今度たまんちんにも教えてやらなきゃ。

20210218_173125 ●母が、田舎(奄美大島)から“たんかん”が届いたので取りに来いというので、川崎の実家に泊りがけで出掛ける。たんかんは(日本では)奄美、沖縄あたりでのみ作られている亜熱帯産の柑橘類で、wikipediaによればポンカンとネーブルの交配種だそうだ。何年か前、ミカンコミバエが発生して島外への出荷が禁止されたりしたが、その後復活した。

親戚(従姉)が地元で買って送ってくるものなので、都会で流通するような見栄えのいい実ではなく、見てくれは何となく悪いが、味は悪くないはず。一般に、普通のみかん(温州みかん)に比べ非常に甘みが強いが、皮が薄いくせに剥きづらい。今回貰ってきたものはまだ食べていないが、さて、今年分の味はどうかな。

20210218_094158 ●昨日(18日)は今季一番の冷え込みだったとか何とか。ただ、その前日・前々日あたりと違って風があまりなかったのが救い。

右は実家の近所、団地の日陰の斜面で見た霜柱。

●我が家の近くにある国の史跡「名越切通」は、切通本道と、隣接する「まんだら堂やぐら群」、北東に伸びる尾根筋の「お猿畠の大切岸」が指定区域だが、数日前に歩いていたら、その大切岸下の遊歩道の北東端の藪が切り開かれて、その先に歩けるようになっていた。

20210211_141313 20210211_141218 大切岸北東端の「水道山」(鎌倉逗子ハイランドに水道を供給する施設がある)南面には、崖に巨大な横穴があって、10年前、東日本大震災の直後に散歩していてその横穴にたどり着いてびっくりしたのだが、その後、藪に覆われて見に行けなくなっていた。

今回、道が切り開かれたおかげで、久しぶりに見ることが出来た。震災直後に大穴を初めて訪れた際の記事はこちら。この時は「巨大なやぐら」と書いているが、実際にはやぐらではなく、石切り場の跡だと思う。

右写真、1枚目は大切岸下遊歩道の突き当たりから新しく切り開かれていた小径。笹薮を突っ切る形。さすがにこの笹薮がそのままの状態のところはなかなか歩けない(と言いつつ、ちょうど1年前、そんな笹薮にhn-nhさんとみやまえさんを道連れにして突入したが)。

この小道をそのまま道なりにどんどん進むと、やがてちょっと下って、水道山の尾根から名越里山に下る山道に合流する。その途中に、斜面の上に上がる分かれ道があって、落ち葉に埋もれかけた古い石段がある(写真2枚目)。これを上がっていくと、例の大穴がある。震災直後の記事で、「藪に埋もれかけた石段が下の方にあるのだが、下っていったら竹薮で行き止まりになった」と書いてあるのが、今しがた登ってきた道だったという次第。で、久しぶりに見た大穴がこちら。

20210211_142009 20210211_142028

家具など持ち込んで悠々暮らすことが出来るほどの広さがある……が、このところ逗子近辺では崩落死亡事故が何件も起きているので、不用意に入ったりしないことにする。何しろこんな場所で崩落に巻き込まれたら、しばらく発見されないことは確実。

| | コメント (4)

ソミュアのケグレス(4)――キャビン周り

●「週末模型親父」さんのところの「SUMICON 2021」参加作、DESのソミュアMCG5(DES kit, #35023, SOMUA MCG5 d'accompagnement 1939/40)の製作記の続き。

●前回の車体前端部の工作に関しては、その後、シャーシフレーム先端の切断部分を少々削ったり盛ったりして、超壕ローラーの位置をやや高めて再接着した。ついでに「上物」も仮に置いてみて様子を見たのが以下の写真。

20210214_202244

友情出演の阿修羅さんは35等身大よりやや大きめ。35倍してみたら、身長2m20cmくらいだった(髷含まず)。

●そのままエンジンボンネットの追加工作とかキャビン前面とのフィッティングとか、とも思ったのだが、ちょっと矛先を変えてキャビン屋根を作ることにする。

キャビン屋根については、そもそもキットのパーツのまま何も考えずに組もうと思っていたのだが、たまたまfacebookで同じキットを組んでいる方から「厚み不足では」と指摘され、「そう言われれば、なんとなくそんな気がしなくもないような」と考え出す。それだけならパテ盛りかプラバンの張り増しをして削って修正、というのもよかったのだが、ここで、初回に書いた「ドアパーツの微妙な歪みの修正が面倒なのと、そもそも寸法が合わないので新調しよう」問題が再浮上。

キットのドアは(歪みは置くとして)基本、まったく平板状になっているのだが、実車写真を見ると、どうもこのドアは緩やかに外側に向かって膨らんでいるらしい。以下は、"L'AUTOMOBILE SOUS L'UNIFORME 1939-40"からの引用。

20210216_005058

ドアに光が当たっているので、アールが付いているのが判りやすいと思う。

一方で、キットの屋根パーツは、平板なドアに合わせて、平面形の左右は直線的に前方に向けてテーパーが入った状態になっている。結局、全体的に形状を直すならと、プラバン積層のブロックから削り出すことにする。写真右がキットパーツ、左が削り出す元のブロック(基本は1.0mmプラバンの積層。一部2mm角棒。写真は裏側で、裏が真っ平らな塊というのも何か嫌だったので、2mm分ほどは窪んでいる。下は平面形出しのためのテンプレートとして切り出した0.3mm方眼プラバン。

20210215_154215

削っている間にいちいち確認し直さなくてもいいように、ブロック裏側後辺の中央には、ノコで刻み目を入れてグレーのプラバンを埋め込んで、中心線の印とした。

●というわけで、ガリゴリ削り作業中。

表側に関しても、一番上の1mmプラバンを中心線で分割し、色プラ(タミヤ48マーダーの、リベットを削いだあとのジャンク車体)を挟み込み、削り作業中に常に中心線を確認できるようにした。金剛力士様は力業の具現化として御登場頂いたもの。ほぼ35等身大。

20210215_205145

削り始めて思ったこと。……タミヤの白いプラバン固いよう。ここは昔ながらのバルサとか朴材とかにすべきだったんじゃないかと、ちょっと前の自分を小一時間(以下略)。

いやいや。バルサや朴材だと簡単にエッジを潰しそうだし。瞬着の目止めとかも、一度してみたい気もしたけれど。とにかくもう削り始めちゃったわけだし。って、そんなことをぐじぐじ言っている間に、小一時間、一心に削れ!(金剛力士様よりのお達し)

散歩の途中でブロック塀とかにがーーーーーっと擦り付けたらたちまち削れるんだろうなあ。

●削り作業途中経過。

プラバン積層のメリットは、積層した接着面が等高線として出てきて、削る目安となること(もちろん、バルサとか朴材でも何かを挟んで積層すればいいわけだが、プラ材はまったく硬さの変化などが出ないのがよい)。

以下はまだあまり削っていない段階(左)と、だいぶ削り進めた段階(右)の写真。等高線が徐々にまん中寄りになり、最上部の1mm厚で挟んだ中心線の色プラもやや短くなっているのが判ると思う。

もっと厳密・正確に削る場合には、もちろん、断面形雌型のテンプレートなどを用意すべきだが、この屋根程度なら、等高線頼りの目分量でもなんとかなる。ただし、もっと見やすくするために薄い色プラ材を(水平方向にも)挟んだほうがよかったかな、とも思う。

20210216_004741 20210216_164711

キットの屋根パーツは、前述のように平面形で左右辺が直線的にテーパーがかかっていて、さらに側面形でも上部ラインが直線的。仕上がりの目標としては、「どの部分も緩やかにカーブ」。なお若干削り進めるかも。また、屋根前端、フロントガラスよりも前の「ひさし」の部分は、後ろ側に比べて一段下に長くなっているので、今後、その部分を貼り増す必要もある。

| | コメント (4)

ソミュアのケグレス(3)――車体前端部の改修

●「週末模型親父」さんのところの「SUMICON 2021」参加作、DESのソミュアMCG5(DES kit, #35023, SOMUA MCG5 d'accompagnement 1939/40)の製作記の第3回目。

●前回書いた、足回りの組み立てが一段落した段階では、

「やれやれ、これで一番面倒な部分はクリアした! あとはちょっと気になる部分とか、いじっていて楽しい部分にちょちょっと手を入れるだけだ!」

なんて、すっかり山場を越えた的な気分でいたのだが、実際には、まだまだ地雷原は抜けていないことが判明した。やれやれ。

●とりあえずシャーシが形になったので、上物に取り掛かろうと思い、キャビン周りの仮組みやすり合わせなどを作業中。

まず、キットのラジエーター~ボンネットのパーツは以下のような感じ。ボンネットサイドはシャーシフレームに乗っかるが、ラジエーターグリルの下端はそれより下に出っ張っている。これはこの当時の車(特にトラック)にはよくあること。組み立てる時は、この出っ張ったラジエーターグリル下端を、シャーシの前端に引っかける形になる。

一体成型のラジエーター~ボンネットパーツがやけに分厚いのは、その分変形がなくて助かっていると言えなくもないし、「ボンネットサイドのルーバーの高さが揃ってないじゃん!」というのは、キットのおおらかさだと取ってもらってスルー推奨。

20210211_123906 20210211_123825 20210211_124014

●が、この過程で嫌なことがわかった。

上の2、3枚目の写真に写っているキャビン床~前部フェンダーのパーツは、取付位置のガイドなどはないが、足回り(前輪と履帯)とフェンダーとの位置関係で、おおよそ位置は確定できる。

が、先述のようにラジエーター下端をシャーシ前端に引っかけた位置で固定すると、シャーシ床パーツとボンネットの位置関係がおかしくなり、キャビン前面とボンネットの間、あるいはキャビン前面とキャビン床パーツとの間に、3mmほども隙間が生じてしまう。

20210211_124059 20210211_194451

●さすがにラジエーターグリルの下端を削り飛ばすわけにはいかないので、とりあえず、ボンネットを後退させることができるように、シャーシ前端のクロスメンバー(横方向の構造材)の上部をラジエーターグリルがはまる深さまで彫り込んでみる。

20210211_213322 20210211_213339

その結果のbefore/afterが以下。

20210211_1946062

左がキットのままの位置で、右が後退させたもの。そもそもキャビンとの接続部がガタガタしているので一見あまり変化がなく見えるが、ラジエーター前面のラインと、前輪サスペンション・スプリングの取付基部(黄色矢印)との位置関係に注意して頂けると、後退しているのが判りやすいと思う。フェンダーまでちょっと後退しているが、これは単に仮置きしたキャビン床パーツがずれただけ。

実際に、ソミュールの現存実車の写真を見ても、サスペンション・スプリングの前部取付架とラジエーター前面の位置関係はこれくらいの感じのようだ。下写真はwikimedia commonsの"1936 SOMUA MCG5, in the Musée des Blindés, France, pic-1.JPG"から切り出し加工した。

Mcg5s1

この位置で、(なおも調整は必要ながらも)なんとかキャビンとボンネットは適正位置で収まりそうだと判ったが、一方で、上の施術の結果、今度は「シャーシのクロスメンバーとラジエーターの前面がほぼ同一ラインになってしまう」という問題が発生した。ここはソミュールの現存実車などを見ても、やはりシャーシ側が一段引っ込んでいないと、どうも格好がつかない。

●ここでまたもう一つ、別の問題。

上の写真に写っているように、このキットは今回の製作開始よりも前にお手付き製作で前端の超壕ローラーを接着してあった。これまた上の写真のように、この超壕ローラーには、ローラー面に2カ所、対称位置に小穴が開いている。これは、エンジン始動時に小穴を前後水平位置にして、ローラーを突き抜ける形で始動用クランクハンドルを差し込むためのもの(のはず)。

ところがキットでは……。

20210211_213854 20210211_213333

ローラーの穴をおおよそ前後水平にして接着してあったにも関わらず、シャーシ側の始動ハンドル接続部と思しき突起と、ローラーの穴とに、極端に上下差が生じている(写真左はシャーシ裏側から撮ったもの)。その突起とローラーがほとんど接触しかけるくらい接近しすぎているのも気になる。

これに関しては、

「いや、もうローラー付けちゃったし。きっとクランクハンドルは、この突起よりもっと下に別の接続部があるんだよ。はっはっは」

と見て見ぬふりをしようと決めていたのだが、先述のラジエーター先端後退問題での作業を行うにあたって、ローラーが邪魔になった。結局、これも同時に対処することにし、ローラー軸のちょっと上あたりで、シャーシフレームにエッチングソーを入れて一度切り離した。

●ローラーがなくなって作業しやすくなったので、上の写真で上面を一段彫り込んだあたり、ちょうどキットのモールドで第一クロスメンバーにあたるくらいを、ガリガリと削り込んで後退させた。

20210212_152529

ソミュールの実車写真を見ると、第一クロスメンバーなのか、あるいはそこまでの強度はない単純な保護プレートなのかよく判らないが、とにかく前端の横材は、キットの当初のモールドよりももっと縦に深さがあるようだ。そこで、エンジン始動用ハンドルの問題解決との兼ね合いで、上記の前端削り込みで露出したフライホイール?も削ってしまい、新たに基部となるパーツを付け直した(タミヤのヴェスペの上部転輪を削ったもの)。ほとんど見えなくなる部分なので、ほぼ気分の問題。

20210211_231938 20210212_152403

そして、前面のディテールを新造・再生。ソミュールの実車写真を参考にしつつも、そもそもラジエーターとローラーの陰に隠れてよく見えないので、「まあ、なんとなくそれらしく」レベルの工作に止まっている。模型としても、この後、「ラジエーターとローラーの陰に隠れてよく見えない」状態になることを期待。

20210213_123048 20210213_123122

| | コメント (2)

ソミュアのケグレス(2)――足回りのフィッティング

●IBGからいきなり!な感じではあるけれど、7TPの発売が予告されて、今からうずうず状態。

CAMsのフィンランド軍型ヴィッカースに加え、ヴィッカース6t系列のキットはだいぶ恵まれてきたなあ……。CAMsはT-26までバリエーション展開したりするのかな?

●という話はさておき。「週末模型親父」さんのところの「SUMICON 2021」参加作、DESのソミュアMCG5(DES kit, #35023, SOMUA MCG5 d'accompagnement 1939/40)の製作記の続き。

このキット製作工程のなかでも、おそらく一番の難関と思われる足回り工作。前回、とにかく転輪ボギーと履帯が何とかフィットするように調整したが、実際に足回り全体を組み上げるには、もう一苦労、二苦労する必要がある。

▼転輪ボギーと誘導輪桁。

誘導輪支持用の桁に関しては若干の歪みがあり、一番最初に茹でてある程度歪みを取ったのだが……実際に転輪ボギーをはめてみたら、転輪ボギーパーツと桁の左右幅が合っておらず、みっともなく前方に末広がりになってしまった。ぐはっ、なんじゃこりゃ!

20210206_213724

一瞬、「桁を作り直すか……」という良くない考えが頭をよぎったのだが、どうせ履帯を巻いてしまえば桁の平面形など判らなくなってしまうのだし、そこだけ精度をよくしてどうすんだよ、という脳内反対意見を採用し、スルーすることにする(スルが3回)。

なお、この誘導輪支持桁のパーツは、最初の状態だと、誘導輪取付部のちょっと前側(後ろの左右連結棒位置)に板状部分があるのだが(前々回パーツ写真参照)、これは単純にレジンの湯流れをよくするためのバイパスで、実際にそのような構造材があるわけではないようだ。

▼さて、足回り全体の組付け。

説明書では下写真のように、まるで何でもないことのように「まあ、この番号の部品をここに付けてよ」と、ざっくりと説明してある。

20210210_150951

が、実際には、

  • 転輪ボギーはサス軸を中心にゆらゆらシーソー状態。
  • 誘導輪も上掲パーツ写真のように、同一の軸から桁が伸びて上下動するとともに、履帯張度調整で前後に動く形。
  • 位置がきっちり決まっているのは起動輪だけだが、履帯が巻き付いている部分が一体成型なので、転輪側の位置が決まらないと取り付ける角度を決められない。
  • 履帯は上下部分が棒状に一体成型で、必要な長さより数コマ長く、しかも下側は本来、起動輪-転輪間と接地面とで角度が変わっているので、自分で場所を特定して曲げる(あるいは一度切って繋ぎ直す)必要がある。

という具合で、確実に組付けの基準にできるものがひとつもない。ちなみに説明書右の文章による組立ステップだと、誘導輪も取り付けた後に、最後に上側の履帯を付けろとあるが、それ、よほど慎重に位置決めしながら進めないと合わないよ……。

これがタミヤのキットなどの場合には、各パートの取付位置・角度がきっちりダボで固定され、規定の長さの履帯でウソのようにピタッと決まるわけだが、当然、このキットにそんな配慮無し。しかも履帯は前にアップした写真のように上下は真っすぐ棒状で、本来必要な長さより数コマ長いらしいことが判明。

ちなみに、前々回

組立説明書に図解は最小限で、あとは「*番のパーツを*番に付けろ」という具合に文章でステップ解説してあるだけ。その一方で、パーツリストのようなものは入っていないので、どのパーツが何番なのか判らないし、パーツの過不足もしっかり確認できない。ただし、いくらなんでも番号で手順を説明しているのにリストがないのはおかしいので、私自身が購入後にどこかに仕舞って無くしてしまった可能性あり。

と書いたのだが、たまたまfacebookで同じキットを作っている方がいて聞いてみたところ、やはり最初からそのようなものは入っていなかったそうだ。部品番号の意味、全然ないぢゃん!!

▼そんなこんなで組立手順に悩む。

しかしいずれにせよ、最終的に足回りがちゃんと接地するには前輪との高さ合わせが必要になるので、とりあえず前輪を接着(これまた取り付け部分がボール状で、まったく角度フリーなので、変に歪まないように付けるには気を遣う)。続けて、後部履帯部足回りユニットの中心軸となるシャフトを接着。この時、転輪ボギーや誘導輪支持桁は自由に動くようにしておいて、下に履帯を敷き、前輪と合わせて角度を調整する。

20210207_13353220210207_103014

前輪に関しては説明書に「0.5mm金属線を39mmに切ってでcontrol barを作ってね」と指示されている。長さからして、左右の車輪をつなぐタイロッド(名前合ってる?)のことだが、0.5mmではちょっと細すぎな気もしたので、それよりやや太めの(0.64mmだったかな?)エバーグリーンのプラ材を使った。

なお、本来はフロントアクスルとこのタイロッド、そして左右のアームが作る平面形は、タイロッド側が短い台形でないとおかしい(でないと、ハンドルを切ったときに左右の前輪の角度差が出ない)。が、車輪と一体成型されたアームを作り直すのも面倒でそのままとした(どうせ後々ほとんど見えないし)。

また、車輛に「生きている表情」を付けるため、ちょっと前輪を切った状態にしたい気もしたのだが、そうすると、今度はキットのパーツとして用意されているドラッグリンク(ステアリング・コネクティング・ロッド?……とにかくハンドル操作を前後動に変えて伝えるロッド)がうまく付かなくなりそうだったので、そのままとした。

上左の写真だと、前輪にややトー・アウト(前方に向けて前輪が逆ハの字に広がっている状態)が掛かっているように見えるが、これは単に写真写りの問題。ホントだよ!

▼その後の手順としては、

(1).履帯を下に仮に敷いた状態で、前輪と高さ・角度を合わせた転輪ボギーと、これも誘導輪を仮付けして角度を決めた誘導輪支持桁を接着固定。

20210209_194316 (2).起動輪に上側の履帯を繋げ、右写真のようにわらび、ぜんまい、こごみみたいな状態に。その後、上部転輪と上側の履帯を接着し、起動輪の角度を決める。

(3).下側履帯の起動輪~転輪間と接地面を切り分ける。起動輪~転輪間は4コマとした。その後、起動輪~転輪間、接地面の順で接着固定。

(4).工程の2と3で固定した上下履帯の位置に合わせて、最終的に誘導輪を接着固定。なお、ここまでの過程で、上側の履帯は2コマ分、下側の履帯は1コマ分、長さを切り詰めて調整した。

▼足回りの組付け完了。

20210209_225030 20210209_225050

とりあえず上記の手順をイメージして、「よし、なんとかなりそう」とは思ったのだが、実際にはステップごとに調整が必要で、削ったり、一度付けたものをまたもぎ取って付け直したり、かなり難渋した。

それなりにきっちり出来上がっているように見えるが、実際には、真下から見ると履帯が蛇行していたり(いいんだよ!この角度から見てまともに見えれば!←開き直り)、転輪ボギーの裏側はだぼだぼ瞬着を流し込んであったり、内実はかなり野蛮な製作具合になっている。

ちなみに誘導輪を仮付けしているプラ棒は、ドラゴンのT-34の1940~41年型用角型燃料タンクのランナー(通常のランナーに張り出す形で枝がある)。径1.2mmほどの他にはない細さのランナーで、意外に重宝する。

また、転輪ボギー/誘導輪支持桁を支えるシャフトのアルミパイプのパーツが外側からも見えているが、これは工作手順の都合上、桁パーツから、外側のキャップ部分を削り取ったため(ディテールそれ自体も不足だったので)。この後再生予定。

起動輪は、キットのパーツでは外周に8本、一段窪んだ内周にも8本のボルト(ナット)のモールドがあるが、実際には内周は12本でキットは誤り。どうせ全体が大した出来ではないので直さない(横着の言い訳)。

| | コメント (1)

より以前の記事一覧