« ごみ取り権助(T-34-85 m1943)(2) | トップページ | 新製品ショック »

ごみ取り権助(T-34-85 m1943)(3)

●アカデミーのT-34-85(第112工場製)キットをベースにした、T-34-85 1943年型製作記。

●載せる予定のグムカのコンバージョンキット、「T-34-85 mod.1943 turret early type」を少々いじる。

20191220_210313_20200127223901

箱の中身はごろんとレジンの一発抜きの砲塔本体と、付属のレジン小パーツ(キューポラ本体、ベンチレーター、ペリスコープ、防盾、防盾カバー、アンテナポスト、砲塔吊り下げフック用治具)と、アルミの挽き物砲身。

20200128_004925 20200125_112115

アカデミーのキットが指定のベースキットだが、砲塔リングは砲塔側でやや小さく、ガタツキが生じてしまうので、車体側に0.5mmプラバンの細切りを巻いて調整した。また、砲塔はレジンのムクで重量があり、不注意で取り落としたりすると角や細部パーツが割れたり跳んだり、大惨事になりかねないので、車体に噛み合うベロを工作した。このベロに関しても、砲塔の重みでショックが加わると、瞬着だけではすぐに剥がれかねないので、KV戦車の装甲板に倣って、ドリルで穴を開け伸ばしランナーのピンを挿して補強した。

そして実際に車体に載せてみたのが下写真。

20200125_112004 20200125_112033

なんだか、車体に比べてやたらにでかく見えるのだが、これは履帯やフェンダーが付いていなくて車体がボリューム不足であることと、色の問題によるものではないかと思う。グムカの完成見本写真で見ると特に違和感はないし、アカデミーのキットの45年型の砲塔と比べても、長さや高さは基本同じ、幅に関してはむしろアカデミーの砲塔のほうが大きかった。

なお、側面に走る鋳造のパーティングラインとは別に、このパーツ自体の分割線は鋳造ラインのやや下にあり、それほど目立つものではないが丁寧に消す必要がある。

20200126_22220720200128_010921

砲塔上の小パーツに関しては、キューポラに対して砲塔上面の穴がかなり大きく、ガタつくだけでなく周囲にわずかに隙間も覗いたので、瞬着を流し込んだ。流用が指定されているアカデミーの両開きハッチのパーツも、ハメ合わせの際に若干削る必要があったので、キューポラパーツ側が少し収縮している可能性もある。ただし、ハッチを載せてみて違和感を覚えるような大きさの差はない(もともと、両開きハッチが載る初期型の小径キューポラは、ハッチを含めた上面がやや周りにはみ出すスタイルのはずなので)。

ベンチレーターに関しては、周囲の溶接痕にわずかの欠けもあり、こちらも若干の埋め作業が必要だった。

ただし、一部の(古いキットの場合には特に)レジンキットでは悩まされる気泡は皆無で成型状態は美しく、部品の合わせも(上には細かく書いたが)レジンキットとしてはむしろ良好な部類だと思う。

●上の「砲塔を載せてみた」写真にも写っているように、転輪はアカデミーのキットのものよりも初期の形質、ゴムリムに穴が開いている仕様のminiart製のものに交換予定。

miniartからは、T-34系列用の転輪や履帯が各種別売されているが、今回購入したのは#35239、「T-34 WHEELS SET. 1942-43 SERIES」。転輪、誘導輪、起動輪のセット……というだけでなく、何やらいろいろと不要小パーツが入っている。

20191228_114023 20191228_114702 20191228_114746 20191228_114758 20191228_114847 20191228_114922

写真2枚目:主役の転輪。アカデミーのパーツと違い、表側はきちんとナット表現。この写真には写っていないが、ホイールディッシュ内周部分の裏は、転輪の内外がベタ付けではなく隙間が空いていて、結合ボルトが見える表現になっているのも新しい。組んでしまえば見えなくなる部分だとしても。

写真3枚目:起動輪は泥抜き穴周囲に盛り上がりのある後期型。センターガイドを引っかけるローラー軸の外側は、戦中仕様のキャッスルナットになっている。ただし、アカデミーのT-34-85を単純に戦中仕様にするのであればこれに交換するだけでいいのだが、1943年型の場合、さらに初期の仕様の起動輪が使われているような……。

写真4枚目:起動輪の枝に入っていた排気管カバー。取付ボルトの周囲が一段窪んだタイプ。今回の-85製作には使わないが、いつかどこかで使うかも。パーツのバリエーションが増えるという点ではちょっとお得。

写真5枚目:基本は転輪ハブキャップのために入っている小パーツ枝。サスペンション・スプリングとか、グローサーとか、増加燃料タンクステイとか。ハブキャップも2種入っているが、片方は戦後型(たぶん)なので、それに関しては「ボルト取りとかに使えるかな?」程度。

写真6枚目:増加燃料タンクのステイはSU用のもの。今回の製作には関係ないが、ドラゴンのSU-100/SU-85Mに入っているのは終戦ギリギリくらいから使われ始めたタイプだし、ズベズダのSUは燃料タンクと一体モールドだったはずなので、これは嬉しい。以前ドラゴンのSU-85Mを作ったときに、やたら面倒くさい思いをして自作したのが懐かしい……。ちなみに下がその時の部品展開図と、塗装前の自作部品周りの様子(「T-34 maniacs」より)。この時のSU-85Mは、完成させて「第11回モデラーズクラブ合同作品展」に出展した写真が出てきた。何年前だ……。

000528b 000514n

それはそれとして、T-35-85 1943年型の増加燃料タンクステイをどうするか、というのも課題として残っている。形状、よくわからないんだよなー(アカデミーのキットは183工場製仕様と同じステイが入っている)。

miniartの誘導輪は穴の周りに盛り上がりがないタイプ。アカデミーのキットは盛り上がりのあるタイプ。下写真左は、左側がアカデミー、右側がminiart。最初は「誘導輪はアカデミーのを使おうかな」と思っていたのだが、写真のように、ハブキャップ中心の半球の立ち上がりが急で、中央にボルト頭があるのは戦後型にみられる形質らしい(中央のボルト頭に関しては、戦時中の写真でも例があるようだ)。アカデミーのパーツはハブキャップのフランジが誘導輪側と一体なので、ハブキャップだけ交換するわけにいかない。というわけで、誘導輪もminiartのパーツを使うことになりそう(いつ頃から穴に盛り上がりのあるタイプが使われるようになったかは、まだ詰め切れていない)。

サスアームの転輪軸に関しては、アカデミーのものは根元に太い段差があり、miniartの転輪が奥まで入らない。軸の根元を削るか、あるいはminiartの転輪の穴を削るかするのも考えたが、結局、アカデミーの転輪軸を切り飛ばして、miniartのセットに入っている転輪軸に交換した。割と大きめ/長めの接着凸が付いているので、強度的にはそれほど不安はない。

20200125_112333 20200125_122549

|

« ごみ取り権助(T-34-85 m1943)(2) | トップページ | 新製品ショック »

製作記・レビュー」カテゴリの記事

T-34」カテゴリの記事

コメント

何の気もなしにFacebookを覗いてみるとminiartからT34がアナウウンスされてました。D-5t砲搭載型のようです。

https://www.facebook.com/groups/t34interestgroup/?multi_permalinks=2973805262671040&notif_id=1580226959250065&notif_t=group_highlights

投稿: はい人28号 | 2020年1月29日 (水) 18時37分

2020年はソ連戦車の時代かもしれません!
タミヤは1/35のKV-1(1941年型)を発表したそうです。

投稿: vol de nuit | 2020年1月29日 (水) 19時08分

MiniArtのT-34-85(D-5T),ネットで見た箱絵では「PLANT 112, SPRING 1944」とあるので,まずはキューポラが砲塔の後ろ寄りになったタイプが出るようです.もちろん最初期の生産車もいずれは出るでしょうけど.

投稿: 青木伸也 | 2020年1月29日 (水) 20時19分

>はい人28号さん

facebookの記事は(そのグループに入っていなかったので)見られませんが、scalemateに速報が出てました。これですね。

https://www.scalemates.com/kits/miniart-35290-t-34-85-w-d-5t--1265332

うわあ……。miniart、T-34の戦車型にもいずれ行くとは思っていたけれど、そこからかよおおおお!って感じ。
箱絵を見ると、キューポラが移動した後期型のようですが、miniartのことだから、初期型も出すんだろうな……。

投稿: かば◎ | 2020年1月29日 (水) 20時36分

>vol de nuitさん

そちらもfacebookのAFV板に画像が上がっていて、確認しました。
バッスル下が丸い溶接砲塔にZIS-5搭載、まさにこの有名な写真の仕様ですね。
https://i.postimg.cc/nLz5rQ4C/zs02.png

転輪が2種類入っているかどうかはともかく、砲塔は短い?長い? 履帯は、この写真の通りだと全部ワンピースのタイプ?

投稿: かば◎ | 2020年1月29日 (水) 20時49分

>青木君

いやいやいやいや。参りました。
しかしまあ、ここまで来ちゃったんでしょんぼりしながらアカデミー作ります(笑)。
起動輪と燃料タンクステイについて意見交換したかったんだけれど、まあ、それはそこまでたどり着いたらということで……。

投稿: かば◎ | 2020年1月29日 (水) 20時51分

なんと、ミニアートとタミヤから新作のニュース!! 事態は急を告げてますね。
ミニアートの豚鼻T-34-85はまだ当分先でしょうし、フルインテリアだから、
このアカデミー+グムカのキットを一気呵成に仕上げてしまうのが吉でしょうね。

わがトラペのKV-1もそんな感じでやっつけてしまうかと考えてます(締め切りができて好都合...笑)ブラチモデルのルノーR35も持ってるけどそれはどうしよう...

投稿: hn-nh | 2020年1月30日 (木) 06時34分

やはり私もドラゴンの183工場製 T34-85を 進めていくことにします。

投稿: はい人28号 | 2020年1月30日 (木) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ごみ取り権助(T-34-85 m1943)(2) | トップページ | 新製品ショック »