« 小坪高角砲台補遺(その2) | トップページ | かに! »

「PW」と「WP」

●vol de nuitさんの、「ワルシャワ蜂起時の車輛」の関連話題。

ワルシャワ蜂起の記録写真を見ていると、よく「PW」という文字、あるいはぞれを繋げた錨型のシンボルマークをよく目にする。壁などに大書されていることもあるし、鹵獲パンター「Pudel」の前面装甲板に書かれていたとも言われる(ただし、私自身はそれをはっきり確認できる写真は見たことがない気がする)。

ポーランド軍関連の資料(主にポーランド語)を集めていると、「Wojska Polskiego(ヴォイスカ・ポルスキェゴ)」という単語をよく目にする。単純に「ポーランド軍」という意味で、私は「PW」の錨型マークも、その略(あるいは単語の前後をひっくり返して「Polski Wojska」とか……文法的に正しいかどうかはよく判らない)なのかと思っていた。

しかし最近、何かの弾みで調べてみて、別の言葉の略なのだというのを(今更)知った。

PWの頭文字自体は、当初は、1939年12月に発生したナチス・ドイツの占領軍による民間人虐殺事件に対する「(それが発生したワルシャワの地区名である)ヴァヴェルの報いを」(Pomścimy Wawer)というスローガンを示したもの。

150pxkotwica_jako_symbol_polski_wal それが、その後、より曖昧に「戦うポーランド(Polska Walcząca)」の頭文字として定着。1942年初頭、国内軍によるレジスタンス活動のシンボルとしてデザインコンテストが行われ、アンナ・スモレンスカという女性活動家による錨型のロゴが採用された。以後、このマークは見た目通り「Kotwica(コトヴィツァ:錨)」と呼ばれ、(ワルシャワ蜂起に限らす)ポーランドの地下政府および国内軍のシンボルマークとして使用された(右画像はwikimedia commonsより)。ちなみに、アンナ・スモレンスカは1942年末にゲシュタポに逮捕され、翌年、アウシュヴィッツで死去している由。……というような内容は、英語版のwikipedia由来。

ただし、この「PとWを組み合わせた錨」のマークは、実際には戦前から、出版社「ポーランド出版(Wydawnictwa Polskiego)」の印章として用いられていたという話も、ポーランド語版のwikipediaに出ている(何しろ機械翻訳なので細部がよくわからないが)。

なお、「ワルシャワ蜂起」自体もポーランド語で言うと「Powstanie Warszawskie(ポフスタニエ・ヴァルシャフスキエ)」で、頭文字はPWになる。ややこし。

Band_of_polish_home_army_armia_kraj ●ということで、「PW」と錨マークについてはスッキリしたのだが、一方で、蜂起軍が鹵獲使用したパンター(Pudelなのか、もう一両のほうなのか、ちょっとはっきりしない)の砲塔後面ハッチには、「WP」と書いてあったりする。蜂起軍兵士の国旗の色の識別腕章にも、WPと書かれている例が多いようだ。右の腕章写真もwikimedia commonsより。

こちらは私の以前の想像のように、「Wojska Polskiego(ポーランド軍)」の意味と考えていいのだろうか?……どうもよくわからん。

|

« 小坪高角砲台補遺(その2) | トップページ | かに! »

資料・考証」カテゴリの記事

コメント

これは非常に興味深いですね!

私の認識は かば◎ さんと同じで、腕章のWPはWojska Polskiego、つまりポーランド軍を指すものと思っています。
蜂起に関する文献にも “WP”, by “Wojsko Polskie” (Polish Army)という記述がありますから、間違いはないと思います。

つまり、“PW”をスローガンに、一人ひとりが“WP”として戦ったという事だと思います。


砲塔後面ハッチに“WP”と書かれたパンターは、“Pudel”とは別の個体で、“Felek”という愛称がありました。(諸説あり)
“Pudel”の前面装甲に書かれた“PW”のシンボルについては、不鮮明ながら[W]の右はね部分が写っている写真が存在しています。

投稿: vol de nuit | 2019年2月 8日 (金) 04時49分

やはり「PW」と「WP」は、「別に2文字の順番はどうでもいいんだよ」ということではなくて、

PW=Polska Walcząca
WP=Wojska Polskiego

という使い分けがある可能性が高いということですね。

パンターは片方が“Pudel”(別名“Magda”)、もう片方が“Felek”なのですよね。

砲塔側面の赤白国家色塗装も、Pudelの塗装図だと(イギリス軍戦車のような)縦の塗り分けの赤白赤だったりするのに、写真だと水平塗り分けの(要するにポーランド国旗の)ものがあって、これは塗装図が違うのか、それとも1号車と2号車で塗装が違ったのか、よくわからなくて混乱状態です。

投稿: かば◎ | 2019年2月 8日 (金) 13時31分

>砲塔側面の赤白国家色塗装も、Pudelの塗装図だと(イギリス軍戦車のような)縦の塗り分けの赤白赤だったりするのに、写真だと水平塗り分けの(要するにポーランド国旗の)ものがあって、これは塗装図が違うのか、それとも1号車と2号車で塗装が違ったのか、よくわからなくて混乱状態です。


国内軍のパンターはご指摘のとおり、1号車と2号車で塗装が異なります。
“Pudel”は縦向きで赤・白・赤、“Felek”は横向きで白・赤です。
いずれも記録写真が残っており、確認できます。

投稿: vol de nuit | 2019年2月 8日 (金) 13時41分

>vol de nuitさん

調べてみると。地元ポーランドのトロ・モデルが出しているデカールに、Pudel/Magdaとfelekの両方が入っているシートがあって、その説明図を見ると一応「こっちはこうで、あっちはこんな具合」というのが判りました。
しかし実車写真だと、各方向から撮られた写真が、「これとこれが対応している」というのがどうもはっきりしないのが隔靴掻痒です。

最近、hn-nhさんに言われて、ヘッツァーのChwatが、「バリケードに入っていた時代には鷲章とChwatの名前は描かれていなかった」というのをようやく知ったくらいなので、そもそもこの方面は整理が追い付いていないのですが。

トロのデカールシートによれば、Pudel/Magdaも、側面にポーランド国籍マークが描かれていない時期(バルケンクロイツを塗りつぶしてあるだけ?)と、描かれている時期とがあるようですね。

投稿: かば◎ | 2019年2月10日 (日) 11時36分

“Chwat”と比較すると、2両のパンターは非常に謎が多いです。
“Pudel”は“Felek”よりも写真が多く残されていますが、その最期は不明、“Felek”は撃破されたことが確認されていますが、写真がごく僅かです。


>トロのデカールシートによれば、Pudel/Magdaも、側面にポーランド国籍マークが描かれていない時期(バルケンクロイツを塗りつぶしてあるだけ?)と、描かれている時期とがあるようですね。

私も手持ちのものを確認しましたが、そのようですね・・・。
ですがそれを裏付ける記述等は見たことがありません。

ちなみに、私は「World of Tanks」に登場する“Pudel”の塗装が正確なのではないかと考えております。

投稿: vol de nuit | 2019年2月11日 (月) 14時10分

かばさんブログ更新しないでどうしたんだい?
家族旅行にでも行ったのかな?
ちゃんと読みに来てるよ~。


そろそろまた飲みに行きたいねぇ!
デンとコスパのいい店巡ってるからね~。

投稿: 赤版先行 | 2019年2月24日 (日) 14時51分

>あかばん

今仕事が盛大に滞ってるんだよー。

投稿: かば◎ | 2019年2月25日 (月) 08時25分

かば@様 ごぶさたしております。Jsu152初期型完成いたしました。
Facebookに投稿しておりますので、よろしければ観てやってください。

投稿: はい人28号 | 2019年3月 2日 (土) 16時47分

>はい人28号さん

もちろん、(たぶんアップされた直後に)拝見しましたよ~!
完成おめでとうございます。

拙作製作記事を役立てていただきありがとうございます。
完成品はさすがはい人28号さん、工作も塗装も渋く決まっていて素敵ですね。

流石に中四国AFVの会まではホイホイ出かけられませんが、いつか実物を見る機会があるといいなあ……。

戦闘室上の標桿は木の色で表現されていますが、私、これを何色で塗ればいいのかちょっと迷ってました。

投稿: かば◎ | 2019年3月 4日 (月) 11時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「PW」と「WP」:

« 小坪高角砲台補遺(その2) | トップページ | かに! »