« First to Fight 1:72 C4Pハーフトラック(2) | トップページ | 平成最後のシュトレン »

First to Fight 1:72 クルップ・プロッツェ(ポーランド軍仕様)

●なんと3日続けてFTFネタ。

C4P牽引車の記事を書いたところで、それよりも前に同じくFTFのポーランド型プロッツェを買ってきて、レビューを書こうと思いつつそのままだったことを思い出した。

今年の6月、ローデンのホルト75、IBG(THE WORLD AT WAR)のII号戦車a1~a3型と一緒に、これまた下北沢のサニーで購入したもの。

20181228_214846 20181228_214900

製品番号050、製品名は「KRUPP PROTZE W WERSJI POLSKIEJ」(クルップ・プロッツェ ポーランド仕様)。

●実車について。

クルップ・プロッツェ(クルップ・ボクサー)は、ドイツ・クルップ社製の有名な軍用6輪トラック……なのだけれど、キットは珍しいポーランド軍仕様。当然ながら、インジェクションキットとしてはこれまた初のキット化。

プロッツェ自体は超有名車輛だが、ポーランド軍仕様は非常に謎が多く、資料としては、はなはだ不十分な写真が少数あるだけではないかと思う。私が知っている限りでは、それなりにディテールが判る程度に鮮明な写真は、一部が写っているだけの2、3枚。あとは、全体のスタイルが判るものの不鮮明な写真が数枚。なんとか「あ、プロッツェだ」とと分かる程度のボケボケ写真を合わせても、全部で10枚あるかないか程度。……よくそんな車輛をキット化したものだと思う。

上の箱絵を見て貰った方が早いのだが、ポーランド仕様のプロッツェは前向き3列の座席を持つスタッフカー型で、ハンガリー軍仕様のようなドアは無し。ただし、ハンガリー軍仕様と似たマクドナルドのロゴのような後輪フェンダーを持つ。

使われた台数もはっきりしないが、少数が第10騎兵旅団(いわゆる「黒旅団」)に配備されたらしい。第10騎兵旅団はスタニスワフ・マチェク大佐率いるエリート機械化部隊で、軽戦車をはじめとする各種装甲車輛・ソフトスキンを多数装備。軍装も独特で、第一次大戦型のドイツ軍型ヘルメットやベレー帽、黒革のハーフ・コートを着用していた。……ドイツ軍と間違われたりしなかったんだろうか。

なお、マチェク大佐(後に将軍)と第10騎兵旅団は奮戦しつつハンガリーまで後退、その後フランスに逃れて第10装甲旅団としてルノーR35等を装備して戦い、さらにその後はイギリスで編成されたポーランド第1機甲師団の中核となって、ノルマンディーではファレーズで奮戦している。ポーランド人しぶとし。

●キット内容。

パーツ構成は以下の通り。

20181228_214640 20181228_214656 20181228_214730 20181228_214759

写真1枚目の左側の枝(エンジンボンネットとウィンドウ+ダッシュボードなど)と写真2枚目の枝(シャーシとタイヤなど)は、同じくFTFから出ているドイツ軍仕様のプロッツェ(対戦車砲牽引型のSd.Kfz.69と兵員輸送型のSd.Kfz.70)と共通パーツだろうと思う。また、FTFからはプロッツェベースの装甲指揮車、Sd.Kfz.247 ausf.Aも出ていて、シャーシはこちらとも共用のようだ。

私が持っているFTFの車輛キットのなかでは初めてフィギュア付き。また、FTFのポーランド軍車輛のキットとしては珍しくデカール付き。車輛登録番号6種に対応。……これって写真で確認できた全番号を入れてるんじゃないだろうか。

●若干の細部チェック。

エンジンフード部分はスライド型を使って前面グリルを一体モールド。このスケールであれば十分な出来だと思う。ただ、ドラゴンやICMの同スケールのプロッツェと比べてどうか、というのは未確認(もちろん両社のキットはドイツ軍型)。

ウィンドウ+ダッシュボードは、計器類等はそれなりのモールド。ただし、運転席側ウィンドウが2分割されていることと、方向指示器の位置はドイツ軍仕様(ポーランド仕様では方向指示器はウインドウ枠横)。ワイパーは流石にゴツイ……。

20181229_174032 20181229_174047

ポーランド型独特のボディはもっさり気味だが、そもそもろくな資料もないので仕方ない面もあるかも。独特の「マクドナルド・フェンダー」(勝手に命名)は予備タイヤと一体の別部品。一体モールドの中列座席横の手すり(というかひじ掛け? 転落防止バー?)は太めのうえに内側が平らで、あまり見栄えが良くないので金属線か伸ばしランナーで作り替えた方が良さそう。

20181228_233530 20181229_174101

シャーシはサス部のダブルウィッシュボーンがブロック状に一体成形。後輪の前後を連結するはさみ式サスアーム形状は、プロッツェのなかでもエンジンが強化された後期型、L2H143のものなのだが、ポーランド軍仕様は、“Pojazny w Wojsku Polskim (Polish Army Vehicles) 1918-1939”によれば初期型のL2H43シャーシ。L2H143とL2H43では後輪の間隔も僅かに違うのだが、模型的には誤差の範囲。サスアーム形状も組んでしまえばほぼ見えない。

20181228_233357

フィギュアは第10騎兵旅団のベレー帽&ドイツ軍型ヘルメットのコート姿の兵士が1体ずつ。

20181228_233642

|

« First to Fight 1:72 C4Pハーフトラック(2) | トップページ | 平成最後のシュトレン »

クルップ・プロッツェ」カテゴリの記事

ミニスケールAFV」カテゴリの記事

製作記・レビュー」カテゴリの記事

コメント

ポーランド軍、年末集中連載ですねー(笑)
クルッププロッツェのポーランドバージョンがあったんですね。ポルスキフィアットみたいなライセンス生産のものなのかしら? 不思議な形の後部フェンダーなど、どこかプラガやタトラみたいな東欧的デザインを感じます。

キットは前輪(+フェンダー)と後部フェンダーが一体成型なんて、なんだかシュール。パーツの細分化に向かう1:35世界とは別なベクトルがあって1:72も面白いですね。

自由ポーランド軍は、「鷲は舞い降りた」(1976)という映画を昔に見て初めて知りました。映画に出てくるのは自由ポーランド軍に扮したドイツ降下猟兵というなかなか渋い設定でしたが。制作年代の割に考証がしっかりしていて本物のドイツ戦車を使ってた記憶があったので見返してみたら、オペルブリッツ、フォードV3000、III号突撃砲など使われてましたね。貨車に載せられてたIII号突撃砲はSTRUMI(雑具箱を増設したフィンランド軍戦後仕様)を借りてきてましたね。すみません脱線ネタで。

投稿: hn-nh | 2018年12月30日 (日) 18時46分

>hn-nhさん

台数もごく少ないようなので、ライセンス生産ではなく輸入だと思います。
ただ、シャーシだけ輸入してボディはポーランドで載せたのか、ボディまでまるごとドイツ製なのかまでは判りません。
ハンガリー型と後部フェンダーの形は似ているので、ドイツ製輸出仕様なのかも。

「鷲は舞い降りた」は、私も戦争映画(あるいは戦争小説)の中では非常に好きな一編です。
確か、「ポーランド軍なので英語が不自由でも誤魔化せる」という設定なんですよね。
確か冒頭の、親衛隊にタテつくところでIII突が出てきたような記憶がありますが、フィンランドのシュトゥルミだったかまでは覚えていませんでした(というか、見た頃はシュトゥルミの特徴なんて知らなかったかも(笑))。

投稿: かば◎ | 2018年12月30日 (日) 19時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208697/74853228

この記事へのトラックバック一覧です: First to Fight 1:72 クルップ・プロッツェ(ポーランド軍仕様):

« First to Fight 1:72 C4Pハーフトラック(2) | トップページ | 平成最後のシュトレン »