« 皆様、よいお年を | トップページ | 正月風景2018 »

謹賀新年2018

●皆様、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

身辺雑記メイン、最近はかなり模型製作記寄りになっている当「かばぶ」。その模型自体、「絶対に万人向けではないアイテム選択および製作姿勢」であることは自覚しておりますが、おそらく今年もその辺は変わりようがない、と思っております。呆れつつも、「まあしょうがないよな」と思ってお付き合いいただければと思います。

●例年通り、年末31日に老母のいる川崎の実家に行き、そこで年越し。いつも通り、新年は母の作った鶏飯(けいはん)を食す。

正月1日にはドイツ人Pが(一番下の娘を連れて)やってきたので、2人で大いに飲む。Pの親の出身地の産であるという赤ワインを1本開け、「最近の日本のビールはフルーティにばかり走っていてよくない」というPの文句を聞きながら缶ビールを数本飲み(もちろんそれはPの好みの問題なのだが、私も濃厚系が好き)、さらに日本酒(純米)を1本。糖尿病患者が飲んでいい量じゃねえなオイ。

年末にPがもってきた(ドイツの実家で作った)クリスマス菓子のシュトレンは、母が隣近所に配ってしまい、私の口に入らなかったと言ったところ、わざわざ奥さんに電話をして新たに一塊持って来てくれた。なんと有り難い!

ちなみにPの実家のシュトレンについては当「かばぶ」でも何度か触れているが、数年前にお母様が倒れて体が不自由になってしまったため、そのお母様の監督総指揮のもと、お父様が作っている由。しかし素朴な中にも、たっぷりと洋酒漬けのドライフルーツが入り、甘過ぎずくどくなく、非常に美味しい(帰宅後にさっそく一切れ食べた)。

夕刻、横浜の甥っ子2人(+上の子の彼女とその犬)が来たりで賑やか。

一度に帰ってしまうと母が寂しがるので、1日の晩ももう一泊。2日に帰宅。

●行きも帰りも、横浜でVOLKSに寄ったり本屋に寄ったり。久々に「都会」に出たので、大晦日、逗子では(人がいなくて)無理なポケモンgoの伝説レイド(難易度5)に2度挑戦。

さすが横浜、挑戦者がわらわらと集まり、勝負自体は楽勝だったが、その後の捕獲に2度とも失敗した。これまでの対グラードン捕獲実績は、通算7回中成功1回……。グラードン逃げすぎ(泣)。

ちなみに難易度4で未捕獲のアブソルにも挑戦したかったが出現しなかった。年末に一度神保町で対戦したが、挑戦者が3人しかおらず、ぎりぎりで負けた。

●SUMICONのおかげもあって、このところ年に2作程度は模型が完成するようになったが、SUMICONのお題になる陸物ばかり。今年はぜひ(久しぶりに)飛行機模型も1機くらいは完成させたい(ささやかな年頭の抱負)。

▼新製品情報も、陸物は割とマメに追っているのだが、飛行機模型には疎くなっているのだが、マクタロウさんから、「Freedom Model Kitsという中国の新興メーカーが、48のカーチス・ホークIIIを出す!」という話を伺った。もちろん中国空軍機で、箱絵は第四大隊長・高志航乗機。

48のホークIIIがクラシック・エアフレームスのキットを持っているのだが、今となってはちょっと苦しい「いかにも簡易インジェクション」なキットのうえ、チェコMPM系キットに共通の症状で、風防がやや黄変している(私の持っているキットは、他キットほど真黄色にはなっていないが)。その点新キットはパーツの切れもよさそうだし、やはり気になる。

▼ついでに、この機会にと、Kit Maker Networkで飛行機の新キット情報を漁ってみる。

最近、P.7aのキットレビューを書いたARMA HOBBYは、P.11cも出すらしい。P.11cに関しては、比較的最近、発展形のP.24ともどもAzurからも発売されていて、それもそこそこいいキットのようなのだが、ARMA HOBBYが出すという新キットも(P.7aが割とよかったので)気になる。

P.11cは1939年戦役時のポーランド空軍の主力戦闘機で、1:72ではPZW、レベルの大昔のキット2種、エレールがあり、ずいぶんキットは種類が出ている。エレールのキットは今の眼で見ると粗も目立つものの、「マイナー機ほど頑張ってしまう(というより、マイナー機ほど発売が後期なので技術が向上している?)エレール」らしく、なかなかの佳作。私も何機も買い込んでしまっているので(特にデカールが綺麗なENCORE版)、どうすっかなあ。

▼えーっと。ポーランド物、流行りなの? ……というわけで、Flyから、1:72でPZL-37ウォシュが発売予定だそうだ。改めて考えると、IBGからもカラシュに続いて1:72が発売予定で、同スケールでバッティング? ……ウォシュが?

▼AZ modelから、「Potez540輸送機バージョン」というのがいつの間にか出ていたようでビックリしたのだが、Kit Maker Networkの記事を見ると、昔のエレールのキットにオプションパーツを足したものであるらしい。AZ modelってそんなキットの出し方もしてるんだ、という点で2度目のビックリ。

|

« 皆様、よいお年を | トップページ | 正月風景2018 »

かば◎の迂闊な日々」カテゴリの記事

製作記・レビュー」カテゴリの記事

コメント

かば◎ さん

新年おめでとうございます。
「絶対に万人向けではないアイテム選択および製作姿勢」だからこそかば◎さんらしいし新たな視点での情報と工作を拝見できるので楽しみです。

投稿: hiranuma | 2018年1月 4日 (木) 10時09分

>hiranumaさん

ありがとうございます。
hiranumaさんは、今年1作目はケッテンクラートですね。
その後は何が出てくるか、楽しみにしています。

投稿: かば◎ | 2018年1月 5日 (金) 12時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208697/72606887

この記事へのトラックバック一覧です: 謹賀新年2018:

« 皆様、よいお年を | トップページ | 正月風景2018 »