« PZLのチャイカ | トップページ | シュエタウンそば »

SUMICONリタイア

●毎年、夏~秋に決まって請けている「季節労働」だが、今年は特に後半の追い込みが激しく、結局「SUMICON 2017」のエントリー作、wz.34装甲車も間に合わせることができなかった。

うん、今回はスクラッチネタでも大丈夫! ……と意気込んだにも関わらず、何ともお恥ずかしい限り。「まあ、いつものことじゃないの」って? うぐぐぐぐぐ。

●特に今年は、周りの連中が「今回はあまりたくさん引き受けられないんで」と逃げてしまった影響もあり、私のところに集中して、結局例年の3~4割増しの分担になってしまった。最後の山はようやく先週抜けたものの、まだ確認作業などあり、正真正銘のエンドマークが出るのは今週末の予定。

●その仕事関連、およびベトナムで仕事をしているM氏の帰省飲み会で、先週神保町へ行ったのだが、N社事務所にスマホの充電ケーブルを忘れてきてしまった。

なんだかんだで土曜日にC社長が(近くに用事があるついでに)我が家に届けてくれることになったのだが、午後遅くなっても連絡なし。予定が流れて来なくなったのかな?と単純にボンヤリ考えていたのだが、日が暮れてから連絡があり、バイク(原チャリ?)に乗っていて、金沢街道で接触事故を起こしてバイクは全損、救急車で病院に運ばれた由。もっとも大きな怪我はなく、軽い捻挫程度で済んだとのことで(もっともその後肋骨にヒビが入っているのが判明)、夜になってわざわざ車でケーブルを届けに来た。

後から事情を聞くと、渋滞した車の横をバイクで走っていたら、車の間から(道を渡って)自転車のおばさんがいきなりこちらに曲がって来て、正面衝突したのだとか。乗り物は壊れたが乗っていた方は双方とも大けがはなかったそうで、不幸中の幸い。

●火曜日。別件の仕事で武蔵小金井。同行したカメラマンのO氏に、「近所の釣り仲間から、小坪で釣った魚を大量に貰ったから、分けてあげるよ」と言われ、帰りに久我山のO氏宅でイナダだかワラサだか(どちらもブリの手前)をたっぷり頂く。……地元小坪の魚を東京の人に貰うなんて!

●同日帰宅時、金沢文庫駅で、またまた、生き残りのドレミファ・インバーター車が歌うのを聞く。ちょっと嬉しい。ちなみに車種は1000系。

●地質年代の第四紀更新世(どうも私には今も「洪積世」の呼び名のほうがしっくり来てしまうのだが)中期(78万1000年~12万6000年前)の名称として、千葉の地層を模式層として「チバニアン」という名が内定したという。

ネットで見て回ると、

実現すれば『ジュラ紀』、『白亜紀』などと並んで『チバニアン』という時代区分ができることになる。

なんて書いてあるところもある。……並ぶか馬鹿者~。区分の大きさが全然ちゃうわ~!

命名の元になった千葉県中部の地層/化石というと、木下(きおろし)の貝層はすでに更新世後期に入ってしまうようだが、それより若干古い瀬又の貝層はこの「チバニアン」に当たるようだ。というわけで、中学・高校の頃に瀬又の露頭で採ったトウキョウホタテ(セマタホタテ)の化石の写真を。

F1014001 F1014000

|

« PZLのチャイカ | トップページ | シュエタウンそば »

かば◎の迂闊な日々」カテゴリの記事

コメント

お仕事、お疲れ様です。
逆輸入(笑)の小坪の魚を食べて先ずは休養ですね。

チバニアンの貝の化石の成長線にも地磁気逆転の痕跡が残ってたらいいな
と思いましたが、地磁気逆転のスピードは貝の一生の時間に収まるようなスケールではなさそうですね。

投稿: hn | 2017年11月16日 (木) 18時05分

かば◎ さん

余裕で完成できると思って作っていた筈がいろんなことが起こってきて遅延。
よくあることで、私自身またか!といつも感じています。
原因は、
・思った以上に目につく箇所の工作に時間を要する
・仕事など時間泥棒が次々とやってくる
・他のキットの製作に移ってしまった
・キット工作に関する資料やディテールの確認ができないため保留して検証
などなどですが、模型を作る楽しさを感じつつチマチマした工作を続けるのもいいもので、
ついついお酒を飲みながらで眠くなったりしてしまいます。
そのくせ就寝してから、あっ あそここうしたらいいかな!など気がついたり。

色々あるかと思いますが、
wz.34装甲車はSUMICONリタイアしたとはいえ完成に向けて工作を続けてください。
このキット(!?ではないか)の完成はとても楽しみにしています。

投稿: hiranuma | 2017年11月17日 (金) 18時07分

>hnさん、hiranumaさん

今夏~秋の季節労働の成果は、昨日完全に終了しました。
もちろん、もう次の仕事は始まっているのですが(でないと干上がっちゃう)、とりあえず今は一息ついています。

今はちょっとボーっとして、あまり考証だディテールだと考えずに済むネタにちょっと浮気していたりしますが、一休みしたらwz.34装甲車に戻って、とにかく暮れの東京AFVの会には、少なくとも組立完了までは漕ぎつけて持って行きたいと思っています(並行して、T-34の塗装も完了させたいなーと)。

投稿: かば◎ | 2017年11月19日 (日) 13時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208697/72226419

この記事へのトラックバック一覧です: SUMICONリタイア:

« PZLのチャイカ | トップページ | シュエタウンそば »