« 中国陸軍のM3スカウトカー | トップページ | ハマボッス »

ビッカース水陸両用戦車、参戦(6)

「軽戦車コンペ」(K-CON)参加作品、CAMsのビッカース水陸両用戦車(Vickers Carden-Loyd Amphibious Tank A4E12 Early Production)の製作記の続き。

細部の工作を行って、とりあえず、組立は終了させた。

●前回からの進捗部分は、まずは前照灯と尾灯。

F1014025 前照灯はフロート上に付く。ビッカース製戦車に標準的に装備されている前照灯で、パーツはカバー付きのもの、カバー無しのものと両方入っているが、中国軍のビッカース水陸両用戦車の場合はカバー無しのほうを使う。

コードは何の工夫もなく単純にライトの後ろから出ている模様。しかしここで問題は、ライトのコードの車体への引き込み部が何処なのかがわからない!

数少ない写真をためつすがめつしてみても、どうも、「なんだかそのあたりに引き込まれている」程度のことしか読み取れない。困った。

キットはU字金具の直後、右の作例写真だとボルトが植えてあるが、その部分が凹モールドになっていて、もしかしたら、これがコードの引き込み部を表現していたのかも。ただし、クビンカの展示車両ではごく普通にボルトが植わっていて、車体にも他に穴が見当たらない。

とはいえ、付けてしまったコードは何とかしなければならないので、とりあえずフロートと車体の隙間に挟んでおいた。……なんていい加減な!

F1013983 ●尾灯はなんだか小さなランタンのような面白い形状。

これまた、コードが何処に繋がっているのか不明。まあ、だいたい写真で「こんな感じ?」と思える場所に適当に繋いだ。

●昨日も書いたように、秋葉原で「抗戦陸軍武備図誌」を見たときに、パラパラめくってあまりに写真が鮮明だったので、

「やったぜ! これでビッカース水陸両用戦車のディテールも解決だ!」

なんて思ったのだが、さすがにそこまで話はうまくできていなかった。

●後部ボギーのショックアブソーバー?……と言えばいいのだろうか、とにかく後部ボギーの振れ過ぎを抑えるスプリングのロッドも取り付けて、とりあえず、取り付けなければいけない部品は全部付けて、工作終了。

もう一度足回りを仮組みして記念撮影した。

F1013980 F1013982 F1013978

年が明けてから塗装に入る予定。

●追記。

T.Wongさんから、前照灯のコードの接続位置について、証拠写真付きで指導のメールをいただいた。重ね重ね、どうもありがとうございます!

やはり、元から車体パーツにモールドしてあった窪みがコード引き込み部を表していたらしい。

もっとも、車体に穴があって直接コードが引き込まれているのか、それとも何か接続部が飛び出していて、そこにコードが繋がっているのかは、頂いた写真からもよくわからない。まあ、そこであまり引っかかっても何なので、単純に前者の解釈でコードを繋ぎ直した。

F1014035 F1014033

|

« 中国陸軍のM3スカウトカー | トップページ | ハマボッス »

ビッカース水陸両用戦車」カテゴリの記事

製作記・レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208697/63183104

この記事へのトラックバック一覧です: ビッカース水陸両用戦車、参戦(6):

« 中国陸軍のM3スカウトカー | トップページ | ハマボッス »