« Spanish Panzer I (15) | トップページ | ぼいて75mm資料写真+α »

シイの実のまとめ

●地図本制作が大詰めで忙しかったこと、五十肩が悪化してもう他のことはなんもやる気せん状態だったことで、すっかりブログ更新はご無沙汰になってしまった。

仕事は一段落したが右肩はまだ痛く(というかますます痛く)、整形外科に行ったが、診断はやはり「いわゆる五十肩」で、対処は三通りあると言われた。曰く、

  • 放置する
  • 内服薬か湿布でとりあえず炎症を抑える
  • 筋肉注射をする

3つめが手っ取り早いのだが、大腸炎(の薬?)とバッティングするおそれがないわけではない、とのことで、結局湿布薬を処方してもらって帰ってきた。問題は、貼ってもほとんど痛みが変わらないような気がすることだ。

くううう。

●そんなこんなでいろいろサボっているうちに、もう11月もほとんど終わりになってしまった。その間のあれこれ。

●前月書いたシイの実に関して。

我が家の前の斜面に生えている椎(スダジイ)の木は、手の届く範囲で意外にたくさん収穫させてもらい、だいぶ楽しむことができた(チビも、保育園での散歩の途中で拾ったとかで1、2度、数個ずつ持って帰ってきた)。収穫したまままだ食べていないものも2、30個ほど残っている。ケチケチ食べる予定。

これまでの知見をいくつか。

▼改めてよく調べると、名越の山道沿いには意外に多数スダジイが生えている。まんだら堂やぐら群の展望台のところにも生えていて、過去、椎の実拾いをしていた人もいますよ、と管理のおじさんに聞いたのだが、今年はほとんど実っていない。昨年は積もるほど実を付けていた大切岸のスダジイも今年はまったくだめで、木によって作/不作の波があるのかもしれない。

▼基本、落ちている実ではなく木に成っているものを直接収穫したからか、意外に歩留まりがよかったが、それでも、虫食いではなく殻の中がまったく空っぽの実も時々混じっている。食べる前に一度どんぶりに水を張って入れると、空の実は浮くので選別できる。

▼生食しても炒って食べても基本、味は変わらない気がする。ただし、炒って食べたほうが中の実が蒸されるせいか、もちもち感が増すようだ。フライパンで乾煎りしても爆発的にはぜることはないが、「封筒に入れて電子レンジ」の簡易法だと爆発することがある。

▼クリと違って生で割っても渋皮は実に張り付いておらず簡単に剥ける(殻の方にくっついて行ってしまうことが多い)。また、仮に実のほうに残っていても渋みは無く食べるのに邪魔にならない。

▼ほんのりと甘味があり、義妹が言うには「風流な味」。炒って食べるのが基本のようで、ネットでレシピを調べても、意外にバリエーションは少ない。

F1011298 F1011318 F1011311

1枚目は収穫した椎の実、2枚目は炒ったもので7割がた殻が割れている。3枚目は生の実を割ったもの(炒ったものを割っても見た目はそれほど変わらない)。

●以前在籍していたニュースレターの創刊40周年パーティなるものがあり、19日、学士会館に出掛ける。竹橋~神保町~水道橋界隈は予備校時代から何かと縁のある場所なのだが、学士会館は前を通り過ぎるだけで、中に入るのは今まで1、2度あったかどうか、というくらい。

そもそも学士会館ってなあ何なんだ。オレだって大学は(一応)卒業したから学士だし、主役顔して入っていいのか。と思って改めて調べたら、旧帝大出身者による「学士会」というのがあって、もともとはその施設なのだそうだ。……ペーペーな学士ではダメでした。

今では一部施設を除いて一般利用できるようになっているのだが、やはりあまり縁のあるところではない。

以前のボスの友人知人、以前のニュースレター編集部の関係者など多数。久しぶりの人々にたくさん会った。

F1011384●近くのビアハウスで二次会もあったのだが、早々に退出して、ごくごく近しい数人で新橋の「生マッコリ家」なるお店で、その名の通りのマッコリを飲みつつ、佐賀の生海苔など食べる。それから久しぶりの参鶏湯。参鶏湯というともうちょっと人参くさい(つまり泥臭くて薬臭い)感じなのが一般的だと思うのだが、ここの参鶏湯はちょっと上品な感じの味。人参くさい参鶏湯も好きなのだが(というか有り難味がある)、これはこれで美味。

パーティの一・二次会席上で久しぶりにコリアレポートの辺真一氏にお会いしたのだが、まだ私が20代前半の頃、初めてビビンバや参鶏湯を奢ってくれて、その食べ方もレクチャーしてくれたのが辺さんだった。……というのを思い出したりする。

●24日、義弟に誘われて、鎌倉パークホテルの「酵素風呂」なるものに行く。醗酵しているヌカに鼻と口だけ残して全部埋められる。人間糠漬け。埋められて10数分そのままじっとしているのだが、指先を動かすと、ちょっとだけ、指の周りの糠が固められて空間ができる。糠漬けというより、なんだかカブトムシの幼虫になった気分だと思ったが、後で義弟にも激しく同意された。

少なくともその晩はちょっと肩が楽だった気がする。

●“かさぴー”こと、かさぱのす氏から、フィンランド土産の素敵な写真を頂いた。氏の了承も得ているので、近々ここで数枚紹介させてもらうつもり。乞ご期待。

|

« Spanish Panzer I (15) | トップページ | ぼいて75mm資料写真+α »

いきもの」カテゴリの記事

かば◎の迂闊な日々」カテゴリの記事

コメント

母ちゃんが知り合いにスダジイの実をいっぱいもらってきて
炒めてみたけど中がスッカスカでした。
拾いに行くにはお椀かなんかと水筒持ってったほうがいいかもですね。

昔、缶入りの、ニンジン風味のマッコリが出てて好きだったのですが、もう一度出会いたいものです。

投稿: みやまえ | 2015年11月27日 (金) 22時29分

かば◎さん、五十肩に大腸炎、大変ですね。
お大事にされて下さい。

所で、以前のコメントで書いた事を繰り返すのって
凄く恐縮(^^;)…なのですが、
こちらのブログに直接リンクさせて頂いても
構いませんでしょうか。

facebookの方は…多分、会員しか読めない設定になって
いらっしゃるのでしょうから、取り消します。

なんか色々済みません。

投稿: コウ中村 | 2015年11月27日 (金) 22時56分

>みやまえさん

今手元に残っている椎の実は、一度炒ってから、お粥に入れてみようかなあ、などと考えています。

>中村さん

よし、この機会にパパッと、新しく借りてあるスペースに元のコンテンツを上げちゃおう!なんて思って(そのくせ、そのパスワードを忘れたりなどして)お返事が遅くなりました。

もちろん、このブログへのリンクはまるっきりOKです。というより、ぜひお願いします。

facebookは、別に非公開設定にはしていないのですが、個人のページのURLってあるんですか?(実はあまり活用していないのでよく判らないのです)。

投稿: かば◎ | 2015年11月28日 (土) 02時35分

かば◎さん、リンクの件ありがとうございます。

facebookですが、ひょっとしたらご本名の方で…と
思って検索したら見つかりました。ご本人写真も
ありましたので同性同名の方ではないと思いますが…。

でも特に記事とかつぶやきのようなものはされていないようですね。

もしご本名以外でアカウントを持たれていて、何か私が
読んでも構わないようなものをつぶやかれていたりしたら
教えて下さいませ。

>個人のページのURLってあるんですか<
それはありますhappy01。facebookでいうと
https://www.facebook.com/の下にアカウントが付くものに
なりますかね。適当に芸能人か有名人の名前で検索すれば
検索結果にも出てきますよhappy01

ちなみに私はSNSではmixiに「コウ中村」でアカウント持ってます。
もしmixiにアカウントお持ちでしたら検索されてみて下さい。
(特にブログと違う事は書いてませんが。)
ではでは。

投稿: コウ中村 | 2015年11月29日 (日) 00時41分

>中村さん

facenookは、地元の逗子・鎌倉グループには時々書き込んでいるんですが、自分のタイムラインにはまれに、虫とか植物とかの話を書き込むくらいでしょうか。

mixiはアカウントを持っていますが、最近はもうまったくアクセスしなくなってしまいました。

投稿: かば◎ | 2015年11月29日 (日) 02時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208697/62646242

この記事へのトラックバック一覧です: シイの実のまとめ:

« Spanish Panzer I (15) | トップページ | ぼいて75mm資料写真+α »