« Spanish Panzer I (11) | トップページ | タウリン1000mg »

Spanish Panzer I (12)

SUMICONネタ、I号戦車(スペイン改造型)製作記の続き。砲の製作。

●この改造型は、イタリア製ブレダ20mm砲(Breda 20/65 Mod. 1935)を搭載している。もともとは軽対空機関砲だが、スペイン内乱当時の軽装甲の戦車相手なら、十分強力な武装だったはず。なお、wikipediaによれば、ドイツの20mm機関砲、FlaK30や38とは弾薬が共通だそうだ(ゾロトゥルン系の20mm砲弾)。

L6やAB41の主砲として使われている……といっても、模型製作上、砲身の先が共通なだけなので流用対象外だが、機関部まであるベアなタイプがイタレリのAS42サハリアーナに入っているほか、ロバだか馬だかが牽引する単体キットもある(ただし、そちらは店頭で見たことはない気がする)。

もっとも、そこから砲身周りだけ流用するとごっそりパーツが余ってしまうし、そうまでして使いたいほどシャープなパーツではないので、コツコツ自作することにする。

●単純に「きれいな丸棒」を使いたい場合はエバーグリーンかプラストラクトがいいのだが、砲身に使うには柔らかすぎて曲げてしまいそう。適当な細さでテーパー加工しやすそうなパーツを探して、結局、フジミ76のPaK40の砲身を削ることにした。

ただし、最初はイタレリのパーツを参考に1本まるっとテーパーをつけて削ればいいのかと思っていたのだが、実物写真を見ると明らかに途中で太さが違うので、結局前後分け、後ろ側は別材(たぶんカステンのランナー)て作って接いだ。

砲身下のロッド(というかガスパイプ?)はコントレールのプラ棒。フラッシュハイダーとその後ろのリングもやはりコントレールのプラパイプを削ったもの。

F1012922 F1012924

と、ここまで作って、I号戦車改に搭載のものは中途に小さい防盾が付けなければいけないことを思い出す。フラッシュハイダーとリングが未接着で差し込んであるだけだったので助かった。

F1012991小防盾は円筒の表面を切り取った形状をしていて、最初は0.3mmプラバンを熱して型押ししようと思ったのだがシワシワになって上手くいかず、エッチングの切れ端も面倒くさそうで、結局、ドラゴンのM10パンターの不要部品(おそらく元のG型の排気管カバー)を切り抜いて縁を薄く加工した。

砲身後半の上部に変な箱状のものが付くのはブレダ20mmの特徴だが、I号改に搭載のものは、ある程度鮮明に写っている写真で見る限り、現存の砲や、イタレリのパーツのそれとちょっとディテールが異なっている。もしかしたら、カバーをかぶせた状態なのかもしれない。

ひとまず加工の終わった砲身と、イタレリのパーツの比較は以下。

F1012988 F1012987

●1枚目の写真にあるように、カステンの履帯の整形と繋ぎも並行。トライスターのI号A型は、旧版キットはカステン製、新版キットは(契約が切れたのか、それともバルクで仕入れたパーツがなくなったのか)自社製の履帯が入っている。

F1012923ディテールそのものには特に優劣はない感じだが、塗装の手間を考えると、非可動のトライスター製より可動式のカステンのほうがありがたい。

製作中、やけにプラがパキパキと硬くもろいのが気になった。以前にもカステンの何かの履帯のランナーを加工していてそう思った。もともと硬くもろいプラを使っているのか、それともプラが劣化しやすいのか、ちょっと気になる。

キット指定の枚数は87~88枚だが、87枚だとちょっときつすぎる感じ。つなぎ終わった記念に、足回りを仮組して全体形の写真を撮ってみた。

F1012950 F1012953

|

« Spanish Panzer I (11) | トップページ | タウリン1000mg »

I号戦車」カテゴリの記事

製作記・レビュー」カテゴリの記事

コメント

部品がなきゃ作っちゃえ!とか無責任に言ってみたりするけど、ほんとに作るのは気力がいりますが、いつでも本当に自作してしまうのはすごいと思います。
最近は店頭でイタレリのキットを見かけなくなって、ちょっともの寂しいです。タミヤのせいなのかな・・・

投稿: みやまえ | 2015年9月17日 (木) 22時38分

イタレリの比較的売れ筋の商品はタミヤが入れてくれるので安定供給が望めるのですが、逆に、タミヤが扱わない商品は手に入れにくくなっているのかもしれませんね。

金型改修・アップデートされた元スーパーモデル72のCR32が欲しいのですが、売ってないんですよねー。いやまあ、ハナンツあたりから買えよって話なんですが。

投稿: かば◎ | 2015年9月20日 (日) 22時33分

>ハナンツあたりから買えよって話なんですが。
そういうのは情弱な私にはハードル高いですよ〜
皆さん直販とか活用されてるようですけれど・・・

投稿: みやまえ | 2015年9月21日 (月) 23時12分

いやいや。私も最近はさっぱりです。
今は海外の通販でも所定のフォームに必要事項を記入するだけでOKなわけですが、やはり英語でいろいろ書いてあると、「ここはナニを書いたらいいですのん?」と思うことはしばしばで面倒ですし、そもそも、ある程度まとめて注文しないと送料がもったいない反面、万年金欠なのでそうそう贅沢に買物なんてできませんし。

投稿: かば◎ | 2015年9月23日 (水) 18時55分

http://www.1999.co.jp/10349262
スペイン内戦 #3 I 号戦車B 型/I 号戦車20mm 機関砲搭載型 デカールセット
などという素敵な製品が・・・

よく見たら機関砲型は2種類だけじゃん!

投稿: めがーぬ | 2015年9月29日 (火) 12時16分

http://msmodelswebshop.ocnk.net/phone/product/11895
コッチのほうが詳しかった。

しかしこのシリーズ
#1のT-26はともかく、#2のシュナイダーは素敵すぎますね。

投稿: めがーぬ | 2015年9月29日 (火) 12時21分

>めがーぬさん

ありがとうございます。
このデカールの、実は今回のI号を作り始めた頃、CAMsのT.Wongさんから「資料に」と送られて来ていたのでした。

でも、Bison Decalのものだと思っていたんですが、別なんですね……(と思って改めて調べたら、Bison Decalの別ブランドでした。塗装図のレイアウトが似ているわけです)。

なお、ブレダ搭載I号は4輌製作されたことになっているので、「2種類だけじゃん!」といっても、全車両の半分が取り上げられていることになります。コレはすごい!(笑)

もっとも、現存写真そのものも限られているので、ほんとにここまではっきり、2輌分、塗装とマーキングが判ってるの?という疑問も少々。とはいえ、そもそも資料も少ないので、これを参考にしつつ、なんとなく「それらしく」マーキングできればなあ、などと思っています。

投稿: かば◎ | 2015年10月 1日 (木) 22時58分

>CAMsのT.Wongさんから「資料に」と送られて来ていた
おお。
T.Wongさん太っ腹ですね~

>ほんとにここまではっきり、2輌分、塗装とマーキングが判ってるの?
アフターパールのデカールに限らず、
キット付属のデカールもソース不明なものがありますからね。
(メーカーによっては明らかに間違っているものも)

投稿: めがーぬ | 2015年10月 6日 (火) 20時40分

>めがーぬさん

ああっ。完全に言葉足らずでした。
送られてきたのはこの塗装図の画像です(^^;

以前にもちょっと触れましたがCAMsは今後ヴィッカース6t戦車を出すそうなので、今から非常に楽しみです。

>>アフターパールのデカールに限らず、
>>キット付属のデカールもソース不明なものがありますからね。
>>(メーカーによっては明らかに間違っているものも)

多々ありますね。
もちろん、同じ時に同一車輌を前後左右から全部撮影してある、などという例はものすごく希少だと思うので、推測混じりになるのはまったく致し方ないことなのですが、時々、どう考えても「テキトーに、こんなもんでいいダロ」という姿勢で作られたものがあったりすると脱力感を覚えますね。

投稿: かば◎ | 2015年10月 7日 (水) 14時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208697/61584835

この記事へのトラックバック一覧です: Spanish Panzer I (12) :

« Spanish Panzer I (11) | トップページ | タウリン1000mg »