« 尾根の海軍標石 | トップページ | ビッカースのおみ足 »

リベットぷちぷち

●今年も週末模型親父さんのところのSUMICONが開催されることになっていて、5月1日スタート。一応、エントリーだけは済ませてあるのだが、作るキットは未定。

8204

なにぶんにも期間半年という長丁場のネットコンペなので、それなりにじっくり楽しめるネタでないと面白くない。と言いつつ、途中で行き詰って、結局最後でバタバタしたりするのだけれど。

Kits一応、今のところ候補と考えているのが、以下の3つ。

(1).TACAM R-2(CMK)

CMKがPz.Kpfw.35(t)のバリエーションキットとして発売したもの。発売したのっていつだったかなあ。なぜかこのキットはバウマンの箱入り、箱には日本語のキット名や解説も入っている。

その後、アカデミーやブロンコから35(t)の新キットが出てしまい、このご時勢だとそれらのバリエーションとして「TACAN R-2の新キットががががが」なんてこともあり得ないとは言えず、作るとすれば今しかないのかも、と思ったりする。

もっとも、戦闘室上部内側の砲弾ラックのパーツは入っているのだが、車体のほうの内部はがらんどうなのが悩ましい。その後出た弾薬運搬車型では車内パーツ入りのものもあって、また、TACAMも車内パーツ入り版が一時出たとどこかで読んだような覚えも。

(2).クブシュ(ミラージュ・ホビー)

昨夏発売の新キット。詳細はこちら。「作りたいキット」としては上位にあるのだが、手間がかかりそうなキットではあるものの、内部やシャーシは手の入れようがなく、特に装備品の類もないので、半年掛けるキットとしては不足感があるかも。

(3).I号戦車A型・ブレダ20mm搭載型(トライスターほか)

スペイン内乱時、フランコ軍による改造車輌。トライスターの旧版I号A型の成仏を兼ねて。MBとHiPMのキットは一応そのものズバリのタイプなのだが、どうにも情けない出来なので、引っ張り出して来たものの3個イチの材料としても参考品としてもあまり役立ちそうにない。

ほかにもMBのルノーD2とか、ドラゴン/サイバーのT-34 STZとか、あれこれ目移り中。

●「作りたいキット」上位ながら、CAMsのビッカース水陸両用戦車(Vickers Carden-Loyd Amphibious Tank A4E12)は、すでに少しいじってしまっているので、「お手付き禁止規定」に引っ掛かるので候補除外。もっともSUMICONとは関係なく、こっちはこっちでじわじわ製作の予定。

というわけで、砲塔の製作を少し進めてみた。

キットは非常にこだわりを感じる優れもので、基本、箱の中にあるものだけで素敵なA4E12が完成するはず。ただしパーツの成型には少し頼りない部分もあったりするので、その分の調整は不可欠。

F1018229 F1018230特に砲塔は戦車キットの場合「顔」にあたる部分でもあるので、とにかく念には念を入れてすり合わせをするようにしたい。例えばここのレビューでは砲塔や車体の合わせに若干のパテを使っているが、入念なすり合わせを行えば、パテを使わずに済む程度にはピッタリ行く。

砲塔後面パーツは、上辺にわずかに樹脂の回りが足りていない部分があったので、プラ材を足して削った。写真右で、白くなっているのが足した部分。

キットレビューの際に書いたように、キットの砲塔は成型の都合で、一部のリベットが涙滴形になっている。そのうち、変形が著しい部分に関してはリベットを植え替えることにした。一応、マスタークラブのレジン製リベットを植えるつもりで、ドリルで穴を開けたのだが、買い置きの丸頭リベットは0.7mmと0.5mmしかなく、前者は大きくて後者だと小さすぎる感じ。ただし、実車でもやや小さめのリベットを使っているように見える、後面ビジョンポートと、前方リベット列下横の2つのリベットには0.5mmを用いた。上の写真でもその部分はすでにマスタークラブのリベットを植えてある(ビジョンポート左辺の、植え替えた3本がきちんと一列になっていないのはちょっと恥ずかしい)。

F1019752 F1019753というわけで、メインのリベット列には0.6mmを新たに仕入れて使いたかったのだが、どういうわけか、どこも0.6mmだけは在庫切れ。仕方がないので、タミヤ1:48のマーダーIIIの車体下部からリベットを削ぎ取ってきて使った。穴を開けた意味無し!

タミヤのソミュアのように、部品の合いだの精度だのに関してまったく何の心配もないキットというのはもちろんよいのだけれど、少々すり合わせや組み立てに手間と注意が必要でも、マニアックに考証にこだわったこういうキットは、作っていてなんとも楽しい。

|

« 尾根の海軍標石 | トップページ | ビッカースのおみ足 »

かば◎の迂闊な日々」カテゴリの記事

ビッカース水陸両用戦車」カテゴリの記事

製作記・レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208697/59819478

この記事へのトラックバック一覧です: リベットぷちぷち:

« 尾根の海軍標石 | トップページ | ビッカースのおみ足 »