« 隼号、発進(2) | トップページ | 隼号、発進(3) »

海開き

●相変わらず仕事で煮詰まり中。

●21日土曜日。チビが通う保育園からの緊急避難路にあたる、山の斜面を上がる道2ヶ所の草刈りに動員される。

小学校の裏から披露山庭園住宅に上がる道では、指の先ほどの大きなクワの実がどっさりなっていたのだが、草刈りの前に虫除けに殺虫剤だか虫除けスプレーだかをたっぷり散布したと言われてがっかり。

●27日金曜日。しばらく前に(といってももう数ヶ月になるかと思うが)逗子のなぎさ通り・池田通りの交差点近くにできたカレー屋「spice tree」に、かみさんとともに昼食に行く。

隣の畳屋の古い仕事場だったのを、古い建物はそのままに開店したもの。ラムと青唐辛子のカレーを食べる。ナンはなく、インディカ米のライス。コリアンダーリーフ(パクチー)やいんげんが散らしてある。カレーにもパクチーたっぷり。ほか、ピクルスなど付け合せ少々、マイルドな豆のカレー(というよりおかゆ風)も一杯。これはカレーが辛すぎた場合に混ぜると味がまろやかになります、というアドバイス付き。1300円。

なかなか美味(しかもしっかり辛い)。例えば鎌倉のT-sideなど、いかにも正統派な感じのインド料理屋と比べると、調理も盛り付けも、ちょっとオシャレな感じ。

●29日日曜日。日中、自室内にいても暑くてうだるばかりなので、チビを連れ、家人と散歩に出る。スーパーに行ってお菓子を買い込み、逗子の海岸でおやつにしよう、などというダルダルな計画のもと、ちんたら歩く。

●逗子海岸に着くと、なんともう海開きしていた。近所に住んでいながら知らなかった。もっとも調べてみると、「とっくに」というほどではなく、一昨日からだそうだ。

F1015024F1015020 まだまだ海水浴客も少なく、浜にもずいぶん余裕がある。今日はカンカンの快晴、へんぽんと翻る遊泳・適の青い旗。そういうことなら、私も海に入りたかった。

北西の空を見ると、分厚い雷雲がむくむくと成長しながら続いている。東京の西部はまたゲリラ豪雨でも降っているのではと思ったが、実際にそうだったらしい。

あれこれジャンクなお菓子を食べつつ、チビがパンツまでびしょぬれになったり砂遊びしたりするのを眺めたり、ビキニパンツを履いた逆三角形の体型のじーさんが通りかかるのを見て恐れおののいたりして時間を過す。

●最近のいきもの。

F1014990 F1014947 F1014957 F1014907

上左から。

  • 近所で見かけたムラサキシジミ。この辺で見かけるシジミチョウのなかで翅表の美しさはピカイチだと思うが、しばらく待ってみたものの、地味な翅裏しか見せてくれなかった。残念。
  • 今年も目撃、萌え系ニーソカメムシ、キバラヘリカメムシ。よく見ると“ニーソックス”上端に折り返し模様もあってなかなか凝っている。
  • 名越の峠道で見つけたキイチゴ(ナワシロイチゴ)。同じキイチゴでも、先日食べたモミジイチゴに比べると味は落ちる。
  • しばらく前に家の中にさまよいこんで来ていた虫。カミキリモドキの一種かと思ったのだが、カミキリモドキにはこのような配色のものは(少なくとも一般的な種類には)いないようだ。こういうカミキリムシ体型の虫はいくつかの科にまたがって存在しているので、実は名前調べがなかなか厄介。現時点でなお同定できず。

|

« 隼号、発進(2) | トップページ | 隼号、発進(3) »

いきもの」カテゴリの記事

かば◎の迂闊な日々」カテゴリの記事

コメント

逗子の海は暖かでいいですね・・・って最後に泳ぎ行ったの28年前っすけど・・・

投稿: みやまえ | 2014年6月30日 (月) 22時40分

>みやまえさん

あれ。ご近所でしょ。みやまえさんとこ、冷たいんですか?

ちなみに私も、久しく逗子の海で(どこの海でも)泳いでいません。その昔、駅前に住んでいた頃は、真夏は自転車で海に行ってひと泳ぎして、それから都内に仕事に出るという、ような真似をしていたこともあるのですが。

投稿: かば◎ | 2014年6月30日 (月) 23時24分

三浦海岸はけっこう冷たいですよ。
逗子海は浅くて温かい印象があります。
女の子たちといった関係もあるのかもしれませんが・・・(デートじゃなくて高校とかバイト先のみんなで行ったのでした・・・)

投稿: みやまえ | 2014年7月 2日 (水) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208697/56649316

この記事へのトラックバック一覧です: 海開き:

« 隼号、発進(2) | トップページ | 隼号、発進(3) »