« 尾根歩き | トップページ | 銀の亡霊 »

フォードGPW

●一昨年の、池袋東武での「タミヤ・モデラーズギャラリー」で展示されていた、フォードGPW、1942年型。写真を多少撮ったのにそのまま放置してあったので、唐突ではあるけれど、腐らせておくよりはと載せることにした。

実際に模型を作っていると、資料を前に「ここの細部写真が欲しいんだよ! なんで誰もこんな大事なところを撮ろうと考えなかったんだよ!」と歯噛みする(←変なヤツ)ことも多いのだけれど、実際に自分が実車を前にすると、どこを撮ったらいいかオタオタしてしまい、結局、割と中途半端な写真ばかりある気がする。

●フォードGPWは、大戦中、ウィリスMBと同一仕様で生産されたいわゆる“ジープ”。専門家ではないので、この実車のオリジナル度はよくわからないし、1942年型と言われれば「ほほう」と言うしかないのだが、その年式が正しければ、1942年はフォードでGPWの生産が始まった年なので、GPWとしては初期型ということになる(もっとも「1942年型」と呼ばれる仕様が何年間か続けて作られていたということもありえるわけだが)。

なお、パーツはGPWとMBの間で互換性があるため、現場では使い込まれるほどに、修理によってどんどん両社製の特徴が入り混じって行ったはずである。

●と、ウルサイ前置きはそれくらいにして写真。

F1032187 F1032186 F1032203 F1032190b F1032191b

まずは若干引いた写真と、左側面の工具など。

F1032210 F1032209 F1032207 F1032188b

フロントグリル、バンパー裏など。グリルの直後、ラジエータとの間の最前部クロスメンバーの断面が角ばっている(つまり、グリルとラジエータの間に見えている上面が平たい)のはフォードGPWの特徴で、ウィリスMBだとこれが丸い。バンパーのフレームへの取り付け部前面に小穴がある(左写真の、バンパーの文字[4-]と[X]の間、[H]と[Q]の間)のもGPWの特徴であるらしい。グリル中央下の小ボルトのためのふくらみは、タミヤのキットの箱絵にはあるがパーツにはない。しかし実車でも写真によってはないように見えるものもあり、年式・メーカーによりあったりなかったりするものなのかどうか、個人的に今後のリサーチ対象(HJ別冊の「JEEP JEEP JEEP」がパッと出て来ない)。

F1032208 F1032206b

フロントライトの穴が単純な丸ではなく、微妙にオムスビ形なのは比較的有名。タミヤの「SASジープ」は、初版「ウィリス・ジープ」の単純なバリエーションではなく、基本形も細かく修正されており、このオムスビ形もSASジープで初めて再現され、大塚先生が「JEEP JEEP JEEP」で大いに褒めていたような記憶が。右写真ではライトコードもチラ見えしている。ライトの直上でグリルプレートがくぼんでいるのは、ライトをひっくり返してエンジンルームを照らす際のためだろうか?

F1032193 F1032195 F1032194 F1032196b

左のブラックアウトライト、ボンネット留め具、フロントウィンドウなど。BOライトのコードはフェンダー上で下に引き込まれる。ボンネット後部から出て可倒式フロントウィンドウ支柱に這わせたコードはワイパー用なのが、4枚目写真で判る。適度に省略され作りやすい一方でスタイルが良いタミヤのウィリスMBのキット(2代目)は傑作だと思うが、いくら細かい部品とはいえ、結構目立つボンネット前側の碇型留め具がないのは省略しすぎな気がする。この留め具のうち、上側の寝ているヤツは、ウィンドウを倒した時の固定用(タミヤの箱絵に、その状態がきっちり描かれている)。というわけで、ウィンドウを倒した状態で作る際には、これを引っ掛けた状態にするとポイントが高い(誰的に?)。

F1032192 F1032189 F1032204 F1032205 F1032201

前輪周り。フェンダー下、右側のバルジ(1、2枚目)、左側のエアスクープ(3枚目)、左前輪のステア機構やショックアブソーバなど。ハブ中央形状は前輪と後輪とでちょっと違う。

F1032202b F1032200b

荷台と後輪。仕様としてはラジオ・ジープ(無線車)になっていて、荷台右側にはアンテナ・ポストが増設してある。

F1032199 F1032197b F1032198

リア。ジェリカンラックとナンバープレートに隠れて見えないが、1942年式フォードGPWということなら、この陰にお馴染みの書体で「Ford」のロゴがプレスされているはず(Script Ford)。

|

« 尾根歩き | トップページ | 銀の亡霊 »

資料・考証」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。
貴ページからリンクしていただいている「模型のページあしからず!」の清水です。

この度、ホームページを
http://www.pz6e.tank.jp/
に移転することになりました。

大変、お手数をおかけして申し訳ありませんが、
何かの更新のついでで構いませんのでリンクURLの変更をお願い申し上げます。

それでは、用件のみで失礼いたします。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: あしからず! | 2014年3月23日 (日) 20時46分

これはこれは、どうもご無沙汰しまして申し訳ありません。
早速直しておきます。

しかしhtmlいじるのは久しぶりで、やり方覚えてるかな……。

(追記:なんとかhtmlエディタとFTPの使い方を思い出し、修正しました。あーよかった^^;:)

投稿: かば◎ | 2014年3月23日 (日) 22時05分

お邪魔します♪

アップありがとうございます!!!
ジープ、奥が深いかも~っ(汗)
ヘッドライトカバーはこちらを参考に再現します(^-^)v

投稿: kunihiko | 2014年3月24日 (月) 12時30分

>kunihikoさん

おいでいただきありがとうございます。

写真を見てから改めてタミヤの箱絵を見ると、ディテールの情報密度が高いことに改めて驚きます。すごいなタミヤ……。

投稿: かば◎ | 2014年3月25日 (火) 23時09分

写真有難うございます!
第二次世界大戦ブックスのジープを最近読みなおしたのですが
爆撃で愛車を破壊されたGIが泣きながら
新しいのじゃダメなんだ!こいつが好きだったんだよ!って泣き続けていたというエピソードが
ジープの道具を超越した魅力を物語ってるなーと思いました!

投稿: みやまえ | 2014年3月26日 (水) 00時22分

>みやまえさん

確かHJ別冊「JEEP JEEP JEEP」だったと思うのですが、ジープネタのカートゥーンがいくつか載っていて、その中に、

「修理不能なまでに壊れたジープに向けて、泣きながら拳銃を向けているドライバー」(倒れた愛馬を泣く泣く処分するカウボーイのパロディ)

というのがあったと思います。そっくりの実話があるんですね。

投稿: かば◎ | 2014年3月26日 (水) 15時24分

左目と右目を並べた画像、まとめて巨○兵に見えてしょうがないです。

投稿: donji | 2014年3月26日 (水) 19時25分

>donjiさん

なぎはらえー!

って、ジープ写真ネタでdonjiさんからコメントなんて珍しいなあ、と思ったのに(笑)。

投稿: かば◎ | 2014年3月26日 (水) 22時14分

ブラックアウトライトのカバー?が黒いのが気になる~

投稿: めがーぬ | 2014年3月27日 (木) 12時20分

>めがーぬさん

うーん…黒いのかな。車体色(OD)が、陰になって黒く見ているだけかもしれません。写真はこれで全部で、角度違いで撮ったものがないので確認できませんが。

現物はライト前面が覆われていて、ヒサシ部分の直下だけに灯りがもれるスリットがあるだけのもののようです。

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:M38_Blackout_Driving_Light.jpg

投稿: かば◎ | 2014年3月27日 (木) 13時52分

URLにある
Blackout_Driving_Light
で画像検索したら、同色のものと黒いものと2種類あるみたいです。

投稿: めがーぬ | 2014年3月28日 (金) 12時57分

>めがーぬさん

おおっ。なるほど。ヒサシ部分に反射した光が、またライトカバー前面を照らして目立つのを防ぐ処理ですかね。意外に芸が細かいなあ。

投稿: かば◎ | 2014年3月28日 (金) 13時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208697/55484337

この記事へのトラックバック一覧です: フォードGPW:

« 尾根歩き | トップページ | 銀の亡霊 »