« 電話は2番 | トップページ | スロバキア陸軍LT-38メモ »

タシュ!?

●いくつかの仕事の締切が重なって泣きべそ状態になっていたが、何とかクリア。

●そんなわけで、ようやく一息ついたので、久々に模型製作。何か一つでも完成させようというわけで、ほぼ組み立ては終了しているトライスターの38(t)を引っ張り出し、ちまちまと履帯つなぎを始める。

トライスターの38(t)履帯は、接続部両側に小さく凹凸があり、いわゆる「パチハメ式」に繋ぐことができるようになっている。しかしレジンパーツほどの弾力はないので、だいぶ頼りない状態でしか繋げない。細かいバリなども部分的に出ているので、クリーニングにもちょっと気を使う。

それが面倒ならカステンの可動式を使えということになるのだが、キットの履帯の彫刻が悪いわけではないので、そこまで奢る気にはなれない。

すでにフェンダーまで付けてしまった状態で、上側に自然なたるみを付けながらうまく這わせることができるか、ちょっと不安。

●トランペッター、ホビーボスが今年から来年にかけての新製品予定を一気に公開しているが、まさに怒濤の展開。

特にホビーボスの予告が驚きで、私の個人的興味にひっかかる部分だけ書いても、

  • T-34-85:……としか書いていないが、出ている写真は43年型。
  • T-26シリーズ:傾斜装甲型、火炎放射型に加え、馬蹄形砲塔の対空機銃架付き後期型もいよいよ(私の認識だと33年型後期型ということになるのだが、キット名称は36/37年型としている。何らかの新資料に基づいているのかどうかは不明)。
  • ルノーR35シリーズ:本命の戦車型もいよいよ。
  • T-37シリーズ:確か無印T-37はもう出ていたはず。
  • T-40シリーズ:これでSTARTのは御役御免だなあ。
  • GAZ-AA/AAA:なぜ!? しかしMiniartのキットは高いので、それなりの出来なら需要はあるのかも。
  • コムソモレッツ:先般出た簡易のキットはそれほどの出来とは思えなかったので、ちょっと期待。今のところ中期型、後期型を予告。
  • タシュ:驚愕! タシュ(TAS)は70口径75mm搭載のハンガリーの試作重戦車……というよりも、車体を組み立て始めたところで爆撃で壊されてさっさと計画放棄になってしまったので、計画重戦車と呼んだほうが近いかも。ちなみに当時のハンガリー軍では75mm搭載で重戦車の扱い。そのうちタシュ駆逐戦車も出すのだろうか。

「読書メーター」というサイトがあって、自分が読んだ本を登録し、感想文なども書き込み、さらには他人の感想文も読んで交流もできる。

また、読んだ本の傾向によって、自分に近い読書傾向を持った人がリストアップされたりする。

……そんなサイトを数年前から利用しているのだが、ここのところ、「ソードアート・オンライン」とか「まおゆう」とか「はたらく魔王さま!」とか、そのあたりのライトノベルをの登録が比較的多かったためか、近い読書傾向の人として、萌え萌えなライトノベル専門の若者の読書家さんが相性トップにリストアップされてしまった。しかも相性度90%ってどういう計算なんだ。

●明日(23日)日中は、晴れていたら散歩にでも出掛けよう……。

|

« 電話は2番 | トップページ | スロバキア陸軍LT-38メモ »

38(t)戦車」カテゴリの記事

かば◎の迂闊な日々」カテゴリの記事

製作記・レビュー」カテゴリの記事

コメント

GAZ-AAはついでで本命はBA装甲車じゃないでしょうか。ミニアートがモタモタしてるから~と個人的には言いたくなりますが、案外向こうも我関せずで出してくるかも。T-26のミニアート版ハイエンドモデルが出る可能性はまだ捨ててませんw。タシュはミニアートのⅢ号以上に予想の斜め上でしたが、正直“パンターモドキ”の感が拭えないので流石に手は出さないかな~。

投稿: hide | 2014年1月24日 (金) 20時17分

>hideさん

miniartも、なかなかBAに進まずに燃料補給車とかヴァンタイプとか、なんかもうそういうのは3rdパーティに任せてもいいんじゃ……方面に進んでますからね。

まあ、いずれはminiartからもBAは出るのでしょうが……いつになるやら。

タシュに関しては、単にパンターのハンガリー版というより、足回りの感じから、パンターを参考にした戦後第一世代戦車、みたいな感じがしています。

しかし、そもそも(よく出回っている)完成予想模型のような形に、本当になったかどうかさえよく判らない戦車だからなあ。

投稿: かば◎ | 2014年1月25日 (土) 12時09分

凄いラインナップですよね。
ホビボと結構カブッているのが気になるんですが、協力関係なんでしたっけ…?

T34/85の43年型は、確かドラにもなかったですよね…。

投稿: TFマンリーコ | 2014年1月25日 (土) 20時32分

>TFマンリーコさん

ホビーボスはトラペの関連会社だったと思います。親会社のそのまた親会社の傘下なんだったかな?

最初はトラペが35AFV主軸、ホビーボスが48AFVという具合にラインナップを切り分けているのかと思っていたんですが、そのうちホビーボスも35を始めて、いまやどっちがどうなのかワケワカラン状態ですね。

T-34-85の43年型はクラスナエ・ソルモヴォ工場またはキーロフスキー工場製で、単に砲や砲塔を変えればいいというのではなくて、車体のこまごまとした特徴を上記の工場独特の形態に合わせる必要があります。どこまでちゃんとやってくれるかなあ。

投稿: かば◎ | 2014年1月27日 (月) 05時10分

ちなみに
「メリットインターナショナル」も
大物担当の関連会社らしいですね

投稿: めがーぬ | 2014年1月27日 (月) 12時16分

メリットの塗装済完成品、1:16のT-34-85って、トラペのキットなんですかね?

投稿: かば◎ | 2014年1月27日 (月) 15時44分

ttp://hasegawa-model.co.jp/hp/importitem/merit/index.html

>1:16のT-34-85って、トラペのキットなんですかね?
でしょうね。
M19戦車運搬車なんかは、発表時はホビーボスのマークがついていました。

投稿: めがーぬ | 2014年1月27日 (月) 17時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208697/54711134

この記事へのトラックバック一覧です: タシュ!?:

« 電話は2番 | トップページ | スロバキア陸軍LT-38メモ »