« ……磨崖仏? | トップページ | たうねんどりんぐ »

夜の神保町

●……にて、ひとり夜明かし中(11日~12日夜)。

だいたい夜の神保町というのは別に嫌な場所というわけではないが、とはいえ、ふらふら外にさまよい出ても、コンビニくらいしか行く当てが無い。

●11日木曜日、家を出て、坂道の途中のクズの藪を覗くと、すでに3匹ほど、茶色い成虫になっているツチイナゴを見掛けた。先日写真を撮った状態がすでに終齢幼虫であったらしい。写真を撮ろうとしたら逃げられた。歳を取るだけ落ち着くってわけでもないようだ。

●事務所に遊びに来たSさんから、B社の話を聞く。実は昨年B社から請けてやった仕事のギャラを7~8割しか貰っておらず、その後も数度、「今月末、請求できるように未払い分の金額を計算して連絡するから」とB社のT氏に言われているのだが、結局そのままになっている。

が、私などはまだいいほうで、聞けば、Sさんは貰っていない割合の方が多いのだそうな。B社のその事業部はまったく仕事が回っておらず、多方面にギャラの未払いが発生している由。……取りっぱぐれたらどうしよう。

●ここ半月ほどの読書。以前読んだにも関わらず、かみさんが間違えてまた図書館から借りてきた塩野七生の「十字軍物語3」を再読。第3次十字軍のあたりだけでもまた読もうか、などと思いつつ、結局また最後まで読んでしまった。やはり第6次十字軍は素敵だ。

さらに実家からサルベージしてきた澁澤龍彦「異端の肖像」、その後はbookoffで買った修道士カドフェル・シリーズの第1巻。カドフェル・シリーズは以前、BBC制作のテレビドラマをNHKで放映していたこともあるが、中世イングランドの修道院にいる、カドフェルという名の修道士が主人公のミステリー。カドフェルは世の酸いも甘いも噛み分けた元十字軍兵士のウェールズ人で、持ち前の植物の知識なども駆使して、事件を解決していくというもの。ウンベルト・エーコの「薔薇の名前」ほど重苦しさはなく、石頭の副院長などをちょっと小ずるくかわすあたり、ニヤリとさせるところもある。このシリーズ、以前全巻持っていたのだが、知り合いに進呈してしまい、改めてまた欲しいと思っているもの。

先の週末は、畠中恵の「ゆめつげ」。これも以前に読んだのだが、またかみさんが間違えて借りてきたもの。そんなんばっかし。続いて「志ん生長屋ばなし」。11日、西尾維新「憑物語」を買ったが、読むのは「志ん生長屋ばなし」を終えてから。

……本の傾向、ばらばら。

●先週末以降、あまり腹の調子がよくない。

●考えてみれば、夏以降模型屋に行っていない。7月に東武のモデラーズギャラリーに行ったのが最新?

模型屋に行きたいよ、模型いじり倒したいよ~。

|

« ……磨崖仏? | トップページ | たうねんどりんぐ »

かば◎の迂闊な日々」カテゴリの記事

コメント

かばさんのお腹の調子が悪いと、アイス食べれなくなっちゃうんじゃないかと、そこんところが何故か心配。

総裁ヤーメタって言われたらコマッチャウからかなw

投稿: つんきち | 2012年10月12日 (金) 08時00分

>つん姐さん

いや、まさに夕べ、夕食の帰りにローソンで「パピコ抹茶味」を買って食べたんですがね……。

事務所の冷蔵庫にまだ半分残っているので、来週早々、また美味しく頂きたいと思っています。

投稿: かば◎ | 2012年10月12日 (金) 19時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208697/47414213

この記事へのトラックバック一覧です: 夜の神保町:

« ……磨崖仏? | トップページ | たうねんどりんぐ »