« タミヤ35新作、シムカ・サンク(3) | トップページ | 百日紅 »

阿修羅

●神保町における季節労働真っ只中であり、ほぼ毎日、神保町に出掛ける。

逗子駅では、海水浴場に遊びに行く人々がわらわらと電車を降りてくる。中には、肩の大きく開いた服からすでに着込んだ水着がチラ見えする女の子などもいて、そういう人たちの流れに逆行して都心に向かうのは、なかなか精神的ダメージが大きい。

もちろん、その場に横溢している「遊ぶぞー、遊ぶぞー」という力場のようなものを潜り抜けるのにエネルギーを削られるのであって、ピンポイントにおねーちゃんの水着に弱い、ということではない。念のため。

●実際には前回の書き込みに前後して、先週の火曜日か水曜のことだが、例によって神保町の事務所で遅くまで仕事をしていると、自宅より連絡。娘の部屋にスズメバチが迷い込み、怖くて眠れないという。

流石にスズメバチが相手では無闇に追い立てると危なそうだし、刺激せずに階下で寝るように指示する。

帰宅して、おっかなびっくり、さてどう対処しようかと覗いてみたら……スズメバチではなくアシナガバチだった。片田舎に住んでいるのだから、スズメバチとアシナガバチくらい判別して欲しい。

自室にあった透明なプラスチックケースをかぶせて捕獲、屋外に退去願う。

F1032269

●なんだかいろんな意味で突っ込んだらいけないような気がするネーミングのパン。

●コンビニのペットボトルのお茶に「けいおん」のストラップか何かのオマケがついており、仕事仲間のK女史、P女史と一緒に買い物に行くと、

「いいんですか? 要らないんですか?」

と、やかましい。

「それじゃいやだ! ○○ちゃんじゃなきゃ要らない!」

と返して、まさにオタクであるならそうでなければいけない返答だと感心されたが、実際には○○に入れるべき名前がぱっと出てこなかった。

F1032263●フィギュアつながりで。

先日迦楼羅を引いたのは、書泉グランデの宗教関係その他の本がある階に置かれたエポック社の「和の心 仏像コレクション2」というガシャポンなのだが、その後しばらくして、同シリーズの第一弾が隣に増えていた。

またまた、ついふらふらと引いてみた結果が、極彩色バージョンの阿修羅。ディテールからは明らかに興福寺の阿修羅をモチーフにしていると判るが、顔はだいぶ適当な感じ。

ちなみにこの「和の心 仏像コレクション」は現時点で第4弾まであるそうなのだが、私は今のところ第2弾までしか見たことがない。

|

« タミヤ35新作、シムカ・サンク(3) | トップページ | 百日紅 »

かば◎の迂闊な日々」カテゴリの記事

コメント

ぅおっ!!
極彩色の阿修羅像だ~~~!!ほすぃ~~~~!!

顔のつくりは興福寺の像のレベルを求めたらアカンと思うのだ。
興福寺のんは、あまりに美しすぎる。

このぐらいのお顔がなんかいい加減さもあって、ほのぼのさせるw

投稿: つんきち | 2012年8月11日 (土) 19時45分

一方こちらは別にたいして欲しくも無いんですがね、
欲しくも無いんですよ、ええ。
でもなぜか通勤かばんの中にはあずにゃんが。

投稿: hide | 2012年8月11日 (土) 20時41分

>つん姐さん

そうなんですよ。なんと運良く阿修羅が当ったのです。まあ、個人的には極彩色ver.よりもシブイ塗装ver.のほうがよかったような気もするんですが、贅沢は申しますまい。

阿修羅を当てたほかに、この「第一弾」はもう一回やってるんですが、そちらは「弥勒菩薩半跏思惟像」でした。中宮寺“風”だと思い込んでいましたが、今調べたら広隆寺“風”でした。

>hideさん

あひゃひゃひゃひゃ。

しかし、自分で買うかどうかは別として、今出ているティーカップ(?)に入って頭だけ出しているミニ・フィギュア、顔つきとか、結構出来がいい感じですね(←結局、ちらちら見ている)。

投稿: かば◎ | 2012年8月12日 (日) 13時44分

アシナガバチ、この間会社の前でオンブバッタ食べてました。ずっと眺めてたら怪しまれてしまった・・・

投稿: みやまえ | 2012年8月13日 (月) 23時09分

>みやまえさん

確かに、道端のどうということのない虫の観察は、その心得の無い人(笑)から見ると、しばしば挙動不審です。特に地面を這う系をかがみこんでずっと追跡したりすると、ますます怪しいです。

投稿: かば◎ | 2012年8月20日 (月) 18時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208697/46641487

この記事へのトラックバック一覧です: 阿修羅:

« タミヤ35新作、シムカ・サンク(3) | トップページ | 百日紅 »