« ゲジ | トップページ | タミヤ35新作、シムカ・サンク »

迦楼羅

F1032155●今年初めてのひぐらしを聞く。

ちょっと遅れて、日曜夕にミンミンゼミを聞く。

●数日前から異様に涼しい。天気も金曜あたりから下り坂なのだが、気温が低くて蒸し暑くならないので過ごしやすい。しかし妙に気持ちのいい気温のせいで、一日中猛烈に眠くてしょうがない。

●水曜日、神保町の事務所の皆と駿河台下の丸亀製麺にうどんを食いに行く。帰り、グランデで久々に仏像ガチャを見かけたので引き、迦楼羅を引き当てる。なお、一緒に行ったK女史はクラゲのガチャをやって、ミズクラゲか何かを引いていた。

●同じくグランデで、階段の踊り場に「カタログでたどる日本のトラック・バス 1918-1972」(三樹書房)という本につき、パネルまで掛けてPRしていた。こりゃhideさんが狂喜しそうな本だと思って売り場まで見に行ったのだが、タイトルに「1918-」とあるにも関わらず、(我々にとって肝心の)戦前・戦中のタイプについてはほぼ概説部分で触れられている程度。「カタログ」も全体像のイラストが出ている表紙部分(?)をメインに並べている感じ。

以前、hideさんが購入した、国産フォードBBやトヨタKC型のカタログのようなものが、省略なくびっしり並んでいるような本ならスゴイな、と思ったのだが。

●仕事が決壊状態になる。

水曜日に神保町の事務所に行き、「今日中に提出します」と言った仕事が長引いて終電を逃し、結局そのまま事務所泊。事務所の冷蔵庫(冷凍庫)に買い溜めておいた白パピコを、止まらなくなって次々に食う。我ながら珍しいヤケ食いアイテムだなあ。朝方、机に突っ伏して数時間寝る。翌木曜日、そのまま夜まで仕事しなんとか帰宅。

金曜日、GIS-NEXT誌の最終入稿日であり、事務所には編集長のI君、デザイナーのYさんほか、普段いないスタッフも詰めてごった返し状態。その隅っこで別の仕事をする。今回は入稿作業も壊滅的に遅れており、入稿チームもそのまま徹夜状態。Yさんの娘、家で1人で留守番するのも何だからとYさんに付き合って事務所に来ていたのだが、そのまま帰れなくなり事務所の床でマットと寝袋で就寝。ますます修羅場状態の雰囲気を盛り上げる。

明方近く、ようやく終了し、最後まで残っていたI君、Yさん親子、K女史と、動き始めた東西線に乗って帰る。

個人的には、金曜日までにすべて片付いていなければならない仕事がまだだいぶ残っており、しかもその仕事から玉突きで、もう一つ、ガリガリ進めていなければならない仕事がほとんど手付かず。どちらも同じ会社からの発注で、後者の担当者からは

「こちらの仕事も進めて欲しいのは山々だが、弊社的にはもう一つのほうが確実に切羽詰っているので、まったく不本意ではあるが、こちらを措いても、まずは向こうを頑張ってくれ」(大意)

というメールが来た。

F1032156●事務所で引いた点取占い。いやー。賢くなりたいもんだ。

●日曜日。知人があわびを持ってきた。殻から身を剥いで刻み、肝をすり潰すところまで、下処理をやっていってくれた。もっとも下処理といっても、その状態のまま刺身で、醤油も何も付けず、ただ肝をまぶして食うのが非常に美味い。最初に塩で締めたりしていないので、身も柔らかい。うひー。やばいなこりゃ。夕飯の時には、飲みかけておいてある日本酒を出してしまおう(←仕事はどうした?)。

なお、包丁を使わず、あわび自体の殻を使って身を刻むというやり方を初めて教えてもらった。実際に少しやってみたが、確かにちゃんと切れる。知人曰く、包丁で切るよりも殻で切ったほうが美味いんだ、とのこと。本当かどうかは知らないが、要するに“小波切り”になるからよい、ということなのかもしれない。

|

« ゲジ | トップページ | タミヤ35新作、シムカ・サンク »

かば◎の迂闊な日々」カテゴリの記事

コメント

>カタログでたどる
わははは、その本は既に入手して、ひとしきりガッカリした後で御座いますよ(今宣伝してるなら新版のいすゞ・日産あたりをカバーしてるやつでしょ?)。
警察予備隊の初期装備車が辛うじてちらほら混ざってますけど、それもアメ車のデッドコピーみたいで全然萌えませんしね~。

投稿: hide | 2012年7月22日 (日) 19時01分

仏像ガチャってなんですか、そりはw
なおかつ、くらげガチャまであるって。なんだそりは!


すみません、迦楼羅下さい。
すごく欲しいですwww
なければ、阿修羅でもいいですから~。

投稿: つんきち | 2012年7月22日 (日) 22時37分

>hideさん

ああ、やはりこの手のものをhideさんが見逃しているはずはないと思いました。お察しの通り改訂版です。

>つんきちさん

おや。姐さんも仏像ファン?

私ゃ天平仏とか、それ以外でも特に天部の像には目がないのでございますよ。

ちなみにこの迦楼羅の入っていたガチャは、エポック社「和の心 仏像コレクション 其の二」というやつで、他に大日如来像、執金剛神像、多聞天像が入っています。いくつか塗装違いがあって、全6種だそうです。この造形で300円ならお買い得でやんしょ。

なお、現在では「和の心 仏像コレクション 其の四」まであるらしいのですが、なぜか私はこの「其の二」しか見たことがありません。「其の一」には阿修羅が入っていたそうですが、ぐぐってみると、顔がいまいちかなー。ちょっと興福寺の阿修羅をモチーフにしてしまうと、顔に求めるレベルが上がってしまいますね。

そのうち多聞天を求めて再挑戦するかもしれませんから、ダブったら進呈しましょう。

http://toypara.com/catalog.cgi?products/gasya/wanokokoro/home.html

投稿: かば◎ | 2012年7月22日 (日) 23時55分

うふ♪ 好き好き。

ぜーんぜん詳しくはねぃんだけど、四天王とか八部衆とか見るだけでワクワクする。
旅行行っても、そんなんばっかし見て温泉入るもんだから、やっぱりBBAなのだなww

投稿: つんきち | 2012年7月23日 (月) 11時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208697/46420673

この記事へのトラックバック一覧です: 迦楼羅:

« ゲジ | トップページ | タミヤ35新作、シムカ・サンク »