« 迦楼羅 | トップページ | タミヤ35新作、シムカ・サンク(2) »

タミヤ35新作、シムカ・サンク

F1032185●はっきり言って、ホビーボスがトルディを出すとか、ブロンコがズリーニィを出すとかよりもビックリしたのが、突然のタミヤからの「シムカ5(サンク)」の発売。

しかも(たぶん)事前の予告なく、いきなりモデラーズギャラリーで先行販売というのも、これまでにはなかったことなのではないだろうか? MM50周年だから? 東武百貨店池袋店での開催30周年だから?

●そんなことはどうでもいいとして、あまりにビックリしたので初日に駆け付けて手に入れてきてしまいましたよ、私ゃ。

池袋なんて10万年ぶりくらいかも。……と思ったのだけれど、よく考えてみたら去年、楽八師匠や王徳方氏、かのーさんと池袋で飲んだのだった。ボケとるな。

F1032167閑話休題。

シムカは先行販売の白箱入りなので、本番は違う可能性も無きにしも非ずだけれど、一応、箱の大きさはキューベルワーゲンと同サイズ。パーツ構成はざっと、このような感じ。

エッチングは無しで透明パーツを含めて枝は3枚。エンジン及びトランスミッションは、車体下部とフレーム前端にくっついて下側だけという、言ってみればタミヤスタンダードな処理。

以前のシトロエン11CVと似たようなアッサリ感はあるけれど、ただし、こちらのほうがナリが小さい分だけサス周りなどもパーツが繊細で、多少精密感が上かもしれない。

●その他キットの特徴等を羅列してみる。なお、ギャラリー会場で訊ねたところ、「正規発売版では箱が変わるけれど、中身はほぼこれで完了と思う」という答ではあったが、一応、今後多少の変更が加わる可能性は皆無ではないことを織り込んで読んで頂きたし。

F1032170・とにかく小さくて可愛い。サインペンと並べて写してみたのが、こんな感じ。私自身、シムカ5の正確な図面とかを手元に持っているわけでなく、一目でスタイルが判るほど多くの写真を見てきているわけではないので、外形の捉え方の良し悪しを断言はできないが、少なくとも、説明書の口絵に使われている見本写真や、モデラーズギャラリー会場に飾られていた完成見本を見る限り、なかなかよいのではないかと思う。当然ながら、部品のキレそのものは安心の出来。

・タイヤは一発抜きなので、トレッドパターンは「溝」ではなく「段」になっているが、そのあたりはキット価格との“ご相談”な部分もあり、私自身は「これくらいならいいかな」と思えるレベル。シトロエン11CVではタイヤが厚めなのが気になったのに対して、こちらは薄さはなかなかよい感じ。

・ルーフはオープンで折り畳んだ状態のみ。閉めた状態も欲しかった。

・ペダルは床と一体。「ペダルの痕跡」みたいだったシトロエン11CVよりはマシかもしれないが、それでも表現としてはお粗末。フィギュアを乗せない場合、前述のようにルーフが開けっ放しで車内もよく見えるので、なおさら。

・ヘッドライトは管制カバー付きと、カバー無しの透明部品の選択。

F1032182・ルーフは開一択だが、サイドウィンドウは閉状態と開状態、2種類の透明パーツがセットされている(左右とも)。開状態は、窓ガラスをスライドさせて2枚重ねになった状態を1パーツで表現している。

・塗装指示とデカールは、ドイツ陸軍((第3歩兵師団、東部戦線)とドイツ空軍、フランス民間車輌の3種。個人的にはフランス軍用も欲しかったところ。

F1032214・フィギュアは運転席に座るドイツ兵1体付き。ただし、これが小さな車内にちんまり座らせるためなのか、スケール違いではないかと思うほど小さい。左は、同じくタミヤの「自転車兄貴」との比較。「自転車兄貴」のほうが手前にあることを差し引いても、だいぶ大きさに差があるのがお判りと思う。ちなみに「自転車兄貴」は身長がちょうど5cm程度。35倍すると175cmで、まあ普通の体格と言ってよいと思う。

・バンパーの取り付け穴は貫通しておらず、0.8mmのドリルで裏側の窪みをガイドにして開けるよう指示されている。これがフィアット500トポリーノへのバリエーション展開の含みを持たせたものなのか、それとも単に金型からの“抜き”の問題で開けづらかっただけなのかはよく判らない。ちなみに、モデラーズギャラリーにいたタミヤの人に訊ねたところでは、トポリーノ発売は今のところ予定にないようなことを言っていた。なお、バンパーを取り付けず、ドア前の方向指示器の溝を埋めればトポリーノになるのかどうかは、これまた浅学な私にはよく判らない。

F1032212●ほか、モデラーズギャラリー特別販売ネタでは、48のフィーゼラー・シュトルヒ、外国空軍版。メインはスイス空軍で、箱絵もスイスなうえ、塗装例も2、3種に対応しているようだが、そのほかにイタリア空軍、ハンガリー空軍のデカールも入っている。

あとは72の零戦21型、モーターライズのパンターG、M4A3シャーマンなど。

●タミヤのエレファントを初めて見たのだけれど、どうもこの箱絵……遠近法だと言われればそうなのかもしれないけれど、人間が車体に比べて小さくない? こんなもの?

|

« 迦楼羅 | トップページ | タミヤ35新作、シムカ・サンク(2) »

製作記・レビュー」カテゴリの記事

コメント

レビューありがとうございます♪
色々と突っ込み所はありそうですが、中々好印象なキットの様ですね!なんちゃってトッポリーノにも出来そうな気がします♪いづれは一般発売されるのでしょうが、早く欲しいなぁ♪

投稿: ホワイトタイガー | 2012年7月27日 (金) 06時06分

良くも悪くもシトロエンから予想できる通りの仕上がり、といった所みたいですね。
ペダルといい、ルーフといい、トポリーノといい、やりたきゃどうぞご勝手に、
と言いたいのがアリアリと伝わってくる感じ、と言ったら言い過ぎでしょうか。
まぁ売られたケンカは買いますけど(笑。
因みにMMM誌18の寺田氏の記事によれば、バンパーとってウィンカーを埋める他に
ウィンカーの前にある小ハッチの後縁ラインを微妙に曲線にすることと、
ホイールのロゴが先祖返りポイントのようです。

投稿: hide | 2012年7月27日 (金) 08時01分

>ホワイトタイガーさん、hideさん

コメントありがとうございます。
何しろトポリーノ/シムカそれ自体、昔から「かわいい車だな」とは思っていたものの、あまり詳しくないので、どこがどうとかいえる部分も少なくて。

それにしても、まさかタミヤが出すアイテムだとは思いませんでした。出し方も今までのタミヤらしからぬ感じだし。

レビューを書きつつ、組み始めてもみました。何しろテストショットなので、タミヤ製品では珍しく離型剤がついたままらしく、指先がぬめっとします。

投稿: かば◎ | 2012年7月29日 (日) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208697/46477994

この記事へのトラックバック一覧です: タミヤ35新作、シムカ・サンク:

« 迦楼羅 | トップページ | タミヤ35新作、シムカ・サンク(2) »