« 茶葉蛋 | トップページ | 捲土重来のポルスキ・フィアット(3) »

ヤマユリ

●有吉さん(誰?)はロシアに行って親しい友人が出来たら、やはり「アリョーシャ」と呼ばれるんだろうか。……と、愚にも付かないことを考える。

F1032064●20日。台風一過の真夏のような日差しの中、川崎で仕事。行った先の社長にお昼をご馳走になる。

特に意味は無いが、川崎駅東海道線ホームの横浜寄り端から、暑そうな雰囲気の線路の写真を撮る。

●HOBBYBOSSのトルディIが日本国内でも発売になったらしい。仕事が切羽詰って家に閉じこもっており、模型屋に行く暇もないので未見。

そこそこ高い(車格の割に)キットなので、ちょっと待って、香港から通販で買おうかと思っていたのだが、物が物だけに我慢できなくなるかも。

●23日。D-Dayの時は何の日か思い出すのに一拍あったが、この日は割と素直に思い出す。沖縄では「沖縄慰霊の日」として記念日指定されているのだが、沖縄戦終結の日と言うと語弊がありそうで(戦闘は続いているので)、日本軍の組織的戦闘が止んだ日というと、それまで組織的抵抗が可能だったかのように思えてしまう。要するに司令官ほかが自決し日本軍中枢が消滅した日。

●24日。午後遅くなって日が出て、部屋にいても蒸し暑いので散歩に出る。

・近所で見かけた昼顔。

F1032060

・以前にも書いたことがあるが、我が家の裏手側から山を降りる道は崖沿いで、昔はこの季節は見事なヤマユリが多数咲いて見物だったのだが、崩落防止のために崖面が削られ、ガチガチにコンクリートで固められて絶滅してしまった。

というわけで、身近にヤマユリを見かけることも少なくなっていたのだが、山の西側を降りる階段道の途中で2株ほど咲いているのを見つけた。

F1032056

・道端で見掛けた、ちょっとねじりにやる気が感じられないネジバナ。まだ花が下の方だけだからか? 別名「もじずり」。ただし「みちのくの しのぶもぢずり だれゆゑに……」は「信夫摺り」のことであってネジバナとは無関係、であるらしい。

F1032051

・先週の台風では、通過後に窓が白っぽくなっていて、だいぶ潮が巻き上げられたようだと思っていたのだが、案の定、潮に弱い樹はだいぶやられている様子。写真は辻の本興寺の枝垂桜。

F1032049

ただ、その場にいた植木屋?と思しき小父さん曰く、

「去年の台風よりはマシ。だいぶ見てくれぁ悪くなってるけども、中身は大丈夫だから春にゃあ花が咲くよ」

だそうだ。

・鎌倉駅にて。先月末の記事に載せた「江ノ電あじさい情報」は、すでに第5号になっていた。さすが、最もあじさいの盛りの時期だけに2枚組。

F1032045

●鎌倉駅前、島森書店で「げんしけん」12巻を買う。

|

« 茶葉蛋 | トップページ | 捲土重来のポルスキ・フィアット(3) »

かば◎の迂闊な日々」カテゴリの記事

コメント

都会に住んでた頃は、ユリって切り花のイメージしかなかったけど、静岡に住むようになってからは「思いがけないとこに生えてるニクイヤツ」と思うようになりました。

ニホイはちょっとアレですが、野ユリは大胆にすっくと立った姿が美しいw

投稿: つんきち | 2012年6月25日 (月) 01時02分

という訳で簡易レビュー書きました。大いに我慢できなくなってくださいな(*^-^)。

投稿: hide | 2012年6月25日 (月) 20時19分

>つん姐さん

おや。ユリの香り、ダメですか?
以前、家の近くのガケ沿いの道で、帰りの夜道で香ってくると、なかなかいいもんだと思ったものですが……。

ちなみに、本文にも書いたようにウチのあたりのヤマユリは決まってガケから生えているので、すっくと立っているのではなく、横に突き出しています。花をふさのように付けるので、咲くとおじぎしています。

>hideさん

いやもう、我慢できなくなってきてるんですが(笑)、久々に誘われて友人と3人で酒を飲んだら諭吉さんが飛んでいってしまい、ますますトルディが遠ざかってしまいました。うーん。どこからか臨時収入ないかな。

投稿: かば◎ | 2012年6月28日 (木) 00時51分

なんかね、ちょっと生臭く感じちゃうのよ<ユリ
ナマナマシイってか、うーん、何故苦手なのか表現しにくいw

くんかくんか。
そゆたら、つん自身もエラク生臭いわwwww

投稿: つんきち | 2012年6月29日 (金) 00時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208697/45834706

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマユリ:

« 茶葉蛋 | トップページ | 捲土重来のポルスキ・フィアット(3) »