« にゅっと | トップページ | トルディ! »

一寸もおもしろくない

●一寸(ちっと)もおもしろくない。

F1031150b

いやはやまったく。

●1月31日。夕刻、神保町の事務所で会議があったので出掛けるが、会議後、近くの飲み屋で軽く飲み食いをしていて、いきなり昏倒する。その時点で飲んでいたのは確か日本酒2杯、特に酔いもせずに普通に食べていたのが、なぜかいきなり酔いが回ってきて、トイレに立って座敷から降りようとして、どうもその時点で意識を失ってひっくり返ったらしい。

そんなわけで、救急車で搬送される羽目になる。自慢じゃないが他人の付き添いで乗ったことはあるが、自分が寝かされて乗ったのは初めてだ。

新宿のなんちゃらセンター病院に運ばれ、心電図を取られたり点滴を打たれたり自分の鼻の先を指差すように言われたり。店員の話から、滑って転んで頭を打ったのではと疑われていたようだがコブも触って痛いところもなく、一通りの検査のあと、すでに終電もなくなった時間になって「帰宅していいですよ」と病院を放り出される。

どうしろと!?

いやもちろん、次々患者は運ばれてくるのに悠長に居座られても困るだろうけれど。おっとその前に、搬送および治療代を請求されたが、持ち合わせをオーバーしており、近々払いに来る誓約書を書かされる。踏んだり蹴ったり。

ちなみに運ばれた病院が正確にどこにあるかは、先ほどGoogle Mapsで調べてようやく判った。そんなよく判らない場所にある病院で、「ここはどこの病院か判りますかー」ってしつこく聞くなよ……。

●救急車には付き添いでC社長が乗ってくれたが、待っている間に付き添いはI君に代わっており、預けておいた荷物等受け取り、善後策を相談したり、(C社長が一報を入れたという)かみさんに電話したり。結局、タクシーに乗って新宿駅前まで出て、まだ終電のあるI君を見送り、私は駅近辺のネカフェで早朝までのんびりすることにする。

居眠りするつもりでいたが、「おおきく振りかぶって」を読み始めてしまい(もっとも桐青戦前半までしか読めなかった)、5時過ぎに店を出て帰宅。

F1031163●病院のベッドで、最後に「じゃあ電極を剥がしますねー」と、ぺりぺりいくつも剥がされたはずが、帰宅して着替えようとしたらまだ5つも6つもくっついていた。

さらに夜になってどうも胸の脇がちくちくするので探ってみたら、まだもうひとつくっついていた。いい加減なもんだなあ。

F1031151 ●話は前後するが、俎橋のたもとにある古い雑居ビル、「九段下ビル」が取り壊されてしまっていた。

九段下ビルは関東大震災直後に建てられたという3階建て雑居ビル。1階でしぶとく営業していた喫茶店も閉店、バブル期を耐えたビルもとうとうなくなってしまった。

このビルは屋上周りの狭間(ツィンネ)、つまり西洋城郭でよく見る、間から矢を放ったり石を落としたりする凹凸が特徴的なビルで、ということは、取り壊しに最後まで反対して籠城戦を行った場合、あの狭間は単なる装飾でなく本来の役割を取り戻し活躍するはずだったが、その機会はついになかった。役目を果たす前に埋められてしまった大坂城の堀の如し。

ちなみに東日本大震災で天井が崩落した「九段会館」とは別物なので、念のため(近くにあるが)。

|

« にゅっと | トップページ | トルディ! »

かば◎の迂闊な日々」カテゴリの記事

コメント

・・いや、おもしろいとかおもしろくないとか言う次元の話ではないような気がするんだけど。無事で何より。

投稿: はほ/~ | 2012年2月 1日 (水) 22時16分

点取り占いをななめ読みしてみました・・違ってたw

かばさんに倒れられたりすると、シーサー前に練乳を置いてみたりとか、ハライタ踊りの射程距離を伸ばす訓練をしたりとか、いち早くパピコの新製品を食べて自慢してみたりとか、その他もろもろのタノシイことが出来なくなるので、それは避けていただきたい。

おねげーしますだ。

投稿: | 2012年2月 1日 (水) 22時49分

病院は金の取りっぱぐれには恐怖を感じている機関No1ですよ・・・フランス的な日本と言うか・・・
つーか、精密検査を受診されることを!安心のためにも!

投稿: みやまえ | 2012年2月 1日 (水) 23時48分

>はほちん

いやいや。面白けりゃそれに越したこたぁなかろう。

まあ、何かあったら、模型と資料は、つぁぎとかたまんとかばおとかとテキトーに処分してくれると有り難いなあ。

ウチはお手付きが多いので、未確認でネットオークションにというわけにはいかなさそうだし、結局、ダンボールに詰め込んで心当たりに着払いで送りつける、くらいしかないのかもしれないけれど。

>つん姐さん

いやまあ、特にどうということはなかったんでご心配なく。

病院から出て、さっそく新宿駅前のローソンでアイスのケース覗いて、「うーん。パピコは茶色しかないな」と思ったくらいで。

>みやまえさん

まあ、なんだかんだと、先月から今月にかけては検査三昧なんですけどね。

投稿: かば◎ | 2012年2月 2日 (木) 00時16分

 とりあえず無事だったということで、結果オーライ。←そうか?

 かば◎んちの資料や模型の処分のお手伝いは、ワタシにはできそうにないなり。(゚∀゚)

投稿: KWAT | 2012年2月 2日 (木) 01時10分

>くわっちん

ESCIのスーパーセイバーがどこかにあるよ(笑)。
いや、そうでなくても、最近こちら側にじわじわと近付いているようではないか(笑)。新聞機の資料もあるし。

投稿: かば◎ | 2012年2月 2日 (木) 01時28分

まぁ、とりあえず無事でなにより。
でも、一度きちんと検査受けるが吉。だんだんとあちこちガタもくるさね…

投稿: ゆたか@Sapporo | 2012年2月 2日 (木) 17時15分

そして、一応精密検査は受けておいた方が良いのでは?にも一票。
まぁ、自分事だったら余り気にせず済ませてしまいたいという気持ちも
すごく良く解りますけど、眩暈や昏倒は何が原因か判りませぬ故。

投稿: hide | 2012年2月 2日 (木) 17時58分

ご無事でなによりでした。

私も発病当時は救急車の常連客でしたが、最近はとんと丈夫に。
遠い病院に運ばれて無一文で途方にくれるのは、もうこりごりですわ。

お体、大事にしてくださいね。

投稿: 赤狐 | 2012年2月 2日 (木) 18時28分

ご無事で何よりです、と言うよりも心配の方が大きいですが。
やはり検査をうけておいて損は無いと思います。
50を過ぎるとガタが出て来ますね。

投稿: マクタロウ | 2012年2月 2日 (木) 20時23分

.......ここは転地療養ふくめてご検討とご決断をば。
(雪崩の来ない)温泉もアルでよ。

なにとぞ御身お大事に。


投稿: donji | 2012年2月 2日 (木) 20時52分

やー吃驚しましたよぅ。ご無事でよかつたです!
ご注意くださいね。その後何者かに追尾されていませんか。
付けっぱなしにされてた電極は遠くに捨てましたか。
…あらぬ方向へ心配してみました。

投稿: K女史 | 2012年2月 2日 (木) 21時22分

暴飲暴食したわけでもないのに倒れたっていうのは心配ですよ(T_T)
かば◎さん、病的キャラじゃないのに。

投稿: P女史 | 2012年2月 2日 (木) 23時52分

いやいや。どうもお騒がせしまして。
皆様どうもありがとうございます。

ガタという点では、本当にあれこれガタが出まくりなここ最近の私です。

>red foxさん

いやあ、ホント、救急搬送って高く付きますね。
救急搬送についてここのところ毎年、仕事の上で統計データを調べたりしていて、やるほうの大変さも判っているつもりですが、いざ自分が運ばれる身になってみると、場合によっては

「すみません、搬送拒否します」

って言えないのかなー、と思ったりします。……迷惑なヤツだな(笑)。

>donjiさん

いやいや、それだけの蓄えがあれば転地療養でもなんでも。

>KさんPさん

病的キャラてなんやねん(笑)。今度ティーヌン行こうねー。量は控えめに。

投稿: かば◎ | 2012年2月 3日 (金) 13時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208697/43952038

この記事へのトラックバック一覧です: 一寸もおもしろくない:

« にゅっと | トップページ | トルディ! »