« マトリョーシカ | トップページ | 内視鏡 »

クラエア注意!

●新年になってまだ半月も過ぎていないというのに、激しく仕事滞り中。今夜は徹夜必至。しかし明日(日付上はすでに今日)は義姉の一周忌で昼には実家に行かねばならないので、徹夜しても終わらせることができるかどうか。まいったな。

●要するに現実逃避の一環として、模型のストック棚になっている押入れを開けては手前の手の届くキットの中からあれこれ引っ張り出しては眺めてまた仕舞いこむ、という行為を繰り返しているのだが、そうこうしているうち、Classic Airframes(通称クラエア)のキットのいくつかで、バキュームフォームの風防パーツが黄色く変色しているのを発見した。

F1031093 右はレッジャーネRe2001で、今回見つけた中では最も激しく黄変していたもの。他にはカーチス・ホークIIがかなりやられていた。写真を撮ったあと、周りの“余白”部分を裏表からヤスってみたが、表面だけが変色しているのではなく樹脂そのものが黄色くなっているようで、黄色味に変化はなかった。塩ビは紫外線で劣化・黄変するそうで、通常は劣化を防ぐための安定剤を加えたりするそうな。このパーツの素材が塩ビなのかどうかはよくわからないが、要するにそれに類したことなのだろうと思う。

さすがにここまでくると、「ちょっと何か、色味がついている感じ?」で誤魔化せる範囲を超えていて、「イタリアの強い陽光を遮るためにレッジャーネは色付きの風防・天蓋を使っていた」くらいの新事実を捏造でもしない限り使いようがない。

ただし、同じクラエアでも、また同系メーカーであるMPM、スペシャルホビー、Azur等でも、全然黄変していないものもあるのがちと謎。下請け工場の差か、あるいは原材料の仕入れ先/仕入れ時期の差か。また、そもそも箱の中に入れて、しかも押入れの中に仕舞い込んであったキットのパーツが紫外線にやられるというのも不思議で、何かそれ以外の理由によるものなのかもしれない。

検索してみると、同様の問題を書いている例をちらほら見掛けたので、どうやらこれは普遍的に存在する問題であるらしい。MPM系ストックを多く抱えているモデラーは要注意。いや、予防法が判らない以上、注意してもしょうがないかもしれないけれど。

●きららさんが、今年の静岡ホビーショーの翌月曜(5月21日)の朝には金環食が観察できる、しかも静岡は絶好の観測地だ、というようなことを書いていて、ようやくそんな一大天文イベントがあることを知る。

本州で見られる金環食は1883年以来、しかも今回は東京都心を含む太平洋岸の大都市圏がずらりと金環食帯に入るという、非常に恵まれた条件となるらしい。

ちなみに、我が逗子市も金環食帯の中心食線に近く、晴れてさえいればかなり理想的な条件となる。 「全国市区町村別 金環食・部分日食観測ガイド」という便利なサイトがあって、市町村ごとの見え方を検索できるのだが、それによれば、逗子市は、

金環開始時刻--07:31:11
日食最大時刻--07:33:41
金環終了時刻--07:36:11

食分--0.9648(均等度84.1%)

で、かなり均等なリングに見えるとのこと。楽しみだ。

|

« マトリョーシカ | トップページ | 内視鏡 »

かば◎の迂闊な日々」カテゴリの記事

コメント

以前、友人に聞いた話ではなんかの溶剤(商品名を失念!)に1年くらい漬けておくと黄変が薄くなるとのことでした。
また、友人にあった時に聞いておきますです。

投稿: 赤狐 | 2012年1月13日 (金) 06時58分

>赤狐様

1年とは、そりゃまた気の長い話ですなあ。
もちろん、キット自体は1年どころかもう何年も死蔵してあったわけですが。

投稿: かば◎ | 2012年1月13日 (金) 07時25分

我が家のストックには、全体が黄ばんでいるものと縁だけ黄ばんでいるもの、全く黄ばみの無いものと様々です。縁だけ黄ばんだものってのが不思議ですね。2セット入りで、一つだけ黄ばんでるのもありました。黄ばみを取る簡単な方法があったら知りたいっすよ~。

投稿: 司龍 | 2012年1月13日 (金) 15時45分

箱にしまってても黄変する、ってことは組み上げた後からでも黄変するってことですよね。誰かが被害報告したキットのパーツは、潔く使わないしかないような・・・

投稿: hide | 2012年1月13日 (金) 17時35分

フレームを残して切り抜いて、裏から?表から?透明プラ板やサランラップを貼る・・・小骨は伸ばしランナー・・・なんてできるのかしら・・切り抜くときに割れそう・・・

うちの古いバキュームフォームのキットはプラが劣化してパリパリ割れます・・・

レッジャーネは1/72ならクリアバックスがあるんですが、1/48では別売りは思い当たりませんね・・

投稿: みやまえ | 2012年1月14日 (土) 20時22分

>司龍さん

いろいろ調べると、黄ばむ前に表面を何やら薬剤でコートするとある程度抑えることができる、みたいな記事はありました。取る方は判らず。red foxさんの詳報に期待です。

>hideさん

それがですね、自分のストックを見ても、どうも黄ばみ方がてんでんばらばらで、司龍さんの書き込みを見てもそうですが、どうも「キットによって黄ばむかどうか決まっている」というよりも、「同じキットであってもたまたまハズレを引くと黄ばむ」という可能性のほうが強いのではないか、というニオイがプンプンするのですよ。

しかも、黄変の条件自体が判らないので、今黄色くなっていないものが将来にわたっても大丈夫かどうか、あまり確証がないという……どうにもいや~んな感じです。

>みやまえさん

ホークIIあたりのような、本当に平板構成のウィンドシールドだけなら、それこそ透明プラバンをさっさと切っちゃったほうが早いんですが、ちゃんとしたキャノピー付きだとどうにも……。

検索して引っ掛かったなかには、キットのパーツにポリパテか何か詰めて型を作り、絞り直してる人もいました。結局、一番確実な方法となると、それしかないのかも。

>>うちの古いバキュームフォームのキットはプラが劣化してパリパリ割れます・・・

あ、うちのブロプランのフォッカーは胴体がその状態で、接着剤をしみこませてみましたがダメでした。もうパリンパリンです。

投稿: かば◎ | 2012年1月15日 (日) 20時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208697/43725361

この記事へのトラックバック一覧です: クラエア注意!:

« マトリョーシカ | トップページ | 内視鏡 »