« クラエア注意! | トップページ | やぶへび »

内視鏡

●火曜朝、近くの胃腸科外科に胃の内視鏡検査をしにいく。

まずは変な水薬をぐっと一杯飲むように言われ、その後、のどの刺激を和らげるとかで、何やら透明なゲル状のものを、上を向いてのどに溜めておくよう言われる。あの済みません、コレ自体がすでにツライんですけど。その後さらにまた何やら薬をのどに吹き付けられる。

横になり、腕に「胃酸を抑える」という注射。さらにもう一本、鎮静剤の注射。うーん。前にも健康診断で胃カメラを入れたことがあったけれど、こんなに手順がややこしかったっけ。

いよいよ胃カメラを入れるというので、左を下に横向きに寝そべるように言われ、姿勢を変える……というところまで、ごく普通に意識があったのに、ふっと気付いたら、すでに検査が終わって控え室のベッドで寝ていた。えええええええ。胃カメラって人が気ぃ失うほどの麻酔をするもんなのか? たまたま眠気との相乗効果でクリティカルヒットか?

それよりも、おっさんの先生1人、あとはおばはんとかお姉ちゃんの助手だの看護師だのばかりのあの病院で、どうやって私を移動させたのかが謎だ。

●診断結果は「逆流性食道炎」で、確かに胃カメラの映像だと胃の入口あたりに炎症が写っている。自覚症状としては具合が悪いのは胃でも食道でもなく腸なのだが、食道~胃のあたりが消化系全体のコントロールも担うので、それで腹が張ったり下痢したりするんじゃないか、とか何とか。対処法は気長に食生活で、というような話なので、ここ最近の調子悪さとはまだしばらく付き合わないといけないようだ。

なお、血液検査の結果も出ていて、1年ほど前に肝臓の何やらの数値が高くて献血で血を取って貰えなかったんですけど、という話をしたところ、

大丈夫そうだからどんどん取ってもらいなさい。

と言われる。ああそうですか。

●結局、麻酔のせいでその後も朦朧としており、昼寝してしまう。ここ最近、徹夜が何度か続いたこともあり、今日は起きたら何日の何曜日だか……病院に行ったのが昨日なのか一昨日なのか判らなくなってしまっていた。

……18日水曜日でした。

|

« クラエア注意! | トップページ | やぶへび »

かば◎の迂闊な日々」カテゴリの記事

コメント

難儀な検査、お疲れっした。

クリティカルヒット後、意識を失ったかばさんがどうやって移動したかと言うとですね。

おでこにお札的なナニカを貼られました。
移動時は両手を前に差し出し、ぴょんぴょん飛んでベッドにまで向かったようでございます。

いえ、見たわけではござんせんが、きっとそうに違ぃねぃw

投稿: つんきち | 2012年1月18日 (水) 19時37分

ケツから入れるんだと思い込んでました。年末に母が尻から入れて腫瘍(悪性だった)を取ったのが頭に残っていたせいか。

投稿: はほ/~ | 2012年1月18日 (水) 20時39分

ちょうど一年ほど前、オイラも旧型の胃カメラ(口から入れる太いヤツ)を飲んだけど、麻酔薬のシャーベットを喉あたりでゆっくり溶かしただけでしたよ。病院によって違うのかな?
お大事に。

投稿: 司龍 | 2012年1月19日 (木) 01時41分

>つん姐さん

それよりも、パワードスーツを着せられて、リモコン操作で歩かされるとうほうがいいなあ。

まあ、そもそも胃腸科外科病院の備品として、パワードスーツもお札も、どっちもいや~んな感じではありますが。

>はほちん

胃の内視鏡の検査のあと、「そっちもやりますか」と聞かれて丁重にお断りしました。

>司龍さん

聞くところによると、胃カメラの時に鎮静剤を使うのは「最近割と増えてきている」程度のものだそうです。

まあ、「オエッ」とならずに済んでよかったといえばよかったんですが、結局ぼーっとして1日つぶれてしまいました。

投稿: かば◎ | 2012年1月19日 (木) 17時24分

対処法が「気長に食生活で」というのが大変そうですが、不調の原因がわかってひと安心というところでしょうか。どうぞ、ご自愛ください。
私は会社の健康診断でひっかかり、2年連続で腸の検査をしましたよ。
検査そのものより、下剤を飲むのが辛かった・・・。

投稿: マクタロウ | 2012年1月19日 (木) 22時23分

十何年か前にやったときは胃の動きを止める薬の注射ってのを肩にされて、モーローとしながら胃カメラの画像を見せられました。あれは痛いし気分が悪くなるしで二度とやりたくない事の一つですねぇ。胃カメラを飲むのも苦しい事この上なし。

人間ドックの胃のレントゲンでも似たような注射があったのですが、胃カメラの時よりはましでした。痛いのは変わりませんが。こっちは3年ほど前から無くなっているようです。

投稿: はほ/~ | 2012年1月19日 (木) 22時45分

>マクタロウさん

どうもです。確かに何年か前から、ちょっと無茶な食い方をすると恐ろしく胸焼けが激しくて七転八倒することはあったので、今回の診断はその点では頷けるのですが、下痢が続くのもコレなのかなあ。まあ、医者がそう言うんならそうなんでしょうが。

>はほちん

今回も「胃酸を抑える」とかいう注射は、二の腕の外側で筋肉注射でしたよ。先週も血液検査をしたので、もう刺されまくりです。

今回の検査では、先述のようにまるっきり気を失っていたっぽいので、あとから豪華写真集を見せられました(しかもお持ち帰り)。

投稿: かば◎ | 2012年1月20日 (金) 16時55分

はるか昔、同僚の女の子が胃カメラされた体験––「服は全部脱いで、(中略)苦しくて暴れて涙でました」––を聞いて心ひそかに光景を妄想して興奮したのは内緒です。

投稿: みやまえ | 2012年1月20日 (金) 23時57分

ケツからも見てもらった方が良かったんじゃないかという気がします。でもケツから入れる場合、二日ぐらい前から下剤で中身を出しとくもんじゃないの?

投稿: はほ/~ | 2012年1月21日 (土) 09時36分

>みやまえさん

胃カメラをするのに服を脱ぐという状況がどうもよく判りませんが(医者の趣味?)、確かにそれはドキドキします。

>はほちん

結局、次回ネタのような顛末になりました。
2リットルの水で溶いて、検査の日の朝からひたすら飲み続けろという下剤も貰ってきました。
なんだか密教の行者になったみたいだぜー。

投稿: かば◎ | 2012年1月21日 (土) 14時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208697/43790696

この記事へのトラックバック一覧です: 内視鏡:

« クラエア注意! | トップページ | やぶへび »