« wz.29装甲車(2) | トップページ | シブリ »

晩秋鎌倉散策計画

●すでに昨年から、神保町での仕事チームであるK女史、P女史に「案内するから、そのうち鎌倉の散歩にオイデ」と声を掛けていたのだが、それに事務所のC社長、営業担当のIさんも加わって、俄かに社員旅行ふうになって計画具体化。いや、オレら社員じゃないけどな。

そもそも鎌倉地元民であるC社長は十二所の某有名蕎麦屋に行きたがっていたのだが、とりあえず今回は、山之内~扇ケ谷~佐助あたりの寺社を適当に、とプランニングしたので諦めてもらう。

●そんなわけで、祝日の23日、10時に大船駅集合。駅ナカのモールで昼食用にあれこれ調達した後、北鎌倉へ。

F1030879F1030878まずはガイド役イチオシの円応寺に行き、閻魔と十王に拝謁。

そこから北鎌倉方面に引き返し、たまたま拝観日にあたって入れた長寿寺に寄る。長寿寺は比較的最近建て替えたので建物は新しいが、その時一緒に整備したらしい、スギゴケに覆われた京風の庭が美しい。

さらに浄智寺まで戻って、そこから源氏山に登って昼食。カラスにおやつ用のチーズとあられの入った袋を強奪された!

F1030875 化粧坂を下りて扇ケ谷の海蔵寺、英勝寺あたりへと思ったが、K女史から「もうお寺はいいや」というちゃぶ台ひっくり返し系の感想が出たので、銭洗弁天経由で、そのK女史の事前のリクエスト1位、佐助稲荷へ行く。

右は途中の崖の紅葉。岩肌に貼り付いて生えている植物で、比較的よく見かけるものなのだが、何という名前なのか知らない。

さらにてくてく歩いて、鎌倉駅前御成通りの「くろぬま」へ。

これまでもたびたび書いているように、私が以前、神保町の事務所に持ち込んだ「点取り占い」はすっかり事務所の常備品と化しており、C社長がしばしば「くろぬま」で大人買いして仕入れてきている。さらに、ついでに買ってくるチープなおもちゃ類も地味に人気で、皆是非とも「くろぬま」には寄りたい、と言っていたため。

F1030870 ●しかし、久しぶりに行った「くろぬま」は、店の片側が白塗りのベニヤに覆われていた。一瞬、店が無くなったのかと焦ったが、ちょっと狭めて営業中。なんと9月の台風で、店の南面が倒壊してしまった由。

皆あれこれ細々としたものを買い込んだ模様。

……なだけでなく、K女史は目ざとく隣のアンティークショップの特売品、鉄板で出来た煙草屋の看板を見つけて購入。元5000円が500円。確かにお買い得だが、どこに置くのか迷う代物だと思う。

●午前中~お昼の相談では、この後江ノ電に乗って江ノ島に、などとも言っていたのだが、すっかり歩き疲れて、せっかく江ノ島に行っても登る気にならなさそうだ、などということになって、またまた予定変更し、小町通りをひやかしながら鶴岡八幡宮へ。

あまり人の行かなそうな穴場の鎌倉を、と計画していながら、どうも午後は銭洗弁天に小町通りに八幡宮と、人が一杯の「観光地鎌倉ド直球」な場所に行ってしまった。

八幡宮では(初めて見たが)舞殿で結婚式の最中。八幡宮、こんな商売もしてるのか……。それにしても雅楽の生演奏や舞いまで入って、金掛かりそう。しかも衆人環視のもと、バチバチ写真も撮られるので、よほど目立ちたい人向けと見た。

F1030867 先日倒れた大銀杏は、久しぶりに間近に見たが、残った根から若い枝がだいぶ出ているだけでなく、その隣、数メートル離れた場所に置かれた巨大な幹の輪切りもその場で根付いたらしく、枝が出ていた。なんて巨大な挿し木だ。それにしても倒れた直後は絶望視されていた大銀杏だが、なんとか再生するところがすごい。

●夜は天気が崩れると前日から言われていたが、実際、日暮れとともにポツポツ降り始めた。大船に移動し、C社長オススメの鶏肉・魚の店で飲み食い。美味。クラゲの刺身というのは初めて食った。

|

« wz.29装甲車(2) | トップページ | シブリ »

かば◎の迂闊な日々」カテゴリの記事

コメント

崖で紅葉してるヤツ、比較的よく見かけるんだけど・・・。これじゃねぃかと睨んでます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%A4%E3%82%AB%E3%82%AB%E3%82%BA%E3%83%A9

カヅラの種類であるのは間違いないんだけど、なんしか、カヅラは品種が多くていけません。

投稿: つんきち | 2011年11月24日 (木) 23時54分

>つんきちさん

なるほど!

「テイカカヅラ 紅葉」などで画像検索してみましたが、確かにそれで合っているようです。一つ賢くなりました。

投稿: かば◎ | 2011年11月25日 (金) 00時05分

定家カズラ(すみません「づ」と「ず」を間違ってたようで)は、シツコイ粘着の♂が死んでも好きな人を忘れなくて、ねちねちデロデロとカズラになって生えてきたってお話もあるようでw

あ。
カズラのことに夢中になってもて、つんにも鎌倉案内をしてくれよ~んと言っとくのを忘れていたぞw

投稿: つんきち | 2011年11月25日 (金) 09時59分

>つん姐さん

んー。まあ、本来の表記は「かづら」なんじゃないですかね。光源氏も「恋ひわたる身はそれなれど玉かづら」っつーてるし。

鎌倉散策ご希望の際はぜひご用命下さい。今回、大船で美味しい店も教わったし。相方さんも連れてくると、「IPのヒマツブシも無駄じゃないのか?」と思ってくれるかしれん(笑)。

ところで本文に書いたように、カラスに食い物を強奪されたわけですが、その時のからすの顔が、どうも黄色いアレに似ていたような気がします。

投稿: かば◎ | 2011年11月25日 (金) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208697/43131995

この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋鎌倉散策計画:

« wz.29装甲車(2) | トップページ | シブリ »