« 台風余波 | トップページ | 再び白河の関越え »

こんなに赤いのに

F1030673●彼岸花の季節。あちこちで咲いているが、我が家近辺のイチオシはこれ。

(最近はそのあたりに用事がないので行かないが)皇居の西側のお堀端の土手は、おそらくこの時季は真っ赤になっていそうだ。

●赤い繋がりでもう一つ。発掘品シリーズ続編。

ずいぶん前に買った覚えだけはあるが、押入れの奥に仕舞いこんで半ば忘れていた模型の一つ、エレールの1:24、シトロエンC4 Pompierが出てきた(と言うか、掘り出した)。

AFVでも飛行機でもない、私としては珍しいジャンルの模型で、それだけに買ってはみたものの手を付けるきっかけもなかなかなく、そのまま仕舞いこんでいたもの。

F1030678実を言うともっとずっと奥の奥、ストック堆積層の最下層あたりにあって、死ぬまで掘り起こされることはないんじゃないかレベルに至っているかと思いきや、先日棚を漁っている時に、意外なことに割と手近なところに埋まっているのが判明したもの。

箱はだいぶ薄汚れているが(これでも多少ぬぐった)、中身は新品で、ビニール袋を開けてさえいなかった。

●先日福島市に行ったが、明日は相馬市と南相馬市に日帰り出張。

O氏の車に乗せてもらって行くのだが、常磐道が不通区間があるため迂回しなければならず、だいぶ時間が掛かる由。相馬市昼過ぎのアポだが、朝早く新宿待ち合わせのため、逗子は始発かその一本後。

|

« 台風余波 | トップページ | 再び白河の関越え »

かば◎の迂闊な日々」カテゴリの記事

怪しい在庫」カテゴリの記事

コメント

シトロエンの消防車、私も持ってます~
どう料理したらいいのか、なかなか思いつきませんです

投稿: よしおかきゅう | 2011年10月 6日 (木) 18時08分

>きゅうさま

この消防車も、私は本当に“何かのはずみで”持っていると言う感じなんですが、webで調べてみると、エレールはこのシトロエンC4のバリエーションを結構いろいろ出していたようですね。

私も「どう手をつけていいやら」状態です。
何しろ普通の車模型なんて作ったことがないので、おそらく作るときは、まずはやったことがない、「漂白剤によるメッキパーツのメッキはがし」からになると思います。いや、そんなワザ自体、先日調べて初めて知りました。

投稿: かば◎ | 2011年10月 6日 (木) 18時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208697/42274006

この記事へのトラックバック一覧です: こんなに赤いのに:

« 台風余波 | トップページ | 再び白河の関越え »