« BT-42の重箱の隅(7) | トップページ | BT-42の重箱の隅(8) »

カーペットモンスター

F1030503b ●先月末の26日金曜日午後、都心ではこのところよくあるゲリラ豪雨。九段下の駅にいながら2、3分の距離の事務所にまともに行きつけそうになく、マクドナルドで雨宿りする羽目になった。

右はその後通った俎橋(まないたばし)からの日本橋川の様子。一つ上流の橋の桁に接するまで水面が上がってしまい、今にも溢れそう。流れの強さに底のヘドロが巻き上げられたのか、異様にドブ臭かった。

結局溢れずに済んで、夜にはすっかり水位が下がっていたが、どこぞに緊急放流などしたのかも。

それにしても、さらに台風(12号)までやってきて妙に雨に祟られた月末・月初で、西日本ではかなりの被害。周辺の方々、お見舞い申し上げます。

F1030513 ●東京駅で、東海道線~伊豆急の列車の行き先案内板をオークション中で、横須賀線/総武線快速ホーム上の地下改札外に展示してある。

なにやら掃除だか整理だかの折に倉庫から大量に見つかったのだそうで、収益は震災の義捐金になる由。鉄な方はどうぞ。

六鹿さんのところで、

レンズ豆はレンズに似ているからレンズ豆なのではなく、レンズ(凸レンズ)が発明された時にレンズ豆に似ていたのでレンズと名付けられた、

というような話を読む。うへー、そうだったのか。豆知識やなくて豆の知識やー。

ではレンズ豆のレンズって何なんだ? と思ったのだが、検索しても引っ掛からない。

●模型を作っていると、細かい部品を取り落とすことがある。おっとっと、落としちまったぜ、と見下ろして、すぐそこに部品があればいいのだが、まるで異次元空間に吸い込まれたかのように、どうにも見付からずに四苦八苦することもある。

英語圏のモデラーには、これを表現するいい言い回しがあって、「カーペットモンスターに食われた」と言うのだそうだ。

で、だ。

現在製作中のBT-42の前照灯を一つ、見事にカーペットモンスターに食われてしまった。いやまあ、そもそもオレの部屋、カーペットなんて敷いてないけど。マックロクロスケに食われたとすればいいのか?

普通、落として紛失というと極小の部品が主で、そもそも金属線で自作するベルト掛け部品あたりだと、あっちこっち飛ばして失くすおかげで必要数の倍作ったりするなんてこともあるくらいだが、前照灯部品は1センチ近くあるから、本来、そうそう見失うはずもない“大物”である。それなのに、整形しようと持って誤ってはじいてしまい、確かに床に落ちたと思しき「ぴちっ」という音はしたのに、どうしても見付けられない。

実は先日も、直径2センチはあるエアクリーナーカバーのパーツを落として、見つけるまでに10分か20分は掛けているから、見付からない主な理由は明らかで、それだけ部屋の中がごちゃごちゃと荷物だらけのホコリだらけなのがいけないのだ。

そもそもちゃんとした作業机で作っているわけでもないので、PCのキーボードの隙間にさえ、リベットだのプラバンの切れ端だの、だいぶ呑み込まれている可能性がある。

|

« BT-42の重箱の隅(7) | トップページ | BT-42の重箱の隅(8) »

かば◎の迂闊な日々」カテゴリの記事

コメント

そのうち、無くしてしまった部品が1ヶ所に大量にかたまって出てきたりして。

そして、それを見つけた時の驚きと深まる謎は、ちぢれた毛がありえないところから出てきた時のキモチに似ている・・・とか、朝からそんな「妖怪○毛ちらし」を想像してしまったではないですかw

投稿: つんきち | 2011年9月 7日 (水) 07時55分

パーツを落としたときには,落下音がした場所の反対側を探すのがコツです.

投稿: 青木伸也 | 2011年9月 7日 (水) 08時59分

>つん姐さん

いや、きっとあるんですよ。そういう象の墓場みたいな場所が。

ある晩、眠っているとコソコソと話し声が聞こえて、
ボンヤリ起きると、部屋の隅のダンボールの陰から小さく明かりが漏れていて、
寝惚けた頭で不思議にも思わないまま、どういうわけか身体が小さくなって
そのダンボールの角を曲がると、なくした部品が積まれた広場で赤い帽子の小人さんが宴会を……。

……ナントカ暮らしのアリエッティかっての。

もちろんその一方では、例の黄色いアレの小さい版が、知らずに部屋の隅に巣食っていて、落ちた部品を早速がふがふいただいちゃってる、という妄想もアリかと。

>青木先生

>>落下音がした場所の反対側

マーフィの法則的な話ですが、しかし実際によくあるんですよね。
実はエアクリーナーカバーも、椅子に座って後方に飛ばしたはずで、後方の床の上の本やら荷物やらひっくり返して大捜索していたわけですが、最終的に見つかったのは自分より前方、足元の本の向こう側でした。

いや、これは枕返し系の妖怪が、落ちた瞬間にすかさず拾って別の場所に置いてるんだと思うな。

投稿: かば◎ | 2011年9月 7日 (水) 14時37分

「おーい、出てこい」(でしたっけ)
っていうのもありますね。星新一。

投稿: N | 2011年9月 8日 (木) 19時08分

>Nさん

むは!

ある日突然、頭の上からパラパラとパーツが!

投稿: かば◎ | 2011年9月 9日 (金) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208697/41543631

この記事へのトラックバック一覧です: カーペットモンスター:

« BT-42の重箱の隅(7) | トップページ | BT-42の重箱の隅(8) »