« BT-42の重箱の隅(6) | トップページ | 謎電話の捕捉 »

おぼん

●父の新盆。

関東、特に東京・横浜あたりでは7月にお盆を行うことが多いらしいのだが、「奄美大島は8月にやってるから、8月でいいんじゃないか」という曖昧な理由により、8月に行うことにする。

13日土曜日に実家に行き、夕方墓掃除に行く。叔母夫婦が車で連れて行ってくれ、従弟1人も手伝ってくれたので、たちまち終わる。オレ、バケツに水汲んで、花瓶洗っただけだよ……。

行きがてら、駅前のスーパーでおがら(麻がら)を買ってあったので、墓掃除から帰った後、玄関先(というよりも、その脇の車庫の入口)で、至極いい加減な作法で迎え火を焚く。

本来は墓の前で焚いて、その火を持って帰って灯明に火を入れたりするらしいのだが、流石に車に火を持ち込んで運ぶわけにもいかなそうだし。

F1030472 ●翌14日、兄家族が来る。新盆といっても誰に声を掛けるでもなく、基本は家族のみ。義姉の新盆でもあるので、一緒に仏壇で拝む。母の作った鶏飯(けいはん)を食う。

●夕刻帰宅。そういえば母はその後、送り火は焚いたのだろうか……。

●15日月曜日昼、神保町の事務所に行く。

昼飯を食わずに家を出たので、逗子駅前のOKストアでパンと「琉球コーラ」なる飲み物を買い、駅のホームで昼食。「琉球コーラ」は、なんだか駄菓子屋のコーラ飴のようなチープな味(……という評価を、以前も「キリンコーラ」に下したような)。

F1030465 沖縄気分が盛り上がったので、有楽町の「わしたショップ」に寄り道し、以前、ポイントが貯まって貰った500円分のタダ券も使ってスナックパインやら駄菓子やらを買う。

●寄り道の末に事務所へ。地下鉄の九段下を下りた途端に機動隊と右翼の祭典みたいになっており、こんな日に靖国神社に近付くんじゃなかった、と思ったが後の祭り。もっとも事務所までの道のりが暑苦しいだけで、特に騒がしいとかは無し。

個人的には、靖国神社というのは「なんだかうさんくさい場所」に分類されていて、近くには行っても、境内には何年も入っていない。父も母も戦争で苦労した年代だし直接の話も聞いているから、戦死した将兵を悼む気持ちも充分にあるつもりだが、むしろそれだから余計に、誰もが皆進んで御国のために命を捧げたのですみたいな靖国の扱いや、戦没者を人質に取っているような「靖国神社を拝まないヤツは非国民」みたいな論調が不快だ。もちろん、素直に戦死者を悼む気持ちで靖国神社に詣でる人をとやかく言うつもりはない。

28133596_1267995010_163large ●連日暑いので、我が家の犬は涼しい場所を求めて玄関とか、風呂場の脱衣所の隅っことかに避難して寝ていること多し。人が通りかかると恨めしげに見上げて移動する。

玄関でへばって寝ている写真も撮ったが、右の、娘が撮った下駄箱の下に潜り込んだ写真のほうがさらに情けない。

●以前にも一度書いたが、夜遅くに帰ると鉄塔の高圧線が「ぢるぢるぢる」と鳴っている。やはり蒸し暑い夜ほどよく鳴るようだ。

●神保町のインド料理店「シディーク」は、都内あちこちにあるチェーン店の1店舗なのだが、今まで食した限り料理に外れがなく、全員インド系の店員さんの愛想もよくて良い。

F1030481 以前も書いたように店先に出ている日替わりメニューの小黒板の文字が相変わらずお茶目で、先週のとある日は

ガロ子とチキの日替ゆりカレー

だった。頑張って書いているのは判る! 判るが、ナスを漢字で書こうとするのはハイレベルを目指し過ぎだ!

ちなみに、ぐるなび東京版の「シディーク 神保町店」のページには、いつのまにか日替わりカレーの案内が手書き文字で掲示されるようになっていた。毎度毎度店先でウケていたのがバレて、販促に使えると思ったのか!?

|

« BT-42の重箱の隅(6) | トップページ | 謎電話の捕捉 »

かば◎の迂闊な日々」カテゴリの記事

コメント

ガロ子とチキリという謎の食材を食べに、お江戸まで足を運びたくなりましたw

神田神保町(かんだじんぼうちょう、って読みで正しいですか?)は、20代の終わりのヒトヅマ時代に1人で行った覚えがあります。そんな時代もありましたwww

最近は行ってねぃな~。お江戸は迷っちゃうし。

投稿: つんきち | 2011年8月21日 (日) 11時46分

神田神保町は「かんだじんぼうちょう」で正しいです。

調べてみると、千代田区誕生前にあった「神田区」に含まれていた町に、合併時に軒並みアタマに「神田」をくっつけたとかで、神田ナントカ町という地名はやたら多いのですが、神田神保町はいわゆる「神田の古本屋街」にあたります。

ごちゃごちゃ判りにくい都内の中では、どーんと町のど真ん中、東西に靖国通りが通っているので、まあまあ判りやすい町かと。

もともと学生街でもあったので、関西に比べ食い物事情が悪い(……というのはマズイ、というよりも、美味いものを食おうと思うと途端に高くなる)東京の中にあっては、そこそこの値段でそこそこのものを食える店がそこそこある、有り難い土地でもあります。

あ。シディークは「学生街の食い物屋」の部類ではありませんが、いいですよ。機会があれば「イソドビル」を飲みながらカレーを食ってみてください。

投稿: かば◎ | 2011年8月22日 (月) 03時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208697/41256368

この記事へのトラックバック一覧です: おぼん:

« BT-42の重箱の隅(6) | トップページ | 謎電話の捕捉 »