« 擬音 | トップページ | アナログマ »

シュッと。

●前回書いた国立博物館の「空海と密教美術展」の「この夏、マンダラのパワーを浴びる。」というコピーも如何なものかと思うが、やはり現在開催中の鎌倉国宝館、「仏像入門展」の

ミホトケをヒモトケ

というダジャレ系キャッチフレーズはどうしたもんだか。

「ミホトケをヒモトケ、そしてモルトケはホットケ」とか、意味なく延々と続いていきそうな気がする。もっとも、この仏像入門展は例年夏に開かれているようで、しかもこのキャッチフレーズも以前にも見た覚えがある。気に入っちゃった人がいるんだろうなあ。

さらに、これは今年だけかもしれないが、ポスターで、千手観音坐像がキッと厳しい表情をしているにもかかわらず、丸ゴチ(?)ひらがなのフキダシで

ぶつぞうまんさい!

と喋っているのがますます脱力。

●ちなみに「鎌倉国宝館」と言うからには、国立博物館「空海と密教美術展」の「国宝 重要文化財 98.9%」どころじゃなく、こりゃもうメイプルリーフ金貨並みの純度かと(今頃になって)色めきたったが、よく同館サイトを見てみると、出品リストに国宝は1点もなかった。ブーブー(←茶化しているだけ)。

なお、そのへんについては同館自身がマジメに言い訳しているのがおかしい(このページの「館名のいわれ」参照)。

とりあえず、空海と密教美術展も見たいし、鎌倉ミーハーとしては鎌倉のいい仏像が集まる仏像入門展は今夏こそぜひ行きたい。

●これまでにも何度か触れているように神保町の事務所近くの某酒屋ではウィルキンソンのガラス瓶入りジンジャエールを扱っていたのだが、久しぶりに飲もうと今日買いに行ったら、ガラス瓶入りがなくペットボトル版が置いてあった。

違うだろう! 確かにペットボトル発売は有難いが、ガラス瓶版を置き換えるものじゃないだろう!

(8月2日追記。その後、何もなかったように瓶入りが再入荷しており、結局、たまたま品切れだっただけである模様。失礼)

●脈絡のない備忘録。青木氏によると、関西で多用される人物(だけではないかもしれない)に対する形容、

「シュッとした」

は、それ単一で(つまり、シュッとしているか/いないかで)使われることもないわけではないが少なく、むしろ

「○○がシュッとしたような」(○○は話者同士が知っている人名、一般に芸能人など)

と、誰かしら基準となる人物を持ってきておいて、それをいわば「シュッと化」する風に使うのが一般的であるそうだ。なお、

「○○を垢抜けさせたような」

というのは、「意味として『シュッとした』とは違うが用法としては同じ」(青木氏)であり、意味については「『シュッとした』は『シュッとした』以外に形容しようがないから『シュッとした』なのだ」である由。ただし少なくとも「シュッと化」は人物の魅力として一般にプラスの作用である。

なんでそんな話になったんだ的な話題だが、確か、擬音の本の話からのつながりで、「関西人の会話に擬音は欠かせない」という流れだった気がする。

|

« 擬音 | トップページ | アナログマ »

かば◎の迂闊な日々」カテゴリの記事

コメント

こにてぃわ~♪

言われてみれば確かに、「しゅっとしたような」ってのは形容詞としてよく使います。
誉め言葉として人様から言われるとタイヘン嬉しいものですが、微妙なニュアンスを解らん人に言うても、意味を汲んでは貰えんのでしょうね~。

うむうむ、なんか今日も1つ賢くなったぞw

投稿: つんきち | 2011年7月27日 (水) 19時33分

 今日の大竹まことのラジオで笑福亭笑瓶が自らの副鼻腔炎について喋くっておったわけですが、やかましいくらい擬音使いまくりなところに「あー関西人の喋くりだなー」と妙な感心をしてしまったのことよ。

投稿: KWAT | 2011年7月27日 (水) 21時51分

正確にいうなら「○○がシュッとしたような」あるいは「○○をシュッとさせたような」となるのかなぁ.○○自体はシュッとしていないものでなければならず,たとえば「キムタクがシュッとしたような」という言い方は無いわけ.

投稿: 青木伸也 | 2011年7月27日 (水) 22時48分

>つんきちさん

本文に加筆したように。(青木氏によれば)「『シュッとした』は『シュッとした』としか言いようがない」そうですが、私自身は、英語でいえばcoolとかsmart(体型が、ではなく、在りようが)みたいなニュアンスで捉えてました。どうでしょ。近いでしょうか。

しかし「言われると嬉しい」ということは、面と向かって「シュッとしてる」と評されることがある、ということなんでしょうか。なんだか勝手に、本人とかかわりないところで評されている感じが強いような気がしていました。

>くわっちん

だーっとやってつーっといってちゃっちゃっちゃ、みたいな。

あとね。青木君はエレベーターに乗ってボタンを押すときに「ポチっとな」と言わずにおれないしね。

>青木センセ

あー。本文、「~を」から「~が」に訂正しました。

しかし、うーん。キムタクが「シュッと」の典型なのか……。

投稿: かば◎ | 2011年7月28日 (木) 02時30分

正確な用法は、多分、青木様が仰る通りだと思います。
ただ、「シュッとさせる」対象がすでにご自身の中に確立している人(例えば、うちの近所のたこ焼き屋のオネィサンとか)は、簡素化して「アンタはシュッとしてる」と言うこともあるようです。
なんでも略しちゃう関西人ですのでww

あと、ボタン押す時ポチットナって言うてから、ビックリドッキリメカ発進!と付け加えてしまうのは、地雷です(年齢的な)w

投稿: つんきち | 2011年7月28日 (木) 18時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208697/40978717

この記事へのトラックバック一覧です: シュッと。:

« 擬音 | トップページ | アナログマ »