« 花粉症 | トップページ | 源氏山 »

ヨンパチ工作

●3月3日。サン・サーンスの日。いや、知らんけど。

ちなみにカントール先生の誕生日だったり、三枚肉の日(サムギョプサルの日)だったりするのは本当だ。

●2日水曜日、雨が上がりかけた昼前に出掛ける。そのまま雨は上がってしまい、と言うよりも都内はそもそも降っていなかったのか、とにかく傘は一度も差さないままに(文字通りに)無用の長物になってしまった。結局半日、どこかに傘を置き忘れるんじゃないかと戦々恐々としながら出歩く。

午後の仕事は西新橋界隈だったので、長丁場の会議後、夕方、タミヤ・プラモデルファクトリーに寄る。製作中のバンダイ48、ダイムラー装甲車Mk.I は昔々のキットなのでデカールが使用可能かどうか怪しく、タミヤ48のクルセーダーあたりのデカールがバラ売りされていないかと思ったが見当たらなかった。

昼飯を食いそびれていたので、博多ラーメンを食う。博多ラーメンで一般的な「替え玉」は、東京の店で頼んでいる人はあまり見ないような気がするのだが、昼飯抜きだったこともあって頼んだら、私の後、カウンターに座っていた客が次々4人も替え玉を注文した。

……誰かが口火を切るのを待ってるのかアレは?

●某所から来た、仕事の手直し要請に四苦八苦。N女史とともに頭を抱えるが、さりとて、いきなり直せと言われて出来ることもあまりないのでますます困惑。

●48スケール・ミニコンペ向けに、ちまちまと地味な工作中。

1.先日発掘したバンダイ48キット(およびバンダイ亜種48キット)3種のうち、とりあえずダイムラー装甲車Mk.Iを選んで作り始める。

P1020257 基本、大それたディテールアップなどはしない方針で(するほどのネタもないし)、とはいえ何もしないのもつまらないので、ボンネットの手すりを真鍮線にし、ルーバー部分は単に階段状になっていたのでナイフの刃先で若干彫り込み、そこまでやったらついでにということで、シャーシ後面をプラバンで張り替えた。もっとも戦闘室後面の省略されているビジョンポートなどはそのまま無視。ぬるめ。

ネット上でも探してはみたものの、戦時中のダイムラーMk.Iの写真はそれほどない。面白げな塗装とか、変わったユーザーとか、ちょっと惹かれる荷物搭載状態とか、そういった写真の1枚も見つけられず、どうもあまり気合いが入らない。マルタ迷彩の例でもあればなあ(と、前々回も言ったっけ)。

P1020254 2.というわけで、補欠のシトロエン11CVにも手を付ける。どうせ作るならと、当初から気になっていたタイヤの厚みを手直しすることにして、すでにシャーシに取り付けてあった車輪をもぎ取る。

年末の大掃除で発掘された、長らく行方不明だったトライツールのエッチングソーで車輪をスライスし、ゴリゴリやすって幅を詰める。現在、2個幅詰め終了。あと半分。

3.実を言えば、何か変わった面白いネタはないものかと考えた末、GPMのペーパークラフトのタトラT-18装甲トロッコを縮小印刷し、これを型紙に1:48で作ってやろうかなどとよからぬことを考えたのだが、基本形状はさておき、リベットが恐ろしい状態になることが判明し断念。

|

« 花粉症 | トップページ | 源氏山 »

かば◎の迂闊な日々」カテゴリの記事

ダイムラーMk.I」カテゴリの記事

製作記・レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208697/39096809

この記事へのトラックバック一覧です: ヨンパチ工作:

« 花粉症 | トップページ | 源氏山 »