« カエルちゃん | トップページ | 鶴見線再び »

なんて久しぶりなホビーショー

●まだ何かと細かい手続きがあったり、いきなり一人になってしまった母が心細いと言ったりするので、頻繁に泊りがけで川崎の実家へ行く。なかなか慌しい。

ただし、神保町の事務所との間は田園都市線~半蔵門線で一本なので、逗子の自宅より通勤はし易い。

●私の小学校時代からの友人である“ばお”氏より、線香を上げに行きたいが、との連絡あり。当然、勤め人であるばお氏の休みである土日にということになるが、16日土曜日は幕張メッセのホビーショーに行くと言う。

何だかんだ協議の上、結局土曜日に私もホビーショーへ行き、夕方に川崎に向かうことにする。

●何年も5月の静岡ホビーショーに行きそびれているので、ホビーショーというもの自体久しぶりな気がする。

会場をうろつき始めて早々、やはり久しぶりのはほちん氏と邂逅。
「何か見るべきものはあるのか?」
「さあ?」
などとユルいテンションであちこち見て歩く。

・ハセガワ 何年ぶりであろうと、ハセガワブースといえばやはりジャンク市。まあこれはお約束だからとりあえず見るだけは見てやるかフフン、みたいな気で近付いて、結局いつ何に使うのか判らないパーツをいくつか握り締めているのもまたお約束。

マジックトラックのIII/IV号履帯中期型(センターガイド穴あき)300円、同じくマジックトラックのIII/IV号履帯中期型(センターガイド穴なし)+エッチング(たぶんブルムベア用)500円、何のだか判らないタイヤなどなど購入。なお、センターガイド穴あき履帯はその後、ばお氏に平行移動。あ。そういえばハセガワのジャンク市でドラゴンのパーツが買えるのは今回までなのか?

・タミヤ III突フィンランド軍仕様を見る。新規パーツは枝1枚で、丸太、後部工具箱、操縦手前面の増加装甲、シャーシ側面の増加装甲、コンクリート盛り、DT機銃と穴の広がった機銃防盾、などなど。後部の大型工具箱はラックと一体成型だが、プラパーツではあまり薄くできないだろうし、納得できる処理。工具箱の左右のフタの間は筋彫りになっていたが、ここは実際にはリブがあったような。とはいえ、思った以上に楽しめそうな感じ。

ところでタミヤの大型ラジコンKVの実物を初めて見た。走らせるより、大型スケールモデルとして作ってみたいもんだ、などと空想していたのだが、実際に見てみるとずいぶん大味なキットだった。

・ドラゴン プラッツのブースにサイバーの新製品がちらほら。話題の会場発表、「特二式内火艇」は写真パネルのみ。先日出たアーマーモデリング誌(八九式中戦車車体付き)は買ったが、さすがに特二式内火艇となると個人的には「いやいや、そんなん売れるんデスカ?」くらいの反応しか出ない。もっとも、LWSのキットがわらわら出てくる世の中だし。

P1020020 むしろ1/6という巨大II号戦車B型にたまげた。もっとも、遠目には迫力あっても、近付いてみるとやはり「ドール用」な感じ。装甲板の溶接跡もなく、フェンダーパターンも一部にうっすら付いているだけ。クラッペ類も一部を除いて装甲板に一体モールド。

本体ドラゴン・ブランドはアオシマ扱いになったので、アオシマのブースでIII号E型などをちらちら観察。そういえばIII号指揮戦車ってどうなったんだろう?

・ファインモールド 謝罪大王くまざあ氏に会って、「換気扇の油汚れがみるみる取れるよ」というわけ判らん宣伝文句で離型剤落としを売り付けられそうになる。今になって考えてみると、話している間に一回も謝られなかった。あんな奴ぁくまざあじゃねぇ。

P1020016・ホビーボス でけえ! 超重列車砲でけえ! こんなのを平気で買って組み立てて飾れる家に住んでみたいもんですな。

その他、どこぞのブースで割引でエデュアルド1:48のBf108タイフンを300円で、AZ1:72のビーチ・スタガーウィングを500円で買ったり、「一撃殺虫ホイホイさん」を眺めたりする。

海浜幕張駅前で3人で軽く食事しつつ歓談。夕方川崎に向かう。

●かみさんが宮部みゆきをまとめて借りてきたので、「ブレインバスター」1~4を読み、現在「ICO」を読み進み中。

|

« カエルちゃん | トップページ | 鶴見線再び »

かば◎の迂闊な日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208697/37304329

この記事へのトラックバック一覧です: なんて久しぶりなホビーショー:

« カエルちゃん | トップページ | 鶴見線再び »