« 犬は勘定に入れません | トップページ | ハラショー。 »

電球な毎日。

●小野不由美「屍鬼」第1巻読了。この人の「十二国記」シリーズの大ファンで、出ているものはだいたい読んでいるような気がしていたのだが、これは読んでいなかった。

1巻目だけでそれなりの厚みがある本だが、話自体はまだ始まったばかり。しかし、その厚みのある本のページをめくるたびに新しい登場人物が出てくる(特に前半)。山間部のごくごく小さな集落が舞台で、当然人口もあまりない村だが、人間関係が濃密なその村の住民が芋蔓式にどんどん出てくる感じ。もっとも1巻の後の方になるとバタバタ死人が出始める。現段階では、「これは人数豪華版の『そして誰もいなくなった』なのか?」と思えなくもない。

この「屍鬼」は現在アニメ化されて放映中なのだが(ストレートにアニメ化ではなく、マンガ化のアニメ化?)、話は端折っていそうだし、ネタバレになってしまいそうなの観ていない。

それにしても「十二国記」の新刊、出ねぇかなぁ……。

●我が家の電気関係の不調については以前にもちょっと書いたが、先週末、階段の電球が切れた。流石に昇り降りに不便なので、風呂場の電球をコンバート。

風呂場の電球は、ちょっと前に交換して以来、どうも接触が悪いのか、何度嵌め直しても突然消えたり点いたりという状態だったのだが、階段に持っていったら問題なく点いた。

火曜日、改めて電球を買って風呂場に装着。やはり相性の問題だったのか、普通に点くようになった。

と思ったら水曜日、仕事中にかみさんからメールで「今度は脱衣所の電球が切れた」。なんでこう毎日毎日電球を買って帰る羽目に!?

仕事仲間のK女史曰く、「霊障なんじゃないですか?」

……いや、いくら「本当に怖い日本の心霊スポット100」の一桁ランキングのナナメ上に住んでるからって、それは。

●何はともあれ毎日暑く、しかも都心の神保町界隈はことさら暑い気がする。数日前、特に暑い時間帯に事務所にたどり着く直前、靖国通りで真横を右翼の街宣車が通りかかり、それだけでマルクス主義に傾きそうになる。勘弁してくれ。

なお神保町は現在、「ONE PIECEカーニバル」が開催されており、神保町交差点には巨大チョッパーが鎮座している。まあ、確かにONE PIECEのキャラで他に巨大マスコットにして成り立つのはいなさそう。全裸で刺青入りの巨大イワンコフさんとかがいても困るしな。

P女史が仕事の合間に素早くスタンプラリーを制覇してシールを貰ってきた。フットワーク軽いぜP女史!

●木曜日。親父の具合が悪くマメに顔を見せろと母に言われており、川崎(梶ヶ谷)の実家に寄る。

●ついにタミヤのBTを買った。とはいえ忙しいので、まだ内袋も開けていない。

●mixiのニュース経由で知った話。Yahoo知恵袋に上がっている「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」が楽しい。

当初は単に玄関を開けると倒れていただけだったのが次第にエスカレートし、

「血まみれ」
「頭に矢が刺さっている(さらには矢が刺さったまま夕食を準備)」
「軍服を着て名誉の戦死状態」
「倒れているだけでなくダイイングメッセージで『かつお』と記されており当日の夕食はかつおのたたき」
「(アーミーショップで買ったらしい軍服などに対し)無駄遣いしないよう注意したらお手製のワニらしきものに食べられている状態に」
等々。

ちなみにうちのかみさんは、先日私のベッドにゴムのヘビを忍ばせておいたのが不発だったのが不満のようであり、そのうち何か仕掛けてくるかもしれない。

●ハラT青木氏が上京してくるので土曜日に飲む予定。といってもまだ時間も場所も打ち合わせていないや。

|

« 犬は勘定に入れません | トップページ | ハラショー。 »

かば◎の迂闊な日々」カテゴリの記事

コメント

 「本当に怖い日本の心霊スポット100」の一桁ランキングのナナメ上をいく、今までになかったまったく新しい心霊スポットになったんとちゃいますか?>かば◎家

投稿: KWAT | 2010年7月23日 (金) 11時37分

>小野不由美「屍鬼」

うーん、これ、私は駄作だと思いました(^^;)
同じ頃読んだ「黒祀の島」が傑作だったから余計にそう思ったのかも知れませんが。

投稿: はほ/~ | 2010年7月23日 (金) 20時53分

死んだふりイベントの奥さん、
かわいいなあ
わたしなら一緒にノッちゃって向こうが飽きて退いちゃう気がします・・・
奥さん持ったことないけどサ。

投稿: みやまえ | 2010年7月23日 (金) 22時23分

>くわっちん

どうもその手の能力は備わっていないので、今までオバケの類は見たことがないのですが、心霊現象だとしても電球を切るのはいちいち買って交換しないといけないのでやめていただきたいものです。

なお、脱衣所の電球交換以降、家の中の電気関係のトラブルはなりを潜めていますが、昨日か一昨日からは、どうも息子の部屋で異様に騒がしく鳥の鳴き声がする--どうも表のベランダのどこかにスズメか何かが巣を作ったらしいんだけれども、でもどこにあるのか見つからない(以上、かみさんの証言)という新たな現象が起きております。

さらに昨晩は私の帰宅後、息子が「でかいゴキブリが出た」と私の部屋に助けを求めに来て、2人でなんとか捕獲しました。これも何かの霊障なのでしょうか。

>はほちん

今の段階で駄作とか言うなよお。
まだ2冊目までしか読んでないんだからよお。
せめて読み終わってから言ってくれよお(泣)。

>みやまえさん

うちのかみさんは死んだふりどころか、
私が帰るといつも寝ています。

投稿: かば◎ | 2010年7月24日 (土) 15時18分

あー、こりゃすまんです。っていうか世間的には傑作という評価の方が多い様です。

読み終わってから、できれば黒祠の島と比べた感想を聞きたいなぁ、と。

投稿: はほ/~ | 2010年7月24日 (土) 18時46分

騒がしい鳥の巣があると、
ある日蛇がやって来て戦いが始まって
やがて静かになっちゃったりしまうので
それはそれで気がかりです。

投稿: donji | 2010年7月25日 (日) 09時17分

>donjiさん

だいぶ昔、川崎の実家でツバメの巣がヘビの襲撃に遭いました。2階のだいぶ高い位置にあったのに、ある日巣の中でヘビが昼寝してました。

現在の逗子の家では、軒下に作られたアシナガバチの巣が数度、スズメバチに襲撃されています。周辺でヘビは時々見かけるので、鳥の巣が掛かっていれば来るかも。

投稿: かば◎ | 2010年7月26日 (月) 00時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208697/35859633

この記事へのトラックバック一覧です: 電球な毎日。:

« 犬は勘定に入れません | トップページ | ハラショー。 »