« にゃんと! | トップページ | 懺悔 »

何を語れと!?

●オレに煙突について何を語れと!

すみません。仕事が進まずに錯乱してます。

●もっともそこで「T-34について語れ」とか「1939年のポーランド陸軍のAFVについて語れ」とか言われたら、逆に何から触れていいか迷うと思う。

……いや、ポーランドならそうでもないかな。

●タミヤからホビーショーアイテムとして発表されたBT-7。「これはきっと新規開発だ!」と大喜びしていたのだが、何やらウワサによると、作戦会議中のフィギュアが付くとか。そういうオマケが付くと聞くと、かえって「実は本体は他社製品?」という疑いが首をもたげてきた。

先日の書き込みへのみやまえさんのコメントに、「ズベズダはBT-5だし」と書いたのだが、実際にはズベズダからBT-7も出ているので(イースタンのBT-7系を複数持っているためズベズダの-7は買わなかったのですっかりアタマから抜け落ちていた)、その可能性もあり得なくはなさそうだし……。

確定情報が出るまでは不安半分で待つことになりそう。

(追記:KWAT氏から頂いたコメントのURLで、HOBBYLINKのサイトに掲載されているチラシが見られるが、これを見るとやはりタミヤ製新製品の可能性が高そうだ。すごいなあ……)

●由美かおるが今季の水戸黄門(第41部)を最後に同番組から引退するそうだ。しかし、還暦までお色気担当というのは素直にすごいと思う。

ただし、個人的には「うっかり八兵衛のいない水戸黄門なんて!」と思う。

でろりさんのHP経由で知った、北海道の石狩浜で、巨大貨物船がほとんど波打ち際に座礁してしまったローカルニュースがあって、密かに注目していたのだが、座礁したのが先月21日。今月初めには沖合いから引っ張って、なんとか船首が沖を向くところまでいった、というところまでは判ったが、その後の動向が見当たらない。

うまく抜け出せたんだろうか。

|

« にゃんと! | トップページ | 懺悔 »

かば◎の迂闊な日々」カテゴリの記事

コメント

BT-7、東欧系メーカーのパーツを寄せ集めて、そこにICMのフィギュアを加えてタミヤのインストという「ドリームキット」じゃないでしょうか

投稿: よしおかきゅう | 2010年4月15日 (木) 09時39分

このへんでも見てみるとか。
http://hlj.co.jp/product/TAM35309

親ページ。
http://hlj.co.jp/shs2010

投稿: KWAT | 2010年4月15日 (木) 10時38分

missing-lynx掲示板に、タミヤモデルマガジンの編集者が「ズベズダのじゃなくて完全新規金型だヨ」と書き込んでたので、まず大丈夫でしょう。
http://www.network54.com/Forum/47208/message/1270637878/

ズベズダのも悪いキットじゃないですが、最近のキットと比べるとやはり古さは否めません。砲塔はバスル部の長さが不足しており、また絞り込みが足りずに幅広だったので、タミヤの砲塔には期待大です。45mm砲用馬蹄型砲塔は他への流用が効きますからね。

もっとも、BT-7搭載の馬蹄型砲塔とT-26系のソレでは細かなディテールの差異があり、この砲塔パーツを流用してタミヤからT-26が出る、…という流れは、私は無いんじゃないかなーと予想してます。

投稿: セータ☆ | 2010年4月15日 (木) 15時20分

上に「追記」としても書いたんですが、やはり新製品のようですね。うーん。BTファンとしては嬉しいし、欲しいし、万々歳なんですが、しかし本当にこんなもんをタミヤが出す世の中になろうとは。

投稿: かば◎ | 2010年4月15日 (木) 16時12分

セータさん、情報どうもです。
いやもうワクワクですねー。

個人的には、本来皿型にゆるやかに窪んでいるべき転輪が、ズベズダではぺったんこ、イースタンではT-34のように角度を付けて窪んでいて「どっちもどっち」、ゴムリム部の刻みと穴も大げさだったのが、これで何とかなってくれそうなのが嬉しいです。

投稿: かば◎ | 2010年4月17日 (土) 08時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208697/34234102

この記事へのトラックバック一覧です: 何を語れと!?:

« にゃんと! | トップページ | 懺悔 »