« ハーフトラック三昧。 | トップページ | ハーフトラックの迷宮。 »

ウクライナの深いむっつり。

●木曜日。「たまんちん」ことはるとまん氏が出張で川崎を訪れるというので、夕刻、久々に会いに出掛ける。

日中ごそごそと自宅で仕事の電話などし、時間を見計らって出掛けたが、自宅近くのバス停から逗子駅までの間に3ヶ所も架線/信号工事中で1車線通行があり、川崎着は5時半頃。電車の中にいる間に氏より電話があり、京急駅前のさくらやにいる、とのことだったが、当のさくらやは店仕舞い中で、がらんと廃墟のようになった1階フロアでぽつんとたたずむ氏と邂逅。

数年ぶりに川崎の模型店フラグシップに行き、ショーケース内に置きっぱなしにしてあったREMIの1:35噴水を回収。

その後、飛行機ファンには知られた飲み屋PEPPERLANDに移動。丁度やってきたマスターに店を開けて貰う。今日行く旨、KWAT氏より連絡を貰っていた由。7時頃、KWAT氏、がらんどう氏も合流。両氏とも本当に久しぶりで、ビールを飲み料理をつつきつつ、模型の話をしたり飛行機の話をしたり健康の話をしたり。

はるとまん氏は数年前まで横浜に住んでいたのだが、転勤により京都に戻る際、誰も送別会を開いてくれなかったと恨み言を言われる。そもそもはるとまん氏の横浜居住時代、パソコンの調子が悪いといえば氏に相談を持ち込み、コミケで本を出す(もちろん萌え系ではなく小国空軍とか小国陸軍とかだ)となると動員をかけ、自主デカール作りでは無理難題を押し付け、さらに酔っ払って終電を逃したといって夜中に強襲したこともあるという具合で、送別会を開くとなれば当然私が幹事として企画すべきであったろうが、丁度その頃は「河馬之巣」も放り出して模型仲間との活動上“引きこもり”状態だったために何もせずに送り出してしまったのだった。たまんちん相済まぬ。

日帰り出張のため8時頃には早々に帰路に着くはるとまん氏を川崎駅まで送り、その後PEPPERLANDに戻って11時頃までKWAT氏、がらんどう氏と飲む。

●川崎からは当然東海道線なのだが、運良く(結果的には悪く?)横浜あたりで座れたとたんにすでに横須賀線に乗っているような気になってしまい、居眠りをする。たまたま起きた駅が逗子駅に似ていて、「ああ、丁度起きた」などと思いつつ降りて、階段を昇って改札に行こうとしたのだが、どうも造作が違う。そこまで行ってようやく東海道線で乗り越したことに気付いてホームまで戻って駅名を見たら大磯だった。……相模川越えちゃったよ。

やれやれ、こりゃ戻るのも時間が掛かるな、と思いつつ掲示を見たら、「本日の上り電車が終了しました」……。

さすがにここまで長距離だとタクシーに乗って家計に穴を開けるのも何だし、といっても大磯の駅前は閑散としているしで、夜中の散歩でてくてく人里まで歩いて、最終的にはネカフェで朝まで過ごす。……済みません、大磯が人里じゃないってわけじゃないんですが。ってオレは石井ピンさんかっ。

ネカフェでマンガ書棚から「夏目友人帳」を出して読むが、これはたぶん、はるとまん氏が携帯にニャンコ先生のフィギュアストラップをぶら下げていたため。

●金曜日。朝帰りしてかみさんに理由を話して思い切り馬鹿にされ、数時間寝て神保町の事務所に出る。大船住まいのC社長にいやに嬉しそうに「乗り越した? どこまで行った? なに? 大磯? そうかそうか」と、何やら重要な通過儀礼を果たしたような言われ方をする。

これには理由があり、大船在住の人々にとって、東海道線の乗り越しは日常隣り合わせの危険であるためで、しばらく前まで終電間近に大垣行きがあった時には、半端じゃない乗り越しもあったらしい。C社長自身、確か熱海あたりまでは行っているはずだし、同じくしばらく前まで大船にいた麻布の事務所のボスは三島まで行った話を聞いたことがある。そのボスの近所の人はさらに猛者で、朝、名古屋から東京の会社に午前中休む旨連絡をしたそうだ。

●PEPPERLANDで店の大型ディスプレイに何やら妙な超人モノアニメが流れていて、くわっちん(KWAT氏)にその正体を教わる。「天体戦士サンレッド」というもので、基本的には川崎の平和を守ることが使命であるものの、実際の活動範囲はもっと狭く、溝の口周辺のみであるそうな。ローカル過ぎる!

昨日、今日と、動画サイトで何本か見てみた。

ローカルヒーローものとしては、しばらく前に「琉神マブヤー」にハマったが、実写かアニメかの違いだけでなく、「サンレッド」は正義の超人であるにもかかわらず恋人のヒモとして居候している上に粗暴で、むしろ悪の組織のほうはマメにご近所付き合いもするし(秘密基地ではなく普通に民家に暮らしている)確定申告もしているという具合。一応しばしば「対決」するのだが、それ以外の日常生活では結構慣れ合っていたり。ただし、悪の組織の下っ端が2人しかいないのは琉神マブヤーと同じ。

|

« ハーフトラック三昧。 | トップページ | ハーフトラックの迷宮。 »

かば◎の迂闊な日々」カテゴリの記事

コメント

 金曜は乙ですた。なんとまぁ、あれからそんな冒険譚(笑)があったのですか。こちらは南武線が2350分頃に人身事故で止まったらしいので、店を出るのがあと20分くらい押してたら溝ノ口までたどり着けず、南武線の途中駅からがらんどうさんとタクシーで深夜帰宅とかしてた可能性があったんですよね。くわばらくわばら。

 大垣夜行の悲劇はワタシも前の会社にいたときにはいくつかの武勇伝を聞きましたよ。保土ヶ谷の寮に帰るために乗って、気付いたら名古屋を出るところだったとかなんとか。

 サンレッドのアニメは毎週の放送が終わると、その後1週間は公式サイトで無料で見れますお。(*´∀`*)
http://www.sunred.jp/

投稿: KWAT | 2010年2月28日 (日) 02時31分

サンレッドと悪党どもは、近所の空き地で待ち合わせて対戦したりしていませんでしたっけ?

投稿: N | 2010年2月28日 (日) 08時47分

対戦の時はわざわざ日時を決めて待ち合わせているようですね(笑)。

私が見た回では多摩川の河川敷で対戦していて、サンレッドが生コン入りの落し穴にはまっていました(笑)。

ただし途中で、悪の組織側のアジト(というか民家)から煙が出ているという知らせが入り、悪の組織がサンレッドを放って帰ってしまい、サンレッドが激怒していました。

投稿: かば◎ | 2010年2月28日 (日) 10時59分

父ちゃんの同僚は
大垣から「今日休みます」と電話をかけてきて
みんなを「関ヶ原かよ!」和ませたらしいです

投稿: | 2010年3月 1日 (月) 01時34分

やはり東海道線長距離乗り越しは「武勇伝」が結構あるのですね。
私なんぞまだまだです。……いや、そうそう乗り越したいとは思いませんが(泣)。

投稿: かば◎ | 2010年3月 3日 (水) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208697/33563284

この記事へのトラックバック一覧です: ウクライナの深いむっつり。:

« ハーフトラック三昧。 | トップページ | ハーフトラックの迷宮。 »