« 薄幸のJSU-152(11) | トップページ | 薄幸のJSU-152(12) »

クリームパンと会議と補充。

●新年早々だがいろいろと煮詰まる。

●大河ドラマに合わせて幕末あたりの出版物が山のように出始めているが、そんな関係の一つの企画に関わっていて、金曜朝までその調べ物。とりあえずサンプル的にまとめたものを関係者のメーリングリストに流す。

すぐに返事があり、「年号がすべて19**年になっているが18**の間違いでは?」。

済みません、ウチのエディタのコレクト機能で、どうも勝手に19**に直されちゃってたみたいですね。はっはっは。

……という言い訳を一瞬考えたが、そりゃ通らないわな。

●その会議が金曜午後からあり、神保町の事務所経由で、C社長と共に市ヶ谷に行く。前回同様長丁場で、終わった頃には日もとっぷり暮れ、数度意識が遠のいた。

●mixiに「目指せ!国旗マスター」というアプリがあって、要するに次々出てくる国旗の国名を四択から当てるというもの(3回間違えるとゲームオーバー)。一応私の記録は40問ちょっとで、それなりに判るほうだと思っていたが、最近P女史が190問台という驚異的な記録を出している。

丁度会議に出てきたP女史に、国旗の本でも見てるの? と聞いたのだが、そうではなくて、繰り返しやって見て覚えた由。すご過ぎる……。いや、実はあれは伝説のP女史姉が!

●東京駅地下改札を出たところに出店があり、広島・三原の八天堂の「とろけるクリームぱん」というのを売っている。試しに買う。

1つ1つ、コンビニの中華まんのような(モスバーガーのような?)袋に包まれて売っており、白くもちっとしたパン生地にクリームがたくさん。美味しくはあるが、パン(食事)というよりはケーキ(お菓子)。

例えば普通のクリームパンにコーヒー牛乳は(両方甘々だとしても)昼食になり得るが、シュークリームとコーヒーならデザート。どこが違うんだと言われれば、自分でも線引きは明確ではないが、強いて言えば、後者は別腹のほうに入っている気がするから、みたいな。いずれにせよ、この「とろけるクリームぱん」は後者向き。いやまあ、どっちでもいいんですけどさ。

●会議が終わって帰り、ふと思いついて、読み逃していた「化物語」下巻を買おうとOAZOの丸善に寄る。

こういう流行りもんの本は、前面に平積みになっていれば目立つが、そうでないと、さて、どこに置いてあるやら迷う。まずはコミックスコーナーに混ざっているライトノベルの棚を見てみるが、そちらは文庫のシリーズしかなく、では文学の棚を見てみると……ここの丸善の書棚はなんだか妙な凝り方で、まずはエンターテインメント系と純文学系が分かれていて、純文学系はさらに男性作家、女性作家に分かれ、それが今度は作家の生まれた年代別になっている。妙に細かいが判りやすいのかそれ? 一方でエンターテインメント系は、どうやらミステリーとSFとにほぼ2分されている様子。

さて、それで例えば有川浩の単行本は、純文学系とSF系の両方にあって、それもまあ何だか判ったような判らないような感じだが、求める「化物語」は無し。そこで店員に聞けばおしまいではあるが、なんとなくこっちも意固地になり、ここの丸善の本の並べ方の「ユーザーフレンドリー」さを確かめてやれ的キモチになってきて、むきになって探す。

結局判らず、店頭の情報端末で検索。すると、別の階の「ファンタジーノベルズ」の書棚にあるという。ミステリーやSFを「エンターテインメント」でくくっておいて、ファンタジーは別の階ってなぁどういうことだ?……などと思いつつ階を昇るが、今度は、売り場の見取り図に「ファンタジーノベルズ」のコーナーがない。念のため児童書のコーナーを覗いてみるがそちらにはなく、結局、文庫・新書コーナーの一角にやっと発見した。ちなみに情報端末で検索時に地図も出て、それをプリントアウトもできるのだが、その時点では「上に行きゃわかるだろう」と出力せず。要するに、裏目裏目に行動してプログラムのバグ洗い出しテストをしているような厄介な客ではある(笑)。

201001091431000 そんなこんなでようやく書棚は見付けたのだが、肝心の「化物語」は上巻があって下巻はない。そこでようやくもう一度端末で検索・印刷、在庫ありになっている場合、書棚になくてもどこかにあるのか店員に質問する。そこからまた結構時間を掛けてあちこち探したり問い合わせたりしている様子だったが、しばらくして、裏にありましたとか何とか、そんな説明付きで1冊運ばれてきた。ケースが多少ヨレている上に、裏にべったりと東販の「補充」と書かれたシールが貼り付けてある。これはどういう扱いをされてた本なんでしょうね。

常に雑誌は上から3冊目を取るような人ならその時点で「いやこれは嫌です」と言いそうだが(私もまあ、買う本は綺麗なほうがいいが)、折角掘り出してくれたものだし、そのまま買ってくる。何だかどこにもあるような本を買うのにえらく時間がかかった。いや、それ以前に「化物語」を探しているいい歳こいたおっさんというのもどうなんだか。

●土曜日。自室で仕事をしてい……るようなフリをして結局煮詰まって、youtubeでCCRの「Sweet Hitch Hiker」を聞いていると、息子が食べかけの「わさびマニア」というコーンスナックを持ってきた。か、辛っ!

|

« 薄幸のJSU-152(11) | トップページ | 薄幸のJSU-152(12) »

かば◎の迂闊な日々」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます的。

なんか仕事してんだか遊んでんだか……。

ウチのエライ人は、去年からばおさんの勤め先とか、薄幸のJSUの国に出張したりだとかやってますが、ワタシはおとなしく、何もしてません。いけませんねぇ、新年早々これでは。

投稿: はほ/~ | 2010年1月 9日 (土) 16時39分

 あけおめでゴザイマス。

>>何だかどこにもあるような本を買うのにえらく時間がかかった

 まぁ端から見れば、その時間があれば八重洲に回った方が早かった鴨ね、とか思ってしまいますなぁ。

投稿: KWAT | 2010年1月 9日 (土) 21時21分

>はほちん

年始早々の書き込みではスキップして今になって新年の挨拶とは(笑)。

>くわっちん

いや、八重洲に行くなら、素直に早く帰って逗子の本屋で買いますって。

投稿: かば◎ | 2010年1月10日 (日) 13時05分

 件のクリームパン、月曜に渋谷で売ってるところに遭遇したので、試しに買って食後のデザートとして食してみますた。まぁあれです、コンビニなんかで売られてる皮の柔らかいシュークリームの、皮が薄ーいパンになったようなもんでしたな。いやもちろん美味かったですけど。

投稿: KWAT | 2010年1月13日 (水) 12時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208697/32919435

この記事へのトラックバック一覧です: クリームパンと会議と補充。:

« 薄幸のJSU-152(11) | トップページ | 薄幸のJSU-152(12) »