« 資料読みの資料知らず。 | トップページ | ザ・タワー(2) »

けいはん食う人おけいはん。

●ここ半年、神保町の事務所に通い詰めた仕事の“チーム内打ち上げ”で新宿・歌舞伎町、奄美料理の店「まれまれ」に行く。数日前まで、P女史、K女史ともインフル?で発熱していたそうで、どうなることかと思ったが、無事チーム全員とC社長も揃って騒ぐ。

●我が田舎(正確には私の父母の郷里)である奄美大島の料理で、唯一誰にでもお薦めできるのが鶏飯(けいはん)である。鶏飯と書くと、炊き込みのようなものを想像する人もいそうだが、これは軽く盛った飯に細かく裂いた鶏肉、金糸卵、漬物、椎茸、あさつきなどを乗せて、鶏スープをたっぷりかけて茶漬け風にして食べるもの。

以前、チームメンバーで食事に行った際に話が出て、やはり鶏飯ファンである編集長I君と「あれは美味い」と言ったところ、皆がその気になって「この仕事の打ち上げはぜひ鶏飯が食べられるところで」という話に。

都内に沖縄料理の店というのはたくさんあるが、奄美料理の店というのはあまりなく、中で鶏飯の美味そうなところというのでK女史やI君が検索してくれた結果が今日の店だった。

どうも奄美の料理と言うのは沖縄料理に比べて食材も彩りも乏しく、子供の頃は田舎に行くとどちらかというと辟易したものだが、それでも今日の店は塩豚も野菜も美味く、何より鶏飯も期待通りで、皆も満足。いやいや。薦めた手前、「なんだ、こんなもんか」と言われずに済んでよかった。でもウァンプネ(豚骨)とターマン(田芋)もあればよかったのにな……。

●その後、歌舞伎町内でC社長行きつけの店に移動。セミプロ歌手のE君に生歌を歌ってもらいたかったが、店にあったギターが誰がどういじってもチューニングできず。マスターが言うには、近くに捨てられていたものを拾ってきた品である由。

というわけで軽く飲み直しつつカラオケ。ボブ・ディランを歌ったりCCRを歌ったり。「ラバウル小唄」までもカバーするK女史のレパートリーに驚愕する。

●酔うと行動が怪しくなるC社長を無事に大船まで送り届けるよう皆に言いつけられて終電で帰宅。

●トライスターからSd.Kfz.222中期型が発売になった由。ドイツ4輪装甲車はブロンコからシリーズ展開があるかもと思っていたが、トライスターからの発売は、前からアナウンスはあったのかもしれないが見逃していて、ちょっとビックリ。中期型ならブルガリア軍所属車もアリだなと思ったら、何とキットにそのデカールも付属しているそうな。

|

« 資料読みの資料知らず。 | トップページ | ザ・タワー(2) »

かば◎の迂闊な日々」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
抜群にうまかったですばい。
是非レシピを~

投稿: MOGAMI | 2009年12月 3日 (木) 03時10分

鶏飯、おいしかったとですー♪
神保町の事務所に、かば◎さん家の味を届けてください。

投稿: P女史 | 2009年12月 3日 (木) 21時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208697/32466423

この記事へのトラックバック一覧です: けいはん食う人おけいはん。:

« 資料読みの資料知らず。 | トップページ | ザ・タワー(2) »