« Have You Heard The Word? | トップページ | Vanatorul de care再び。(17) »

ザ・タワー。

200911151937000b ●全国一千万の塔モデラーの皆さんこんばんは。

というわけで、本日のお題は、中国は武漢市にあるという黄鶴楼の模型である。

何しろ本当に久しぶりに、切羽詰った用事やら仕事やらのない日曜日で、ようやく模型をいじる暇ができ、とはいえ疲れ目著しく、ルノーR35の細部工作はツラそうだったので、深く考えずに部品をもいで貼れるものはないかと掘り出したのがコレだったという次第。

本場中国LEE社製のキットで、その昔、でろりさんのところで紹介されていて、ついふらふらと欲しくなって購入してしまったものだったように記憶している。

かなりの部分、以前に組みかけになっていたので、今日は基本的に、ちまちま“しゃちほこ”(……とは言わないだろうなあ)などを接着途中。写真ではちょっと仰け反っているように見えるが、これは塗装のことを考えて、各階層を接着せず重ねているだけのため。

さて黄鶴楼というのは、その昔、李白が孟浩然を送る詩を詠んだことで有名で、wikiによれば「江南三大名楼」の一つであるらしく、当然ながら観光名所でもあるのだが……。

200911152036000b 実際には、その李白が詩を詠んだ“本物”ははるか昔になく、このキットにもなっている黄鶴楼は、1980年代にそれらしく再建されたものである由。どうやら鉄筋コンクリ製で、中にはエレベーターも完備しているとか。というわけで、およそ世界遺産などには登録されそうにないシロモノである。

しかも箱写真を見ると、実物は一番太く見える斜め方向から撮っているとはいえ、明らかに縦横比が変だ。箱にはSCALE 1:250と明記してあるが、どういう寸法で1:250なんだろうか。

もちろん、これで各階を切り詰めようなどと考え出すと完成しなさそうだし、そうまでしてもオリジナルの黄鶴楼に近付くわけでもないので、ここはおとなしく、「わあ、中国っぽい塔だなあ」で済ますことにしよう。

箱に「走向新世紀」と書いてあるので、まあ、前世紀末に出たキットであるのは確かだ。……と思って箱の横を見てみたら、しっかり1999と書いてあった。ずいぶん押入れで熟成されていたような気がしたが、意外に新しい。シリーズ1番らしいが、2番以降が出たのかどうかは知らない。

なお、同様の模型で、アカデミーから南大門(ナムデムン)が出ていて、昔阿佐ヶ谷の模型屋にあって買おうかどうしようかずいぶん迷ったのだが、結局買いそびれてしまった。……買っておくんだった。

●もともとこんなものを持ち出したのも、今日はサグラダ・ファミリアを久しぶりに進めようか、などと考えていたところからの“塔つながり”でもある。

もっとも、ペークラをやるなら一緒にと思っていた息子が午後から眠りこけてしまったらしく起き出して来ないので、タイミングを外されてしまい、急遽こちらに切り替え。

●ちなみに息子の使っているPCの外部HDDが、いきなり認識されなくなってしまった。私のPCに繋いでみても、コントロールパネルから接続されているデバイスを調べると確かにあるのだが、マイ・コンピュータには表示されていない。

聞き取りで書き起こした楽譜等が詰まっているそうなので、中身はレスキューしたいところだが、はて、可能かどうか……。

|

« Have You Heard The Word? | トップページ | Vanatorul de care再び。(17) »

かば◎の迂闊な日々」カテゴリの記事

製作記・レビュー」カテゴリの記事

コメント

黄鶴楼とはまた懐かしいキットを。
各階は最後まで接着しない方がいいですね。邪魔になるのが目に見えてますから・・・サクラダさんよりはマシでしょうけど(笑)

南大門は私も買わずに後悔と反省してます。あれは本物をモデル化してるわけですし。当時、東京の問屋で見かけて地元の模型店に仕入れて貰ったのですが全く売れませんでした。店主はお前が買えよって思っていた筈で・・・反省。

投稿: でろりん | 2009年11月16日 (月) 13時56分

ああっ。「たほうとう」モデラーのご本尊が!(笑)

確かに、それなりに立派な大きさのあるキットなので、完全に組んでしまうと「常設展示」にするしかなくなってしまいますね。とはいえ単なる積み重ねにしておくと、何かのはずみで崩して壊しそうな気も。組むだけ組んでしまって、漢詩ファンの親父に押し付けようかとも思っていたんですが、迷惑がられそうな(笑)。

さて。その後「なぜ私はナムデムンを買わなかったのか」をつらつら考えていたのですが、それは、その時あったキットが、単なる「南大門」ではなく、キンキラキンの「ゴールド南大門」だったために二の足を踏んでしまったのだ、ということを思い出しました。

もしキンキラキンじゃないバージョンがあるんだったら買おう、と思っていたような気がします。しかしそんなバージョン出ていたのかな……。でろりさんのご存知のキットも金でしたか?

同じく韓国関係だと、昔、ソウル駅前の本屋だったかで見かけた亀甲船のペーパークラフトを買わなかったのを今でもちょっと後悔しています。コレ、割とすぐあとに、ソウル在住の後輩に「買って送れ」と言ったんですが、見つからなかったとか。

投稿: かば◎ | 2009年11月16日 (月) 17時24分

少々調べてみたら、アカデミーの南大門は、ちゃんとゴールドじゃないものが出ていること、今でも出ているらしいことがわかりました。

しかしなんだかちゃっちぃなぁ……。

http://www.hlj.com/product/ACD2009

投稿: かば◎ | 2009年11月16日 (月) 17時51分

ウワッ!ちゃちいですね(笑)

わたしもゴールドがイヤで止めたクチです。値段が高かった記憶もありますが。

さっきまで後悔してましたが、今でも売っていてこんな出来。「夢をありがとう」ってな気分になりました(笑)

投稿: でろりん | 2009年11月16日 (月) 19時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208697/32226783

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・タワー。:

« Have You Heard The Word? | トップページ | Vanatorul de care再び。(17) »