« 素晴らしきヒコーキ野郎(2) | トップページ | 締め切りじゃきに。 »

素晴らしきヒコーキ野郎(3)

200911231740000b はいきかんをうえかえた ○ 5点

これがマーチン・ハンダサイドの(説明書によれば)J.A.P.エンジン。100HPくらいはありそうだがなあ……。

しかし、あれこれググってみた中で、同じエンジンを積んだファーガソン単葉機というのに行き当たり、博物館に展示されているその模型が、これと明らかに同形のエンジンだった。まずは一安心。

ちなみにその単葉機を作ったファーガソンというのは、著名な農耕トラクター開発者であるらしい。そういえば、でろりさんのところで名前が出ていたような。いや、あれはフォードソンか。

連休中の工作はこんなところで終了。

|

« 素晴らしきヒコーキ野郎(2) | トップページ | 締め切りじゃきに。 »

古典機」カテゴリの記事

製作記・レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208697/32324955

この記事へのトラックバック一覧です: 素晴らしきヒコーキ野郎(3):

« 素晴らしきヒコーキ野郎(2) | トップページ | 締め切りじゃきに。 »