« Vanatorul de care再び。(16) | トップページ | 重いコンダラ。 »

一週間の始まり。

●……の月曜日午前中。といっても週末もだらだら仕事を継続していたので、「週明け」の感覚は薄い。

 週末持ち帰りの仕事はなんとか片付けたが、月曜昼までの定例仕事が未完。それを終えてから神保町に向かう予定。はよ終わらせないと。

●仕事で日露戦争がらみの調べ物を少々。

 数日前、「明石機関」について実家に電話、元陸軍中尉殿に「知ってる?」と訊ねたら、即座に「聞いた覚えもない」と言われた。

 「ポチョムキンというのはどれだけ普通に知られてるものなのかね?」と家族に訊ねたら、娘が「せんかんぽちょむきん……?」という。すごいぞ娘。まさかお前にそんな知識があったとは。しかし続けて曰く、「世界最初の映画でしょう?」。

 いや、それは確実に違うから。

●我が家前の坂下に毎年秋に彼岸花が咲く。今年も当然咲いているのだが、写真を撮ろうと思っているうちに、もうショボくれてきてしまった。

|

« Vanatorul de care再び。(16) | トップページ | 重いコンダラ。 »

かば◎の迂闊な日々」カテゴリの記事

コメント

「戦艦ポチョムキン」はエイゼンシュタインがモンタージュ技法を確立した作品として知られていますから,画期的な映画という点ではあたらずといえども遠からずなのではないでしょうか.

投稿: 青木伸也 | 2009年9月28日 (月) 18時46分

もちろん娘が言っている「せんかんぽちょむきん」もエイゼンシュタインのやつで、美術だかメディアだかの授業で名前が出てきたか、一部を観せられたかしたらしいです。

しかしだからといって「世界最初の映画」と言うのは、たとえば孔子を「人類の始祖」と言ってしまうのと同等かと(たまたま昨日のgoogleタイトルが孔子だった)。

投稿: かば◎ | 2009年9月29日 (火) 12時24分

かば◎氏がこの話題の後に御家族の前で「ポチョって感じで,ムキンって感じ」とか言って冷笑を買ったのはほぼ間違いないと思われます.

投稿: 青木伸也 | 2009年9月29日 (火) 17時02分

言ってない言ってない!(笑)

しかし似たような機会に絶対言わないかというと、ちょっと確証が……。

投稿: かば◎ | 2009年9月29日 (火) 17時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208697/31550791

この記事へのトラックバック一覧です: 一週間の始まり。:

« Vanatorul de care再び。(16) | トップページ | 重いコンダラ。 »