« 星見。 | トップページ | 日本のムンバイ。 »

ゴルバチョフ丼症候群。

●中島らものエッセイに「ゴルバチョフ丼」なる言葉が登場する。

飲んで騒いでだったか、とにかく疲れ果てて会話も途切れ、明け方、皆寝転がっているところへ、一人がふと「ゴルバチョフ丼かあ……」とつぶやく。その意味不明な言葉のどこがおかしいのかもわからないままに、妙にツボにはまって皆笑い転げてしまう。……と、そんな話だったように思う。

現在の仕事場の様子がまさにそんな感じ。

●今朝(木曜日)、またまた大き目の地震で起きる。今回は八丈島東方沖。多いねどうもね。

●とにかく毎日忙しいので、Vanatorul de care R-35は、またスローダウン。

●電車の中吊り広告曰く、「自民党政治はいつ終わったのか」(文藝春秋)。

ずいぶん前に自民党のとある秘書氏と話した時、「日本で、政党としての体を成しているということで言えば一番は共産党さんで、ウチは主義主張はバラバラで、単に政権党であるという一点でまとまっているだけですから」というようなことを聞いた。

それを聞いて、なるほどな、と思ったのだが、それからすれば、自民党というもの自体は、15年前の細川内閣成立で「政権党でなくなる」可能性が明示された時点でずるずる自壊していくのは当然で、その後リベラル勢力がごそっと抜けて、ではまとまりがよくなったのかと言えば、ますます軸が外れてワケワカラン状態なのは、小泉以降の迷走状態でもわかる。

さて、とは言っても文藝春秋の件の記事は中曽根とナベツネの対談で、そんな単純な話ではないことをアレコレ言っていそうで興味はあるが、実を言えば文藝春秋も中曽根もナベツネもあまり好きではないので買うかどうかは微妙。

●今夜ももやっとしているものの、一応、月も星も見える(月は邪魔だが)。寝る前にちょっと空を見てみよう。

|

« 星見。 | トップページ | 日本のムンバイ。 »

かば◎の迂闊な日々」カテゴリの記事

コメント

>ゴルバチョフ丼

 先日、「デッカー丼」なら拝見しました(笑)「二つで充分ですよ!」のアレw

投稿: みほり | 2009年8月15日 (土) 19時40分

ブレードランナーですか……。

私としては、この不況でも、未来まで「強力わかもと」は生き延びてるんだなあ、というのが改めて気になります。もしかしたらブランドだけ買収されてるとか……いや、わかもと製薬さん済みません。きっと大丈夫です。

投稿: かば◎ | 2009年8月15日 (土) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208697/30950080

この記事へのトラックバック一覧です: ゴルバチョフ丼症候群。:

« 星見。 | トップページ | 日本のムンバイ。 »