« トンボの町 | トップページ | 喝! »

富士は日本一の山。

●土曜日だが仕事がずるずる遅れており、昼過ぎ、神保町の事務所に出掛ける。

家を出てバスを待っていると、脇の横須賀線の線路を、懐かしいチョコレート色の客車が電気機関車に押されて走って行った。逗子駅に看板があり、どうやら「レトロ横濱号」という横須賀線開通120周年記念の列車であるらしい。

(6月28日追記。横須賀線開通120周年および東海道線全線開通120周年なのは確かだが、それ以前にこの列車の運行は横浜開港150周年記念である由。なお、「電気機関車に押されて走って行った」と書いたが、先頭にも機関車があったとか。)

●三ツ矢サイダー「紀州梅味」を飲む。なかなか良し。先日来、飲み物話が多いが、これは「意外に美味しいものに行き会えたら嬉しい」と思っているだけで、「好んで変なものを飲む」趣味はないので念のため。

従って、「こんにちはジュース」「激辛カレーラムネ」などを送りつけられても困る。あれらは一度飲めば充分。ちなみに「激辛カレーラムネ」と「辛口わさびラムネ」は、先日、江の島に息子と散歩に行った折に見つけて2人で半分ずつ飲んだのだが、はっきり言って罰ゲーム以外の何物でもない味であった。

食い物に関してやたらに好き嫌いの激しい息子が、「今なら口直しのためにどんな嫌いなものでも食う……」とつぶやいたのが印象的であった。

●「わ~れは う~みの子 し~らなみっの~」という唱歌が何のはずみか突然頭に浮かび、心の中で歌い始めてみるが、その後の歌詞が判らず、ほぼメロディーだけ追っているうちに、最後は「ふ~じは 日本いちの~山~」で終わってしまった。

海を眺めていたはずが、いつの間にっ!?

なお、世の中には、どんな歌でも
「ど~んなもんだい ぼ~く ドラえもん~」
あるいは
「それにつけても おやつはカ~ル」
と続けて強制終了するという荒業があるが(済みません私だけでしょうか)、今回は別にそうしたことを意図していたわけではない。

●連日妙に忙しく、模型製作を進める時間なし。Vanatorul de care R-35は、次はジャッキ台とジャッキ台ラックの工作と決めているのだが、このラック形状がなかなか凝っており悩みどころ。

|

« トンボの町 | トップページ | 喝! »

かば◎の迂闊な日々」カテゴリの記事

コメント

>>わ~れは う~みの子 し~らなみっの~

 さ~わぐい~そべ~のまつば~らに~

 け~むりた~なびくとまや~こそ~

 わ~がなつか~しきすみ~か~なれ~

 ・・・とここまでを記憶を頼りに書いてからググってみたら合ってやんの。我ながらなんでこんなの覚えてるんだか。んで「とまや」ってナニ?

>>なお、世の中には、どんな歌でも

 和歌の世界では、どんな上の句にもくっついてそれなりに意味を通してしまう、「それにつけても金の欲しさよ」という万能の下の句があることはつとに知られてますな。

投稿: KWAT | 2009年6月28日 (日) 00時30分

オレより若いくせにじじむさいやっちゃ(笑)。
ちなみに、私は2行目以降の歌詞は思い出せなかったわけですが、1行目に関しては、子供の頃「我はノミの子シラミの子~」と歌っていたことだけは思い出しました。いやな子供だな。

投稿: かば◎ | 2009年6月28日 (日) 00時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208697/30307263

この記事へのトラックバック一覧です: 富士は日本一の山。:

« トンボの町 | トップページ | 喝! »