« 桜田さんち(2) | トップページ | ベスポシャドヌイ。 »

Vanatorul de care再び。(7)

200905261538000b いろいろ細々とくっつき始める。左右の工具箱はキットのパーツが芯だが、伸ばしてみたり削ってみたり目分量で試行錯誤。車体後半のフェンダー留め具は例によってon the mark modelsだが、長すぎの上に幅不足。とはいえここで使わないと一生使い道もなさそうなので、切り詰めただけで使用。

手前の小工具箱の下からはホーン(と前照灯?)に向けての電源コードを一度は工作しかけたのだが、改めて実車写真を見ると、生きて活動している車輌にも関わらず、明らかにそのコードがない車輌がある。生産ロットによって、コードを車体横から取り回しているタイプと、直下から引き出しているタイプがあったのだろうか? 謎。

というわけで改めてルーマニア軍のR35の写真を見ると、どうも「コード無し」タイプのようだったので、工具箱前面下に掘った溝を埋めなおす。んが。

ところで、TRACKSTORYのR35本が発掘できない。資料っていうのはこんな時のために買ってるんじゃないのかーっ!>オレ。資料持ちの資料知らず。

|

« 桜田さんち(2) | トップページ | ベスポシャドヌイ。 »

ルノーR35」カテゴリの記事

製作記・レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208697/29803173

この記事へのトラックバック一覧です: Vanatorul de care再び。(7):

« 桜田さんち(2) | トップページ | ベスポシャドヌイ。 »