« Vanatorul de care再び。(3) | トップページ | Vanatorul de care再び。(4) »

仕事も工作も進まないがそれはそれとして。

徹夜明けだったので昨晩は早く寝たのだが、なんだか筋の込み入った、学生時代の友人やらはるとまん氏やら芸能人やら登場人物も豪華な一大巨編の夢を見る。非常に熟睡した感じで目覚めたがまだ暗く、時刻を確認したらほんの1時間かそこらしか眠っていなかった。一瞬、25時間寝たのかと思ってしまった。

ちなみに私の部屋に置時計・掛時計はなく、時刻の確認は携帯電話かパソコンの画面が頼りのため、携帯を枕元に置いていない場合には一度起き出す必要がある。その時私は、「わざわざ起きなくても、III突の仕様変更を比較すれば時間の経過はわかるよな……」というとっても意味不明なナイスアイデアを思いついたのだが、なんだそれは。先日フィンランド軍III突の考証記事を改訂した後遺症と思われる。

当然すぐにまた眠くなって寝直し、今度は我が家の犬がマンションの10階からダイビングする夢を見る。起きてからバカな行為は慎むよう犬に説教。

|

« Vanatorul de care再び。(3) | トップページ | Vanatorul de care再び。(4) »

かば◎の迂闊な日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208697/29584683

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事も工作も進まないがそれはそれとして。:

« Vanatorul de care再び。(3) | トップページ | Vanatorul de care再び。(4) »